fc2ブログ

ガザにおける米国の「援助」はただのトロイの木馬だ

<記事原文 寺島先生推薦>
The US “Aid” Trojan Horse in Gaza
筆者:ヴァネッサ・ビーリー(Vanessa Beeley)
出典:Internationalist 360° 2024年3月14日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月18日





ガザに建設される米国とEU、そしてUAEなどのお粗末な「援助」港についての私の報告です。建設には少なくとも2か月かかり、1000人の米軍がパレスチナの主権領土に駐留し、「援助」はイスラエルによって長期間の検証を課すために差し止められるでしょう。これは、サウジアラビアが国連を使ってイエメンで行なったのと同じ手口です。

つまり、この動きは、パレスチナの人々の飢餓を倍増するようなものだということです。ラファ地区の国境を開放すれば、今までより1日あたり500台以上(少なくとも1万トン)のトラックを運び込めるという真の援助が提供できるのに、そうはしないのです。彼らの援助といえば、空中から救援物資を投下するといいながら、その中身がキャットフードや靴だったり、救援物資を落とす場所を間違えて、レバノンのティルスに流れ着き、レバノン人の漁師に拾われる、そんなものなのです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント