fc2ブログ

米国空軍士、ガザへの侵攻に反対して、ワシントンのイスラエル大使館前で焼身自殺

<記事原文 寺島先生推薦>
US airman sets himself on fire outside Israeli Embassy in Washington
報道によると、この兵士はガザで進行中の戦争に抗議していた、という
出典:RT 2024年2月25日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月1日


2102-1.jpg
2024年2月25日、ワシントンDCのイスラエル大使館前の警察官。© Celal Gunes / Anadolu / Getty Images


日曜日(2月25日)にワシントンDCのイスラエル大使館前で男性が焼身自殺を図り、重体で入院した、と同市の救急サービスが報じた。

ワシントンDC消防救急局のヴィト・マッジョーロ広報担当は記者団に対し、この男性は「命に関わる重傷」で入院している、と語った。

独立ジャーナリストのタリア・ジェーン氏は、この男が軍服を着ており、自身を「現役の米空軍隊員」だと称していることを示す事件の映像を入手したと述べた。

同氏によると、この男性は「もう虐殺には加担しない」と言い、「パレスチナを解放せよ」と叫んだ、という。このジャーナリストは、作業服を着た男性が炎に包まれている 生々しい写真を投稿した。

CNN局もこの動画を精査し、この男性は自分をアーロン・ブッシュネルだと名乗った、と報じた。ローズ・ライリー米空軍報道官は後に同局に対し、「今日の事件には現役の空軍士が関与していた」と認めた。

2102-2.jpg
関連記事:Brazil recalls ambassador from Israel

2023年10月にイスラエルがガザ地区で過激派組織ハマスに対する軍事作戦を開始した後、イスラエルの在外公館の外で親パレスチナ抗議活動が多数行なわれた。抗議活動参加者らは驚くべき民間人の死者が出ていることを強調して停戦を要求している。12月初旬には、ジョージア州アトランタのイスラエル総領事館前である男が焼身自殺した。

いっぽう、親イスラエルデモも、ワシントンD.C.やその他の都市で行なわれており、人々はハマスに殺害されたイスラエル人を悼むとともに、現在進行中の戦争の引き金となった10月7日のハマス攻撃で捕られた人質の解放を要求している。

ハマスが運営する地元当局によると、紛争開始以来、ガザでは3万人近くのパレスチナ人が殺害された。イスラエルはジェノサイドをおこなっているという非難を無視し、ハマスは民間人を人間の盾として利用しており、最終的にはガザ地区での死者の責任を負うべきだ、と主張している。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント