fc2ブログ

ロシア軍が「Победа(パべーダ:意味は勝利)」を解放

<記事原文 寺島先生推薦>
Russian troops liberate ‘Victory’
モスクワ軍はパベーダの入植地を解放し、その地域のいくつかのウクライナ軍部隊も撃退
出典:RT 2024年2月22日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月1日


2064-1.jpg
ロシア、ドネツク人民共和国、アブデーフカのロシア兵。© スタニスラフ・クラシルニコフ; RIAノーボスチ


木曜日(2月22日)に国防省が発表した戦場最新情報によると、ロシア軍はドネツク人民共和国(DPR)の首都近くにある入植地のパベーダを解放した。

Победа(パベーダ:「勝利」という意味)を占領したことに加えて、ロシア軍はドネツクの前線沿いの陣地も前進させ、ドネツクから数キロ離れたノヴォミハイロフカ村とクラスノゴロフカ村近くのウクライナ軍編隊を破った、と同省は述べた。

報告書によると、この戦闘によりウクライナは多大な死傷者を出し、ウクライナ側は410人以上の軍人を失ったほか、西側諸国が供給した兵器を含むさまざまな軍事装備品も失った、とのことだ。

ロシア軍はまた、114の地域で米国製パトリオット対空ミサイルシステムの発射装置と輸送積載車両、その他のウクライナ軍装備品と人員を破壊した、と発表した。

先週、ロシア側は、紛争の初期段階からウクライナ側にとって極めて重要な要塞として機能してきたドンバスの重要拠点アブデーフカの占領を発表した。

2064-2.jpg
関連記事:Avdeevka chemical plant captured – MOD (VIDEOS)

ロシア軍からの数カ月にわたる計り知れない圧力の後、ウクライナ軍は金曜日(2月16日)、軍隊に町からの撤退を命令し、撤退は多大な死傷者を避けるためだった、と説明した。

しかし、ロシア国防省は、正式な命令が出る前日にウクライナ軍が逃走を開始した、と発表した。同省は、ウクライナ軍人の大規模な集団が重機を残したまま徒歩で町から逃走する様子を映したとされるドローン映像を提示した。

ロシア側は、ウクライナ側が撤退中に1500人以上の兵士を失い、負傷した兵士、軍事装備品、装備を放棄した、と推定している。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント