fc2ブログ

ほとんどの日本企業はロシアに留まった – 調査結果

<記事原文 寺島先生推薦>
Most Japanese companies stayed in Russia – survey
日本の業界団体によると、事業を維持することを決定した企業は、良好な市場環境を理由にそうしているという
出典:RT 2024年2月23日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月1日


2055-1.jpg
ロシアのウラジオストクの商業港で船から降ろされている日本から輸入された中古車© スプートニク / ヴィタリー・アンコフ


水曜日(2月21日)の日本貿易振興機構(ジェトロ)の調査発表により、日本政府が西側制裁に従うという約束にもかかわらず、ロシアに進出している日本企業の約35%が「通常どおり」事業を続けていることが明らかになった。

ジェトロは2月上旬、ロシアの二大都市モスクワとサンクトペテルブルクで事業を展開する156社を対象にアンケートを実施した。同団体は、企業名は明らかにしなかったが、「通常どおりの業務」を行なっている企業の割合は4%増の34.9%となったと発表した。

一方、ロシアでの事業を全面的または部分的に停止した企業の数は、ジェトロが2023年5月に実施した前回調査から5.9%減少した。

ジェトロは「ロシアで事業を継続する企業は、良好な市況、将来の日露ビジネス再開への期待、ロシア市場の成長可能性への期待などを理由に残留を決断したと述べている」と指摘した。

関連記事:Russia’s economy can overtake Japan’s – minister

同時に、調査対象となった企業の25.4%がロシアでの事業を完全に停止したと報告しており、前回の調査から9.2%増加した。決定に影響を与えた要因として、両社は風評被害を受ける危険性、西側諸国の制裁、本社本部のロシアに対する対応の変化を挙げた。

2022年2月のウクライナ紛争勃発後、日本は西側の対ロシア制裁に加わった。しかし、日本のエネルギー安全保障にとって重要であるため、日本政府は樺太でのロシアのエネルギー計画に参加し続けている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント