fc2ブログ

モスクワへのテロ攻撃により、ついに真の開戦となった

<記事原文 寺島先生推薦>
Moscow Terror Attack: Open War
筆者:ぺぺ・エスコバル(Pepe Escobar)
出典:INTERNATIONALIST 360° 2024年3月23日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月26日


2164-1.jpg


影絵芝居はもう終わりだ。いま役者が顕わにになった。禁じ手はなしだ。



重要な動き1:2024年3月22日。これは戦争だ。ペスコフ大統領報道官を通じて、クレムリンがついにそれを正式に認めた。

重要な引用:

「ロシアはどんな方策を用いてでもクリミアをロシアから奪おうという明確な意志を持つ勢力がロシア国境付近に存在することを許すわけにはゆかない。いうまでもないことですが、新たにロシアに編入された地域についてもそうです。」


つまり:米帝国が設(しつら)えたキエフの悪政権の運命はどうあっても潰える。クレムリンのメッセージはこうだ。「『我々は始めてすらいなかった』が、今始まるのだ。」

重要な動き2:金曜日(3月22日)の午後、ペスコフ大統領報道官の発表の数時間後だ。ヨーロッパ(ロシアではない)の信頼できる情報源により確認された事項だ。クレムリン発表に対する最初の動きだ。

「フランスとドイツ、ポーランドからの正規軍が、鉄路及び空路にてキエフの南チェルカスイに到着した。高い軍事力をもつ軍だ。数はわからない。学校に駐留している。これは、事実上、NATO軍だ。」


この信号の意味は「ゲームを始めよう」だ。ロシア側から見れば、キンジャール氏(ロシア戦闘機のこと)の名刺が、引っ張りだこになる、ということだ。

重要な動き3:金曜日(3月11日)の夜。モスクワの北西部に位置するクロクス市のコンサート会場にテロ攻撃が加えられた。十分に訓練された一人の奇襲部隊員が視界に入った人々を直射で平然と射撃し、コンサートホールに火を付けた。まさに決定的な信号だ。「戦場がうまくいっていないので、できることはモスクワにテロを仕掛けることしか残っていない」だ。

モスクワがテロに襲われているのとまさに同時に、米・英がアジアの西南アジアのイエメンの首都サヌアに対して、少なくとも5発の爆撃を加えた。


この爆撃を生んだイエメンの華麗な動きがあった。イエメンは、オマーン領海の紅海で妨害を行なわないという取り決めを露中と結んだばかりであり、イエメンは次の10月のカザンでの拡大BRICS+の第一候補のひとつになっている。

フーシ派は、制海権を見事に破壊しているだけではなく、露中の戦略的友好関係さえ味方に付けたのだ。露中に対して、自国の船がバブ・エル・マンデブ海峡や紅海、アデン湾を何の問題もなく通航できることを保証したかわりに、中国政府とロシア政府からの全面的な政治的支援を手に入れた、ということだ。

資金源は同じ

夜が更けたモスクワ、2月23日の夜明け前のことだった。寝ているものはほぼいなかった。噂があちこちで飛び交っていた。もちろん、確認されたことは何もなかった。その時点では。FSB(連邦保安庁)のみが、答えを知ることになるだろ。大規模な捜査が進行中だ。

クロクス市での大虐殺がおこなわれた時期は、興味深いものだ。この日はラマダン中の金曜日。真のイスラム教徒ならこんな神聖な日に非武装の市民の大量虐殺を企もうなどとは考えないだろう。いつもの容疑者たちが、必死にISISを犯人にしてしまおうとしている姿に注目あれ。

往年のロックバンド、トーキング・ヘッズの歌の歌詞のように、ポップに行ってみよう!「パーティじゃないぜ、ディスコでもないぜ。おふざけじゃないんだ!」。今回は米国による心理作戦と考えた方がいい。ISISはマンガみたいな傭兵/暴力団だ。真のイスラム教徒ではない。そしてそのISISに誰が軍事資金を出しているかは誰もが知っている。

そうなれば、もっともあり得そうな筋書が思い浮かぶ。FSBの助けを借りずとも、だ。やったのは、シリアの戦場から連れてこられたISISの暴力団員だ。おそらくタジク人だろう。これらの暴力団員は、CIAやMI6から訓練を受け、ウクライナのSBU(保安庁)のために活動している。クロクスでの襲撃事件の目撃者の中には、犯人を「ワッハーブ派」だとしたものもいる。この奇襲隊殺人者らはスラブ系には見えなかった、というのだ。

セルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領のおかげで筋書きがハッキリした。同大統領は3月上旬に米国大使館と英国大使館が出していた「警告」とこの事件の直接の結び付きを指摘したのだ。その警告によると、両国市民に対してモスクワ市内の公共の場所にいかないよう注意を促していた。それはCIA/MI6が、テロが起こる可能性に関する内部情報を得ていたからだ、とされた。しかしその件はロシア政府には伝えられていなかった。この筋書きをさらに裏付けたのは、クロクス・シティ・ホールがアガラロフ一族の持ち物であるという事実だ。この一族は、アゼルバイジャン系ロシア人の億万長者一族であり、ある人物と非常に近しい友人関係にある一族だ。そしてその人物とは、ドナルド・トランプだ。

ディープ・ステイトが正確に的を絞った標的だといっていい。

ISISの別働隊であれバンデラ主義勢力であれ、資金源は同じだ。道化師のようなウクライナ国家安全保障・国防会議長官であるオレクシー・ダニーロフは、愚かにも、間接的にこのテロの首謀者は自分たちである、と事実上認めてしまった。ウクライナのテレビでこう語ったのだ。「我が国は奴ら(ロシア)にこんな楽しみをこの先ますます頻繁に与えることになるだろう」と。

ただし、ロシアの優れた反テロ組織「ロシア・アルファ」での長い経歴をもつセルゲイ・ゴンチャロフはこの謎の解明にさらに近づかせてくれた。彼はスプートニク通信社に、最もありそうな黒幕として、キリーノ・ブダノフの名をあげた。ウクライナ国防省情報総局長だ。

この「諜報部長」は、偶然にもウクライナ政府内のCIAのスパイ長だ。



ウクライナ国民が最後の一人になるまで続けなければ

上記3展開を補足する形で、NATOのロブ・バウアー軍事委員長は以前キエフでの安全保障会議でこう述べていた。「手榴弾だけでは足りません―戦死したり負傷した兵たちのかわりを準備する必要があります。つまり徴兵が必要になる、ということです」と。

翻訳しよう。「NATOはウクライナ国民が最後の一人になるまで戦争を続ける、とハッキリさせた」のだ。

そしてキエフの「指導者」はまだその意味がわかっていないようだ。ウクライナのオメリャン元インフラ大臣がこう語っている。「我が国が勝利すれば、ロシアの石油や天然ガス、ダイアモンド、毛皮で借りをお返しします。我が国が負けた場合、お金の話はなかったことになります。西側は我が国が生き残る術を考えてくれるでしょう」と。

同時に、「欧州は庭園、欧州外はジャングル」の発言で名を馳せた小物ボレル欧州連合外務・安全保障政策上級代表は、米国政府が手を引けば、EUからウクライナへの500億ユーロ追加支援は「困難であるだろう」と認めた。コカイン中毒で汗臭いスウェットスーツを身につけた男、ゼレンスキーは、米国政府は、借金としてではなく無償の贈り物として「支援してくれる」ものと心から信じている。そしてゼレンスキーはEUに対しても同様に考えているようだ。

「不条理演劇」でもこんなに酷くはない。ウクライナ当局から「レバーソーセージ」呼ばわりされたドイツの首相も、ロシアから盗んだ資産から得た利益は、「誰のものでもない」から、ウクライナへのさらなる軍事支援に使ってもよい、と本気で考えている。

脳のある人なら誰でも、「凍結した」、実際はロシア資産から盗んだ資金をウクライナの軍事支援に使うことは、終わりを意味することがわかっている。ほとんどがベルギーとスイスに置かれている、およそ2000億ドル相当のロシア資産を全て盗まなければユーロは暴落し、それが理由でEU経済は破綻するだろうからだ。

EUを支配している官僚らは、ロシア連邦中央銀行の巨大「邪魔者(米国から見た言い方だが)」エルビラ・ナビウリナの言い分に耳を傾けたほうがいい。彼女はこう言った。「EUが「凍結した(つまりは盗んだ)ロシア資産に少しでも手を出すのであれば、ロシア連邦中央銀行は『適切な措置』を取る」と。言うまでもないが、上記の3展開は、「ちいさな王」で、いまは自国内で「マクロン・ナポレオン」の名で知られるあの小物が繰り出している演劇「La Cage aux Folles(ラ・カージュ・オ・フォール)*」さながらのサーカスを全く意味のないものにしている。
*フランスの演劇。「狂女の檻」の意味。息子の結婚相手の親をもてなすためにゲイのカップルが、自分たちがゲイであることを隠そうと苦心するが失敗する、という筋書き。マクロンが見苦しい対露強硬姿勢を示していることと、仏首相にゲイを起用したことを揶揄するためにこの劇を持ち出した、と思われる。

グローバル・ノースで英語を話す国々も含めたこの惑星全体から、マクロンの「フレンチカンカン」軍の「功績」は既に嘲笑の対象となっていた。

そんな中で、NATOの一翼として、フランスやドイツ、ポーランド兵たちが既にキエフの南に駐在している。もっともあり得そうな筋書きは、これらの軍が、前線からはずっとずっと離れたところにとどまることだ。もちろん、キンジャール氏戦闘機の事業活動の監視網にはひっかかるだろうが。

この新たなNATOの一団がキエフの南に到着する前でさえ、ウクライナ軍への主要交通回路の役割を果たしているポーランドは、西側の軍がすでに現地にいることを認めていた。

つまり、もう傭兵という話ではない、ということだ。ちなみにフランスは、戦場に派遣されている傭兵の数では7位にすぎない。主要な傭兵提供国は、例えばポーランドや米国、ジョージアだ。ロシア国防省はこれに関する正確な数字を知っている。

要約すると、いまやこの戦争の戦場は、ドネツクやアブデーフカ、ベルゴロドから、モスクワに移行した、ということだ。このさき、この戦争はキエフで止まらないかもしれない。いや、リヴィウで済むかもしれない。国民からほぼ全会一致で支持を受けた、「ミスター87%」プーチンは、どこまでも攻めていい委任状を手にしたのだから。クロクス大虐殺事件があった後だから、なおさら。

キエフ配下の暴力団員らが繰り出したテロ作戦により、ロシアがウクライナの国境を、海のない領土しか有していなかった17世紀のものに戻せる可能性が十分考えられるようになった。ウクライナは黒海沿岸を奪われ、ポーランドやルーマニア、ハンガリーからもとの領土を戻すよう迫られことになるかもしれない。

残されたウクライナ国民は、この戦争、つまりは自分たちの死のきっかけが何だったのかを真剣に考え始めることになるだろう。その答えは、米国のディープ・ステイトであり軍産複合体でありブラック・ロック社だ。

かくして、地獄の激戦へと向かう高速道路の速度は、最高速度に到達しつつある。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> KrasnogorskのCrocus City Hall であってクロッカス市でもクロクス市でもないと何度いえばわかるのか

拝復 cowboy2
ご指摘のところ(★)を訂正しました。
ありがとうございました。
管理人

The plot thickens when it is established that Crocus is owned by the Agalarovs: an Azeri-Russian billionaire family, very close friends of…

… Donald Trump.

この筋書きをさらに裏付けたのは、クロクス市(★)がアガラロフ一族の持ち物であるという事実だ。この一族は、アゼルバイジャン系ロシア人の億万長者一族であり、ある人物と非常に近しい友人関係にある一族だ。そしてその人物とは、ドナルド・トランプだ。

この筋書きをさらに裏付けたのは、クロクス・シティ・ホール(正)がアガラロフ一族の持ち物であるという事実だ。この一族は、アゼルバイジャン系ロシア人の億万長者一族であり、ある人物と非常に近しい友人関係にある一族だ。そしてその人物とは、ドナルド・トランプだ。

No title

KrasnogorskのCrocus City Hall であってクロッカス市でもクロクス市でもないと何度いえばわかるのか

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント