fc2ブログ

ウクライナのキエフ政権は「表向きは」ネオナチ政府ではないが、・・・

ウクライナのキエフ政権は「公式には」ネオナチ政府となっていない
<記事原文 寺島先生推薦>
Ukraine’s Kiev Regime is not “Officially” A Neo-Nazi Government
Global Research 2022年2月25日

ミシェル・チョスドフスキー(Michel Chossudovsky)

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>
2022年4月10日


 2014年6月初出の本稿はUS-NATOの支援を受けた「キエフ政権とは何ぞや?」を論じている。

 2018年11月28日に更新。 

 ウクライナで起きていることは、地政学的に重大な意味を持つ。第三次世界大戦のシナリオにつながる可能性がある。

 エスカレーションを防ぐという観点から、和平プロセスを開始することが重要だ。

 グローバル・リサーチ社は、ロシアのウクライナ侵攻を支持しない。二国間平和協定が必要だ。

***

序論的メモと更新

 ケルチ海峡事件*以降、黒海流域の軍事化のプロセスが進行している。ウクライナでは戒厳令が敷かれている。

ケルチ海峡事件*・・・2018年11月25日にケルチ海峡で発生した国際事件。ロシア連邦治安部隊の沿岸警備隊が黒海からアゾフ海への通過を試みた3隻のウクライナ海軍船に発砲、捕獲した。(ウイキペディア)

 US-NATOの軍事援助は、ネオナチによって統合された連立政権であるウクライナ政権に間断なく供給される流れが形成されている。

 アメリカ、カナダ、イギリスの特殊部隊が軍事訓練に関わっている。

 キエフ政権に強力なネオナチの一派があることは、ほとんどの人が知らない。メディアがそれに一切触れないことが大きな原因だ。

 (政府内の行政機能を持つ)ウクライナ議会(Rada)の現在の議長であるアンドリー・パルビイ(Andriy Parubiy)は、ネオナチのウクライナ社会民族党(その後スヴォボダと改名)の共同創設者だ。

 国会の議長になる前、彼は国防省、軍隊、法執行機関、国家安全保障、そして情報機関を監督する国家安全保障・国防委員会(RNBOU)の長官を務めていた

 アンドリー・パルビイは、第二次世界大戦中にユダヤ人とポーランド人の大量殺戮に協力したウクライナ人ナチス、ステパン・バンデラ(Stepan Bandera)の信奉者である。

 そして、ネオナチのリーダーであるパルビィは、カナダ、アメリカ、EUに行くと、ごく普通に「赤い絨毯」待遇で迎えられる。そして、西側メディアは拍手喝采を送る。

 軍事援助が、ウクライナ軍とウクライナ国家警備隊に送られるルートができている。

 ウクライナがカナダに望むのは米国を説得して武器を送ってもらうことだ。

 アンドリー・パルビイは月曜日の独占インタビューでコメントを発表した。西側諸国にウクライナへの支援を説得するため、オタワとワシントンを訪問中とのことだ。目的は。停戦協定を一刻も早く結ぶという希望が見通せなくなっている中でウクライナへの支援を強めてもらうことだ。ウクライナ政府は繰り返し米国、カナダ、そして欧州にいわゆる防衛武器の供給を求めていた。東ウクライナでのロシアが背後にいる軍事組織との軍事対決の支援援助を考えている。

 パルビイ氏のオタワ訪問では、外相ロブ・ニコルソン(Rob Nicholson)とジェームズ・ベザン(James Bezan)(防衛副大臣)との会談が予定されている、とウクライナ大使館は語っている。パルビイ氏は、また、庶民院議長アンドリュー・シ-ア(Andrew Scheer)や他の国会議員との会談もすることになっている。

 「カナダは、ウクライナに関しては世界の中でリーダーのような役割を発揮してこられました。言行一致がカナダ流です。ですからウクライナ政策についてはこのカナダ流が世界のお手本となるでしょう」と通訳を通し、パルビイ氏はThe Globe and Mail紙に語った。

 同氏は「ウクライナは同盟国から武器提供を確実にいただく政治的約束を望んでいます。どの政府がどの武器を、というような技術的な詳細は後ほど検討すればよいことです。例えば、米国は質の高い兵器をお持ちですし、欧州各国はドローンとか通信機器などの提供で 一歩先んじられるでしょう」と語った。



Screenshot Globe and Mail February 23, 2015

 カナダのメディアは、いわゆる防衛兵器が、ネオナチ派の支配下にあるウクライナ国家警備隊のアゾフ大隊にも使用されることに触れていない。



パルビイとカナダ首相ジャスティン・トルード、2016年

ネオナチ訓練

 西側メディアがさりげなく無視しているもう一つの要素は、国家警備隊のアゾフ大隊(米国とカナダが資金提供)の後援による幼い子供たちのためのネオナチ訓練キャンプである。

 彼らのTシャツに描かれたウルフ・エンジェル・ナチスの徽章を見てほしい。



 本日、ネオナチのA.パルビイが議長を務めるウクライナ議会(Rada)が、30日間の戒厳令に賛成票を投じた(下の画像、演壇に立つポロシェンコ(Poroshenko)大統領、議長を務めるパルビイ)。


ミシェル・チョスドフスキー、グローバル・リサーチ、2018年11月

****

 西側メディアには彼らの正体がわかっているのか?

 私たちには彼らの正体がわかっているのか?

 キエフ政府には「超保守派」が存在するが、「ネオナチではない」。西側メディアによると、これはすべて「第二次世界大戦時代の用語やイメージを使ったクレムリン主導の執拗な宣伝攻勢」の一部だという。

 しかし、代替メディアは、キエフ政権は2つのネオナチ政党(スヴォボダと右派セクター)が統合した「緩やかな中道右派連合」であり、「しかしネオナチ政権ではない」と認めている。スヴォボダと右派セクターはともにナチスの紋章を掲げている。

 緩やかな連合なのか? もし政府が公式にナチスの紋章を掲げたとしたら、それはその政府がナチスのイデオロギーにコミットしていることを示唆するものではないだろうか?

 キエフ政権が国家安全保障と軍事の組織を識別するためにナチスの紋章を「公式に」表示した場合、普通ならそれがネオナチ政権であると考えるだろう。

 以下は、ウクライナ軍の予備役と定義される国家警備隊[Національна гвардія України]のナチスの紋章である。内務省の管轄下で彼らは活動している。 国家警備隊は、いわゆる「ウクライナ国内部隊」の一部である。紋章は様式化された鉤十字である(下記参照)。


 もし、アメリカの州兵が鉤十字のようなシンボルを掲げたらどうなるか、想像してみてほしい。

 重要なのは、ウクライナの国家警備隊は、アメリカ式の民主主義を守るために、オバマ政権が直接資金を提供していることだ。

 アメリカ国民には知られていないが、アメリカ政府はネオナチ団体に資金援助、武器、そして訓練を供与するルートを作っている。

 ウクライナに関連して「ネオナチ」「ファシスト」という言葉を使うことはタブーなので、アメリカでは誰も知らない。これらは調査報道の辞書から除外されている。メディアの報道では、それらは「超保守的」「極右」「民族主義者」という言葉に置き換えられている。

 ウクライナ国家警備隊に所属するもう一つの組織はアゾフ大隊(Батальйон Азов)である。アゾフ大隊は、ナチス親衛隊の紋章を掲げており(下)、キエフ政権は「領土防衛のボランティア大隊」と説明している。内務省管轄の国家警備隊大隊である。 正式にはアゾフ海のベルディヤンクに拠点を置き、ウクライナ東部と南部での野党の反乱と戦うために政権によって編成された。米政権からの資金援助も受けている。

 
 ナチス親衛隊の紋章をつけたこれらの民兵は、ウクライナ内務省(アメリカの国土安全保障省に相当)がスポンサーになっている。

 彼らは何気なく「自由戦士」と呼ばれる

 それはすべて大義のため。「民主主義はどん詰まり」。

 ニューヨークタイムズの言葉を借りれば、「米国と欧州連合はここ(ウクライナ)での革命を、もう一つの民主主義の開花、旧ソ連圏の権威主義とクレプトクラシー(泥棒政治)への打撃として受け入れている」ということになる。(NYTimes.com, March 1, 2014).

 「ネオナチ的傾向」を持つウクライナ政府の樹立を「支持」することが、ホワイトハウスや国務省、米国議会における「ファシスト的傾向」の発生を意味するものではないことは言うまでもない。

以下はアゾフ大隊「自由戦士」の写真














Source of images: https://news.pn/en/public/104475

The original source of this article is Global Research
Copyright © Prof Michel Chossudovsky, Global Research, 2022

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント