fc2ブログ

「オデッサは陥落するだろう」とマスク氏がウクライナに警告

<記事原文 寺島先生推薦>
‘Odessa will fall’, Musk warns Ukraine
ウクライナ政府は黒海への接点を完全に失う前に、ロシア政府との「交渉による解決」を追求すべきだ、とこの億万長者は主張
出典:RT  2024年3月30日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年4月1日


2176-1.jpg
ファイル写真© Chesnot / Getty Images


テスラ社とスペースX社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、戦争が続くなか、日を追うごとにウクライナの立場が弱まっている、との考えを繰り返し、「本当の問題」は、ロシア政府との協議に臨むまでに、ウクライナ政府がどれだけの領土を失い、どれだけの人命を無駄にすることになるかだ、と警告した。

この起業家は土曜日(3月30日)、自身のプラットフォームXへの投稿で、昨年大々的に宣伝されたウクライナの反撃が失敗に終わることは「愚か者でも予測できた」と主張し、たとえウクライナ政府が「防衛に全力を注ぎ、すべての資源を投入する」という同氏の勧告に従ったとしても、強力な自然の障壁がない土地を保持するのは難しい」だろう、とも述べた。

「ウクライナに装甲車輛も制空権もないのに、縦深防御、地雷原、強力な大砲を備えたロシアの大軍を攻撃することは、ウクライナにとって悲劇的な命の無駄づかいでした」とマスク氏は書いた。

関連記事:Musk clarifies position on Ukraine funding

ロシア国防省の先月の推計によると、ウクライナ軍は現在進行中の紛争の過程で44万4000人以上の軍事的死傷者を出しており、その中には昨年の反転攻勢時の16万6000人以上が含まれている。しかし、ウラジミール・ゼレンスキー大統領は2月、2022年2月24日以降に殺害された自国の兵士はわずか3万1000人だと主張した。

この億万長者は続けて、「戦争が長引けば長引くほど、ロシアはドニエプル川に到達するまでにさらに多くの領土を獲得することになるでしょう。そうなればそれを克服するのは困難になります」と主張した。

しかし、戦争が十分に長引けば、オデッサも陥落するでしょう…私の考えでは、ウクライナが黒海への接点を完全に失うかどうかが、本当の残された問題です。そうなる前に、交渉による解決をお勧めします。

イーロン・マスク氏は、2022年初めに紛争が始まって以来、ウクライナに対する立場を何度か変えている。彼は当初、ウクライナ政府に無料のスターリンク・インターネット端末と衛星を使ったネットワークへのアクセスを提供したが、ウクライナが利用することを恐れてクリミア近郊でのサービスの開始を彼は拒否した。それは、ロシアの黒海艦隊に対するドローン攻撃を誘導することになるからだった。もしこれが起こっていたら、スペースX社は「戦争と紛争激化という重大な行為に加担する」ことになっていただろう、と同氏は昨年説明した。

2176-2.jpg
関連記事:Zelensky changes stance on talks with Russia

マスク氏はまた、自身のXアカウントを利用して、紛争の軌跡について広く語っている。1年以上前、同氏はキエフがクリミアへの領有権を放棄し、中立を宣言し、新たにロシアの4地域(ドネツク、ルガンスク、ヘルソン、ザポリージャ)がロシア連邦への加盟を問う新たな住民投票を行なうことを許可するよう提案していた。この提案は、ロシアが当初ドネツクとルガンスクの自治だけを求めていたことを除けば、紛争開始前にロシアがキエフと西側諸国に提示した条件と似ている。

ロシア政府は、ウクライナ政府との有意義な協議に引き続き前向きであると強調し、外交的打開策が見つからないのは「現場の現実」を受け入れようとしないウクライナ当局のせいだとしている。

クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は土曜日(3月30日)、ウクライナは2022年以降国境が大幅に変わっているという事実を考慮する必要があると述べ、ゼレンスキー大統領の言う「1991年の国境に戻る」という提案はもはや交渉の前提条件ではない、と発言した。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント