FC2ブログ

ジュリアン・アサンジの救出に動く人気女優

    Business
‘They’re trying to kill him’: Pamela Anderson wants Kanye’s help to free Assange

Published time: 12 May, 2018 00:56 Edited time: 12 May, 2018 14:30
Get short URL

© Reuters
人気女優のパメラ・アンダーソンは、ジュリアン・アサンジの救出を最も声高に叫ぶ支援者の一人になった。ジュリアン・アサンジはウェブサイト「ウィキリークス」を立ち上げた人物。そしていま、彼女は大物ミュージシャンのカニエ・ウェストにアサンジ解放のための助力を求めている。

アサンジはロンドンのエクアドル大使館の一室に閉じ込められ、大使館の外には出ない。アメリカに送還される可能性を恐れてのことだ。こんな状況の中で、国連は、アサンジが大使館内に何年も居住させられているのは「恣意的拘束」で違法だとみなした。

かつてヒットテレビドラマ『ベイウォッチ』で人気を博した女優パメラ・アンダーソンは、アメリカの国家機密を暴露したオーストラリア人ジュリアン・アサンジを支援する活動を最近始めた。さらに彼女はネットで公開されたメールで、著名人仲間である大物ミュージシャンのカニエ・ウェストに(この二人の取り合わせはちょっと変わっているが)、アサンジの解放をもたらす動きに手を貸すよう懇願した。

READ MORE: Ecuador cut Assange’s internet over Catalonia crackdown tweet – source close to WikiLeaks
メールは、エクアドル大使館がアサンジのネットへの接続を遮断して40日以上経ってから送られている。

カニエ・ウェストは最近アメリカのリベラル派からはのけ者扱いされている。というのも長い間ツイッターから遠ざかっていたのだが、急にトランプ大統領への強烈な支持を声高に唱え始めたからだ。このとんでもない言論行動で数百万人のフォロワーが彼のツイッターから離れたし、たくさんの論説が堰を切ったように彼の「裏切り」を書き立てた。実はアサンジはトランプ反対陣営にもそれほど人気があるわけではない。トランプ反対陣営はアサンジがロシアのハッカー達と共謀して民主党予備選挙のメールをリークしたと考えているのだ。

Read more
Assange ‘more than a nuisance’ – Ecuadorian president


2013年のヒットアルバム『イーザス』に寄せた小文で、アメリカ政府がジュリアン・アサンジを拷問し殺そうとしているとパメラは告発している。また彼女はカニエ・ウェストに「政府の腐敗をさらけ出す」アサンジの仕事について、「勇気ある声」となって公然と語らないかと提案している。

パメラのメールはこんな風に始まっている:「ハ-イ!カニエ!お元気のことと思います。
ジュリアン・アサンジのことをどう考えているのかしら。私はいま彼の支援者よ。あなたが「言論の自由」を大事に考えていることはわかっているわ。彼のことをみんなに見えるようにしておくことが大事なの。アメリカではとくにそうだわ。だって、アメリカがやろうとしていることは、彼をずっと監禁しておくこと。いや、さらに悪いことには政府の腐敗を暴露したことで彼を殺そうとしていると思うわ。それって拷問よね。」

メールはさらに続いている:「ジュリアンはロンドンのエクアドル大使館の小部屋にほぼ6年監禁状態よ。今では訪問客も許されていない。電話もネットもダメ。締め付けがどんどんきつくなっている。彼は天才よ。若者達が愛する本物の世界的指導者だわ。だからもっともっとみんなの声が欲しい。彼の闘いをもっともっと知ってほしい。みんなの支援があれば彼を自由にすることができるわ。」

アメリカ政府はアサンジの嫌疑が政府文書をリークしたことに関連してのことなのかについては口をつぐんでいる。チェルシー・マニング文書はウィキリークスが公にしたものだから、アメリカ司法長官ジェフ・セッションは「アサンジの逮捕が『優先事項』だ」と語っている。
(翻訳:大手山茂、新見明)
(記事原文) https://www.rt.com/usa/426524-pamela-anderson-kanye-letter/

<新見コメントと訳注>------------------------------------
ジュリアン・アサンジがイギリスのエクアドル大使館に閉じ込められ、危機的な状況にあることはRTやグローバル・リサーチでもよく報じられています。その中のRT記事を大手山さんが翻訳してくださいました。

私たち日本人にとっては、パメラ・アンダーソンもカニエ・ウェストも知らない人が多いのではないでしょうか。私もその一人です。ですからネットから二人の簡単な説明を下に載せておきます。

もう一つ、理解しづらいのは、進歩的と言われるカニエ・ウェストがトランプ支持に回って、周りから猛攻撃をうけたという部分です。私が想像するに、トランプは大統領選挙中、ロシアと協調して、ISIS勢力を撲滅すると公言していた。しかしヒラリー・クリントン陣営がISIS勢力を使ってアサド政権を倒そうとしているのだから、それよりまともな方針だということでカニエはトランプを支持したのではないだろうか。ポール・クレイグ・ロバーツなどもその点でヒラリーよりもトランプをと主張していた。カニエはそのような意味合いを込めてトランプを支持していたのではないだろうか。しかし、今はトランプもダーク・ステイツの力に抗しきれずにシリア爆撃に手を染めているが。

<斜め上からこんにちは>より
パメラ・アンダーソン

パメラ・アンダーソンの波乱万丈の生い立ち!性的虐待に耐え続けた壮絶な過去!!

パメラ・アンダーソンは、1967年7月1日生まれで、カナダのブリティッシュコロンビア出身のモデル兼女優です。アメリカの男性誌「PLAYBOY」のプレイメイトとして人気を博し、セレブへの階段を上っていきましたが、近年、その壮絶すぎる生い立ちでも話題となっています。

2014年5月、動物愛護団体PETAの支持者としても知られるパメラ・アンダーソンは、フランスのカンヌで、動物愛護と環境保護を目的とした「パメラ・アンダーソン基金」設立を発表しました。その記者会見の場で初めて語られたのが、パメラ・アンダーソンが性的虐待を受けたという幼少期についてです。
http://anincline.com/pamela-denise-anderson/

カニエ・ウェスト / Kanye West (VOGUEより)

1977年6月8日、アメリカ・ジョージア州アトランタ生まれの音楽プロデューサー・ミュージシャン・ヒップホップMC「カニエ・ウェスト(Kanye West)」。レイ・ウェスト(Ray West)とドンダ・ウェスト(Donda West)の間に生まれる。
3歳の時に両親が離婚し、母と共にイリノイ州のブルーアイランドへ移住。
シカゴ州立大学の英語学部主任を務めた母の南京大学留学に伴い中国で過ごす。
中国滞在時にいじめにあい、絵を描くことに夢中になったという。
カニエの人気の高ぶりとともに、母ドンダは教師を退職し、カニエのマネージャーとなる。
2007年、ドンダとベストセラー作家カレン・ハンターの共同執筆でカニエの半生を描いた自伝『Raising Kanye: Life Lessons from the Mother of a Hip-Hop Superstar』を出版。
カニエ・ウェストは、1990年代半ば音楽プロデューサーとしての活動を開始。ヒットする楽曲はなかったが、2000年にJay-Zのロッカフェラ・レコード(Roc-a-Fella Records)とプロデューサーとして契約を結ぶ。カニエ・ウェストは、2001年、ジャクソン5のデビューアルバム『帰ってほしいの (I Want You Back)』を大胆にサンプリングしたJay-Zの『Izzo (H.O.V.A.)』をプロデュースし、全米8位のヒットを記録。その年、2000年代の名盤の一つに選ばれたのJay-Zのアルバム『The Blueprint』に携わり、音楽プロデューサーとして一躍その名を知られる存在となる。プロデュース業が忙しくなったカニエはシカゴ州立大学を中退したが(2004年のアルバムのタイトル『The College Dropout』になる)、2015年にシカゴ美術館附属美術大学 (The School of the Art Institute of Chicago)より名誉博士号を授与され、“Dr. West”となった。

2002年10月23日、LAのレコーディングスタジオから自宅までの道中、居眠り運転で大事故を起こす。砕けた顎を修復するために入れられたワイヤーを題材にして2013年に生み出された曲が、チャカ・カーン(Chaka Khan)の名曲『Through the Fire』をサンプルした『Through the Wire』。
https://www.vogue.co.jp/tag/celebrity/kanye-west
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント