fc2ブログ

ドイツはまだ「非ナチ化」されていない – ロシア外務省ザハロワ報道官

<記事原文 寺島先生推薦>
Germany yet to be ‘denazified’ – Zakharova
ヒトラーの亡霊は今もこのEU加盟国につきまとっている、とロシア外務省報道官発言
出典:RT 2024年3月4日
<記事原文 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月6日


2108-1.jpg
プーマ機械化歩兵戦闘車の前を走り抜ける連邦軍兵士。© ショーン・ギャラップ/ゲッティイメージズ

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は月曜(3月4日)、ロシアのクリミア橋破壊作戦の可能性についてドイツ空軍の将軍らの間で会話が生じた背景にある考え方について何かがなされなければ、ドイツは「悲惨な結果」に直面する可能性がある、と述べた。

RTは、2月19日のドイツ空軍幹部間の通話の録音と書き起こしを公開した。その中では、ウクライナの要請に応じて、タウラス長距離ミサイルを長さ18キロメートルの接続機に対してどのように配備できるかについて話し合われていた。

「我が国は、ドイツは完全には非ナチス化されていない、と理解しています」とザハロワ報道官はソチで開催された世界青少年フェスティバル(WYF 2024)の傍らで記者団に語った。

「何もなされず、この状況をドイツ国民自身が止めなければ、まず第一にドイツ自体にとって悲惨な結果につながることになるでしょう」と同報道官は付け加えた。

これに先立ち、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、漏洩したドイツ空軍の会談は西側諸国がウクライナ紛争に直接関与している証拠になる、と述べた。ペスコフ報道官は、関与していた軍将校らはロシア領土への攻撃を開始する計画について「実質的かつ具体的に」話し合っていた、と述べた。

2108-2.jpg
関連記事:LISTEN to complete leaked Crimean Bridge attack recording

ドイツ軍はまた、英国製とフランス製の長距離ミサイルの標的監視員として活動する他の西側軍人がウクライナに存在していることも明らかにした。

クレムリンによると、現在問題となっているのは、ドイツ軍が独自に行動したのか(それであれば文民統制という問題が生じる)、それとも彼らの議論が政府の公式政策に沿ったものだったのか、ということだ。

「どちらの可能性であったとしても由々しき事態です」とペスコフ報道官は語った。

非ナチ化は、第二次世界大戦後、ソ連や米国、英国、フランスの政策であり、ドイツとオーストリアの政治や社会、文化、経済、法廷、報道からナチス思想を除去することを目的としていた。ロシアはウクライナの現政権がナチズムを復興させた、と非難している。

2022年2月に始まったロシアの特別軍事作戦の目的の一つとして、ウクライナの「非ナチ化」がうたわれていた。

米国とそのNATO同盟諸国は、ウクライナに2000億ドル相当の武器や弾薬、物資を送ることで対抗しているが、紛争には直接関与していない、と主張している。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント