fc2ブログ

ウクライナ政府、EUの食品輸入制限を受け入れる用意がある – フィナンシャル・タイムズ紙

<記事原文 寺島先生推薦>
Kiev ready to accept EU restrictions on food imports – FT
2022年以降、EU圏にはウクライナからの安価な農産物が大量に流入
出典:RT  2024年3月6日
<記事原文 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月12日


2119-1.jpg
RIAノーボスチ紙


ウクライナはポーランドとの論争を終わらせるためにEUとの貿易制限を受け入れる用意があるが、EUに対しロシア食品の輸入を禁止するよう求めている、とフィナンシャル・タイムズ紙が水曜日(3月6日)に報じた。

ウクライナのタラス・カチカ通商代表は、ウクライナ政府は農産物供給の制限を受ける用意があるが、EUはロシアとベラルーシからのそのような商品、特に穀物の輸入も禁止すべきである、と語った。

「おそらく過渡期には、ウクライナとEUの間の貿易の流れに対するこの種の管理された政策は、全ての関係国に必要となるでしょう」とカチカ代表はFTに語った。「ただし小麦に関しては、ポーランドの農家に問題を引き起こしているのはウクライナではなく、ロシアのほうです」と同代表は付け加えた。

EUは2022年、ウクライナからの穀物を世界市場に出荷できるようにするため、ウクライナ産農産物の関税と割当を撤廃した。しかし、供給量の多くが東欧諸国に溢れたため、東欧諸国の市場を不安定にし、地元農民の生活が危機にさらされている。

ポーランド当局は昨年、ウクライナ産農産物の輸入に国境を開放するというEUの決定によって生じた問題を解決するため、ウクライナ産食品を市場から一方的に遮断した。

2月には農民らが国中で一連の抗議活動を開始し、これによりウクライナとのすべての国境検問所がほぼ完全に封鎖され、全国の港や道路で混乱が生じた。また、抗議活動を行なった農民らがウクライナ産穀物を運ぶ列車を襲撃し、約180トンの穀物を地面に流出させた、と報じられている。

2119-2.jpg
関連記事:Ukraine demands compensation from Poland over dumped grain

カチカ代表によると、西側の支援者との緊張を緩和するため、ウクライナ政府は6月から卵や家禽肉、砂糖の輸入に制限を課すという西側諸国が提案した措置を受け入れた、という。ウクライナはまた、第三国への移送を除き、各国が穀物の市場を閉鎖することを認めることに同意する意向だ、という。

カチカ代表は、ウクライナの砂糖生産量が2023年に前年比7000トンから50万トンに急増したことを認めた。

「あまりにも早い増産でしたので、誰もが怖がるかもしれません」と同代表は認めた。

いっぽう、抗議活動を行なう農民らの圧力を受けて、ポーランド政府はロシアとベラルーシからの農産物輸入を禁止する必要性についてウクライナ側と合意した。規模ははるかに小さいものの、こうした輸入は衰えることなく続いており、ベラルーシやバルト三国を経由してEUに到達している。

ポーランドのドナルド・トゥスク首相によると、この措置はリトアニアも支持する、という。

トゥスク首相は月曜日(3月4日)、首都ビリニュスで行なわれたリトアニアのイングリダ・シモン首相との共同記者会見で、「欧州共同決定の方が、地域諸国の個別決定よりも効率的であると確信しています」と述べた。

公式データによると、ポーランドのロシアからの食品輸入額は2023年に3億5000万ユーロ(約560億円)で、ウクライナからの輸入額17億ユーロ(18億ドル)を大きく下回っていた。

しかし、FT紙によると、EU全体でロシア農産物を禁止することは、世界市場を混乱させ、発展途上国の危機を悪化させるとして、いくつかの加盟国がそのような動きに反対しているため、実現は困難だという。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント