fc2ブログ

明白なものを認めること:イスラエル発の信頼できるデータは、ワクチンが失敗であることを明らかにしている

明白なものを認めること:イスラエル発の信頼できるデータは、ワクチンが失敗であることを明らかにしている

<記事原文 寺島先生推薦>

Recognizing the Obvious: Hard Data from Israel Reveals Vaccine Failure

Global Research

2021年9月4日

ヴァスコ・コールメイヤー(Vasko Kohlmayer)

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2021年10月7日


 今年、イスラエルはその効率的な予防接種活動で讃嘆の対象だった。現在、イスラエルは世界で最も多くのワクチンを接種している国の一つであり、成人人口の80%以上が二回接種を受けている。

 このようにワクチン接種率が高いイスラエルでは、COVIDはおとなしくなったと期待する向きもあるかもしれない。これまで私たちが耳にしたのは、パンデミックを終息させるのはワクチンであり、ファイザー社の初期の報告では最大98%の効果があるということで、イスラエルは今日、(他の国と比べて)素晴らしい位置にいるはずだった。

 しかし、イスラエルの現実は、その期待とは真逆である。

 世界で最もワクチンを接種している国のひとつイスラエルでは、パンデミックが始まって以来、最悪の数字が出ている。

 次はCNBCニュースの最新レポートからの引用。タイトルは「イスラエルは、COVID1日当たりの感染数が増加したため、三回目接種施策強化へ」:

    「Covid-19 のイスラエルにおける感染者数は、高いワクチン接種率にもかかわらず、7月以降急激に増加している。国内の1日当たりの新規感染者数は、8月24日に12,113人となり、1月のピーク時の11,934人を超えて過去最高となった。」

 こういった状況をナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)の次の記事が確認している:

    「イスラエルは、地球上で初めて国民の大部分がCOVID-19のワクチンを完全に接種した国だ。現在、イスラエルでは1日の感染率が世界で最も高い国の1つとなっており、1日平均7,500件近くの感染が確認されていて、これは2週間前の2倍にあたる。現在、イスラエルでは150人に1人の割合でウイルスに感染している。」

 次はイスラエルのあるニュース・メディアの記事
    「イスラエルはCOVID-19のワクチン接種率が世界で最も高い国の一つであり、12歳以上の約78%が完全にワクチンを接種しており、そのほとんどがファイザー社製のワクチンだ。同時にイスラエルのCOVID-19感染率は、現在、世界で最も高い...」 [強調は筆者]

 この間イスラエルで起こっていること:完全にワクチンを接種した人がCOVID-19に感染し、今度は他の完全にワクチンを接種した人にこの病気を感染させているのだ。

 このことをよく考えた上で、次のことを自問してほしい:
世界で最もワクチンを接種している国の一つが、世界で最もCOVIDの感染率が高い国の一つであるという事実から、何を結論づけることができるのだろうか?

 次の結論は避けようもない:
 イスラエルの人々に接種されたワクチンはイスラエルの人々をCovid-19から守れなかった。

 別の言い方をすれば、イスラエルで広範囲に使用されたファイザー社のワクチンは、明らかに効果のないものだ。

 イスラエル政府は、7月30日にブースター(三回目の接種)を開始した時点で、そのことを認めた。ブースターは、一回目、二回目のワクチンがその保護機能を果たしていないことをイスラエル保健当局が認めたことに他ならない。

 イスラエル政府は、実際、ここまでは認めている。世界の生のデータを突きつけられたのだ:

 「日曜日に発表されたイスラエルの保健当局のトップは、ファイザー・バイオンテック社のワクチンの2回目の投与の効果が投与後6ヶ月で薄れてきたため、ブースター(追加接種)が必要になった、と述べた。」

 エルサレムにあるヘルツォーク病院の院長、コビ・ハヴィヴ(Kobi Haviv)博士によると、同病院では入院患者の85~90%が完全にワクチンを接種済みだったそうだ。イスラエルの人口のうち、完全にワクチンを接種している人がその割合よりも少ないことを考えると、ワクチンを接種してもCovid-19感染を防ぐことができないだけでなく、実際にCovid-19の重篤な患者になる可能性が高くなると考えられる。

 また、イスラエルの数字を見る限り、ワクチンを接種した人は、感染によって自然な抗体を獲得した人に比べて、症状のあるCovid-19に感染する確率が27倍以上高いことははっきりしている。

 成功どころの話ではない。さんざん宣伝していたイスラエルのワクチン接種活動は、大失敗だった。

 これが確かなデータから導き出される唯一の結論ということになる。

  しかし、ほとんどの人は、この明らかな真実に視線が行かない。なぜならば、ワクチンがパンデミックから抜け出すための手段だと洗脳されてきたからだ。ワクチンを喧伝する人々は、ワクチン被害者の間にまんまと認知的不協和*を引き起こした。

認知的不協和*・・・人が自身の認知とは別の矛盾する認知を抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。人はこれを解消するために、矛盾する認知の定義を変更したり、過小評価したり、自身の態度や行動を変更すると考えられている。 ウィキペディア

 このような被害者としか言いようのない人々が、今回の騒動の責任者である企業や人々によって製造された「ブースター」を求めて列をなしているのを見ると、悲しく、胸が締め付けられる。

 18ヶ月間の執拗な恐怖の植え付けとプロパガンダの結果、被害者たちの認知能力は目の前の情報を論理的に理解することができないほど低下している。

 事態はもっと悪い。これらのワクチンは単に効果がないだけではない。世界各地から重篤な副作用や傷害の報告が相次いでいるのだ。イスラエルの医療専門家からなる市民団体、IPC(Israeli People's Committee)が発表した報告書によると、ファイザー社/バイオンテック社のワクチンは、人体のほぼすべての器官にダメージを与える可能性があるという。IPCは、中央統計局とイスラエル保健省のデータを基に、ワクチン接種者の死亡率は約1:5000であると推定している。つまり、1000人以上のイスラエル国民が、ワクチンのために無駄死にしたことになる。

 私たちが知っていることで疑問の余地がないことはこれだ:
 最も多くのワクチンを接種している国の一つが、現在、世界で最も高い感染率を記録している。

 広く報道されているこの2つの紛れもない事実に基づいて、私たちはどのような推論ができるだろうか。

 このように、目の前にある当たり前の事実を、今日、多くの人が見過ごしているのは、本当に残念なことだ。

 全員ワクチン強制接種という事態が進行していることからして、私たちが強くお願いするのは目の前の現実をしっかり考えてほしいということだ。

 イスラエルから伝えられたエビデンスは、「ファイザー社のワクチンは効果がない」という悲惨な事実を一点の曇りもなく明らかにしている。ファイザー社のワクチンは効かないし、ワクチン接種した人をCovid-19から守ることもできない。

 しかし、ファイザー社製ワクチンだけがだめだというわけではない。それどころか、このワクチンは入手できるワクチンとしては最も「効果的」なものの一つであると思われ、それがFDA(米国食品医薬品局)から最初に全面的な承認を受けた理由の一つでもある。

  このことが一体何を意味するのかをじっくりお考えいただきたい。

*

Vasko Kohlmayer [email] was born and grew up in former communist Czechoslovakia. He is the author of The West in Crisis: Civilizations and Their Death Drives.
関連記事


Israel Now Has More COVID Infections Per Capita Than Any Country in the World, Even as “Booster Shots” Are Being Widely Administered There

3 September 2021



Israel Reports Link Between Rare Cases of Heart Inflammation and COVID-19 Vaccination in Young Men

6 June 2021



Ultra-Vaxxed’ Israel Sees Huge Surge in COVID as ‘Experts’ Avoid the Only Logical Conclusion

26 August 2021

The original source of this article is LewRockwell.com

Copyright © Vasko Kohlmayer, LewRockwell.com, 2021

 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント