fc2ブログ

ロシアの宇宙核兵器とナワリヌイ氏の死…米国発の心理戦が急上昇

<記事原文 寺島先生推薦>
Russian Space Nukes and Navalny’s Death… U.S. Psyops Go Ballistic
出典:Strategic Culture 2024年2月16日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月2日


2088.jpg


ロシアの宇宙配備核兵器に関する主張は、冗談のようなものになった。幸いなことに、その後、西側の後援を受けた反体制派アレクセイ・ナワリヌイ氏が死亡し、西側報道機関は狂乱の「反ロシア」見出しをつけることができた。

まず最初に取り上げられたのは、ロシアが宇宙配備型核兵器を開発しているとされる疑惑に関する恐怖を煽る記事だった。当初、これは米国にとって重大な国家安全保障上の脅威をもたらすものとして、まるで劇でも見てるかのような報道ぶりだった。衝撃的な報道にもかかわらず、この話はすぐに笑いものになった。一部の米国議会議員でさえ、これは「でたらめ」であり、610億ドル相当のウクライナへの新たな巨大軍事援助法案を議会に強引に可決させようとするバイデン大統領と諜報機関のあからさまな試みである、と一蹴した。

ナワリヌイ氏の話については後で触れるとして、まずはロシアの宇宙核兵器疑惑でっち上げを解析してみよう。

このドラマは水曜日(2月15日)、下院情報委員会のマイク・ターナー委員長(情報源としは信頼できない人物)がジョー・バイデン大統領に対し、「国家安全保障に対する重大な脅威」に関する情報の機密を解除するよう公に訴えたときに始まった。ターナー委員長は共和党の下院議員だが、ウクライナへの軍事援助を熱心に支援するという点で民主党の大統領府と緊密な同盟関係にある。最新法案は前日の2月13日に米上院を通過したが、多くの共和党議員が断固反対している下院で承認される可能性は低い。

ターナー情報委員会委員長の「懸念」を受けて、報道機関は米国諜報機関の匿名の情報源の話として、ロシアが宇宙上の米国の通信衛星を破壊するための核兵器を開発中であるという国家的危機が生じている、と報じた。それから大統領官邸は、その翌日の2月15日にその情報の正しさを「認め」た。それは目に余る出来レースだった。しかしバイデン政権は、人々の混乱を鎮めようとして、そのような脅威はすぐに起こることではなく、ロシアが開発中だとされる対人工衛星兵器はこれまで軌道に乗せられたことはないし、地球になんの損害も加えるものではない、と伝えた。(だとしたらいったい、この騒ぎは何だったのだろう?)。

皮肉なことに、信じられないという米議員たちの嘲笑的な発言と同じことが、クレムリンでも聞こえてきた。クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官は、バイデン政権がウクライナへの軍事資金援助予算案を押し通すために策略を弄しているという米議員たちと同様の評価を下した。

この法案の可決は昨年末から遅れている。バイデン政権は何カ月も議会に法案を可決するよう働きかけてきた。上院が今週ようやく法案を可決した後、バイデン大統領は下院に圧力をかけ、「歴史はあなたたちを見ている」と言った。

この法案は、ウクライナにおける「ロシアの侵略」を打ち負かす上で、実存的な重要性を持っていると称揚されている。米報道機関は(本末転倒も甚だしいが)、もし軍事援助が提供されなければ、ウクライナが敗北し、ヨーロッパ全域でロシアが暴れまわるのを防ぐために米軍が出動することになりかねない、と主張している。

米国民は、ヨーロッパ国民と同様に、ウクライナに税金と武器を途切れることなく投入することに懐疑的な見方を強めている。 世論調査によれば欧米の大多数の市民は、ネオナチが支配する政権で「民主主義を守る」という怪しげな大義のために流血の戦争を煽ることに批判的になっている。米国やヨーロッパで社会的・経済的苦境が深刻化している今、西側諸国民は、数千億ドルや数千億ユーロが死と破壊のために浪費され、さらにはウクライナ政府に巣食う腐敗分子に吸い上げられることを歯に衣を着せず発言するようになっている。

ウクライナへの610億ドルの軍事援助は、米国政府がロシアとの代理戦争というブラックホールに投げ込もうとしている最新の一片にすぎない。もうひとつの原動力は、西側資本主義の腐った中心部にある軍産複合体に、納税者が巨額の利益を助成していることだ。

ウクライナにおける米国と北大西洋条約機構(NATO)の代理戦争の失敗には大きな危機がある。キエフ政権は、優れたロシア軍の前に崩壊に直面している。

だからこそ、議会が最新の法案を可決することは、必要不可欠なのだ。そう、戦争亡者たちにとって、だ。

この法案を成立させるために、米国のディープ・ステートの支配者たちと、それに従順なバイデン・ホワイトハウスは、報道機関や諜報機関とともに、宇宙用の核兵器疑惑というやぶれかぶれな言説でロシアを悪者にしようとした。あの卑劣なロシア人め!というわけだ。

しかし、前述したように、ロシアの宇宙核兵器というつぎはぎだらけの話は茶番劇と化した。国民が操られていた、あるいは米議会議員のことばを借りれば、たぶらかされていた、というのはあまりに明白だ。心理作戦が失敗した場合、その反動はその作戦を仕掛けた側に危険が降りかかる。なぜなら、それが発覚すると手酷い周囲からの蔑みを生むからだ。バイデン政権は嘲笑の的となった。

この話が当初からまったくのデタラメであったことを示すいくつかの兆候はある。米国を拠点とする「宇宙における兵器と原子力に反対するグローバル・ネットワーク」のまとめ役であるブルース・ギャグノン氏は、この主張は馬鹿げていると言う。本論説のために当ストラテジック・カルチャーと交わした電子メールのやりとりの中で、ギャグノン氏は、ロシアはその気になれば衛星を破壊できる強力な非核運動兵器をすでに開発していると述べた。また、米国は対衛星兵器(ASAT)を保有しているとも述べた。

言い換えれば、ロシアが人工衛星を破壊するような危険な核兵器を開発する必要はないということだ。今週、米報道機関が報じた核兵器の詳細は、国民を不安にさせ、ロシアを悪のならず者国家として悪者扱いするための、不当な脚色である。

ロシアは1967年の宇宙条約の共同加盟国であり、この条約には、米国や中国、その他120カ国以上が加盟している。

ブルース・ギャグノン氏は、こう発言した。「米国が条約を守らないのに対して、ロシアは概ね条約を守ってきた長い歴史があると思います。ロシアと中国は、少なくとも過去20~30年間、毎年国連に行き、1967年の条約から外れるすべての兵器を禁止するために、宇宙空間における軍拡競争の防止(PAROS)と呼ばれる新しい条約を導入していることを覚えておいていただきたいです。いっぽう米国はいつも、新しい条約は必要ない、としてその提案を拒否しています」と。

ウクライナでの代理戦争のための追加資金獲得という最重要課題とは別に、もうひとついまおこっている大きな問題は、大成功を収めた、米国民ジャーナリスト、タッカー・カールソン氏によるロシアのウラジーミル・プーチン大統領へのインタビューの余波である。 先週、2月8日(木)木曜日にこのインタビューが放映されて以来、世界中の一般視聴回数の記録を塗り替えた。再生回数は3億回を超え、さらにいまも増え続けている。

この1対1のインタビューは、世界的な特ダネであり、プーチン大統領がウクライナ紛争全体についてロシアの見解を包括的に述べる有益な場になった、と見られた。このロシアの指導者は、米国やヨーロッパの視聴者の目には、理性的で知的、明瞭で説得力のある人物と映った。西側の喧伝によるプーチン大統領の諷刺的イメージは払拭され、西側の国民はウクライナ紛争の大きな原因について説得力を持って知らされた。つまり、米主導のNATO枢軸が、ネオナチが支配する反ロシア政権を煽動することで戦争を引き起こした、という事実だ。このインタビューの衝撃は、「ロシアの侵略」と「邪悪なプーチン」という西側の言説に壊滅的な打撃を与えた。

もっともな話だが、米国の戦争推進勢力はこの暴露に激怒した。

それゆえ、言説の主導権を奪い返し、西側諸国民を牽制するために、ロシアが宇宙核兵器を持っているという脅しのようなでっち上げ話が放たれたのである。残念ながら、この心理作戦の試みは失敗に終わり、ただの茶番として片付けられつつある。

そして渡りに船で、ナワリヌイ氏の訃報が届いた。欧米の報道機関はすぐに、彼は「プーチン政権」によって殺された、という見出しがついた報道を流した。

ナワリヌイ氏は複数の汚職の罪で19年間の禁固刑に服役していたが、金曜日(2月16日)に恐らく血栓が原因で死亡した。47歳の彼は、西側の諜報機関によって反体制派の切り札として利用され、見捨てられた。彼はお先真っ暗だった。現段階では、彼の死因は誰にもわからない。彼は今週、亡くなる2日前、刑務所で弁護士と最後に会っている。弁護士はナワリヌイ氏に何か渡したのだろうか? 既に終わっていた、この欧米の諜報員(ナワリヌイ氏)は、欧米を操っている勢力のために、最後の、究極の心理作戦に同意すれば、家族のためになると取引を持ちかけられたのだろうか? それが自らの命と引き換えだったのだろうか? 彼の獄中死は、西側報道機関にとって、言説の方向性を変え、雪崩を打ってロシア恐怖症に向かわせるまさに絶好の機会だった。

ロシアが宇宙核兵器を開発しているという突拍子もない話やナワリヌイ氏の死について言えば、「誰が得をするのか?」、どんなタイミングで起こったのか?という犯罪学者の疑問が信頼のおける取っ掛かりとなる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント