fc2ブログ

セルゲイ・カラガノフ:ロシアがヨーロッパを永久に放棄し、アジアに完全に目を向けなければならない理由がここにある

<記事原文 寺島先生推薦>
Sergey Karaganov: Here’s why Russia must permanently abandon Europe and turn fully to Asia
ヨーロッパは終わった。そしてロシアの地理的・文化的優位性の数々は、沈みゆく船(ヨーロッパ)と共に沈む必要がないことを意味している
筆者;セルゲイ・カラガノフ (Sergey Karaganov)
ロシア外交防衛政策評議会名誉議長、モスクワ高等経済学院(HSE)国際経済・外交学部指導教授
出典;RT 2024年 2月 10日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年 2月19日


2020-1.jpg
ファイル写真. タイガを散歩中、全地形対応車を運転するロシアのプーチン大統領。スプートニク/アレクセイ・ドルジーニン

2000年代末、私たちは若い同僚たちと一緒に、ロシアの「東方への軸足」の利点と必要性を議論し始めた(同じ頃、現ロシア国防相のセルゲイ・ショイグとその同僚たちも同じ方向で動いていた)。

このチャレンジの概念と発展の焦点は、シベリア全体とウラル全体にわたる、単一つの歴史的地域、経済的地域、そして単一の人間が住む地域に当てられた。しかし、ふたを開けてみると、アジアとその市場への焦点は、行政上おもに太平洋沿岸の極東を経過することになり、そしてその後、それに北極が追加された。

2010年代に始まった転換は成功したが、部分的なものだった。その理由は、極東地域が人口が多く、工業化が進み、資源が豊富な東シベリアや西シベリアから人為的に切り離されていたためであった。また、極東は市場から遠いという「大陸の呪い」にも苦しみ続けた。

今、新たな地政学的状況は、当初の考えへの回帰を緊急に必要としている。当初の考えとは、もちろんウラル地域を含むシベリア全域の主要な開発を通じたロシア全域の東方への転換である。言い換えれば、ロシア全土の「シベリア化」である。西ヨーロッパは長年にわたって閉鎖され、二度と第一級の相棒となることはないだろう。

ウクライナで西側諸国が引き起こし、けしかけられた戦争によって、人類発展の中心が移りつつある南と東への動きから私たちは目をそらされてはいけない。この新しい、しかし長い間予見されていた状況は、私たちに「故郷」に戻ることを求めている。300年以上にわたるヨーロッパの旅は、多くのものを与えてくれたが、はるか昔(実際には100年前に)、その有用性を使い果たした。

(「故郷に帰る」という言葉は、ハバロフスク出身の著名な哲学者・歴史家であるL.E.ブリヤッハー教授が、前回の東方転換への旅で何年も一緒に仕事をしている間に私に教えてくれたものである)。

ピョートル大帝*が始めたこの旅がなければ、ロシアは多くの業績を残すことはできなかっただろう。その最たるものが世界最高の文学であり、ロシアの文化、宗教、道徳を西欧文化と融合させた結果である。ドストエフスキー、トルストイ、プーシキン、ゴーゴリ、それからブローク、パステルナーク、ソルジェニーツィンなど、私たちの近代的アイデンティティを形成してきた心の巨人たちは、"ヨーロッパからの注入"がなければ、ほとんど生まれなかっただろう。
*ピョートル1世は、モスクワ・ロシアのツァーリ(在位:1682年 ~1725年)、初代ロシア皇帝。大北方戦争(スウェーデンからバルト海海域世界の覇権を奪取してバルト海交易ルートを確保)での勝利により、ピョートル大帝と称される。

2020-2.jpg
関連記事:フョードル・ルキアノフ:タッカー・カールソンがモスクワに来た本当の理由がここにある

この3世紀の間、私たちは国家と民族の東方のルーツを半ば忘れていた。モンゴル人は略奪もしたが、発展も促した。モンゴルとの対立と協力の中で、我々はモンゴルの国家形態の多くの要素から学び、強力な中央集権国家と大陸的思考を築くことができた。チンギス・ハーンの帝国から、私たちは文化的、国家的、宗教的な開放性も受け継いだようだ。モンゴル人は自分たちの文化や信仰を押し付けなかった。実際、彼らは宗教的に解放されていた。だからこそ、ロシアを維持するために、聖公アレクサンドル・ネフスキー*は彼らと同盟を結んだのだ。
*13世紀中頃、スウェーデンの攻撃・ドイツ騎士団の侵攻からロシアを守ったノヴゴロド公。キプチャク=ハン国には服従の姿勢を採り、ロシア国家を存続させた。ロシアの国民的英雄の一人。

大ロシアは、16世紀以降、私たちの民族が「太陽に会うために」「石の裏側(ウラル山脈)」に集団移住しなければ、誕生することはなかっただろうし、おそらく、西と南からの競争相手や敵に包囲されたロシア平原で生き延びることもなかっただろう。神の意志の介入を別にすれば、コサック進撃の速さは説明がつかない。コサックは60年で大洋に到達した。

シベリアの開発によって、古代ロシア王国は大ロシアになった。帝国と宣言される前から、シベリアの資源―最初は「柔らかい金」、次に銀、金、その他の鉱物―によって、強力な軍隊と海軍を創設し、装備することができた。北シルクロードのキャラバンは、毛皮と引き換えに中国製品をロシア国内外に運び、重要な役割を果たした。シベリアでは、競争と交易に明け暮れていたロシア人が、中央アジアの人々、当時は「ブハラ人」*と呼ばれていた人々と緊密に協力するようになった。
*シベリアのブハラ人は、シベリアの民族学的および社会文化的なグループ。彼らはシベリア・タタール人のトボル・イルティシュ族とトム族の重要な部分を占めていた。伝説によれば、彼らの祖先はブハラ・ハン国の出身であるとされているが、遺伝学者は彼らが西コーカサス出身であることがわかった。彼らは商人であり、1580 年代にロシアによるシベリア征服が始まった後の17 世紀[2]にこの地域に定住し始めた。しかし、一部の人々は 15 世紀から 16 世紀にこの地域に定住していた。 

シベリアは、文化的、民族的な開放性、さらに意志の強さ、ロシアの自由、そして計り知れない勇気といった、ロシア人の性格の最良の部分を強化した。シベリアは何十もの民族集団によって統治され、先住民たちは混じり合った。そしてもちろん、集団主義、つまり相互扶助なしには、世界や風雨に打ち勝ち、生き残ることは不可能だった。ロシア系ロシア人、ロシア系タタール人、ロシア系ブリヤート人、ロシア系ヤクート人、ロシア系チェチェン人など、数え上げればきりがない。著名なチュメンのジャーナリストで作家のオメルチュクは、シベリアを「ロシア人の性格の醸造所」と呼んでいる。

ヴィッテ*、ストリイピン**、そしてその仲間たちという最高のエリートたちと、シベリア鉄道をきわめて短期間で建設した民衆が成し遂げた偉業は、前例のないものだ。彼らは、「太陽に向かって」という古いスローガンの下でも、「大海原に向かって」という具体的で壮大な目標を反映した新しいスローガンの下でも前進した。そして今、新たなスローガンが生まれるべきだ。「大ユーラシアへの前進」である。
*ロシア帝政末期の資本家、政治家。ロシアの工業化に大きな役割を果たす。日露戦争後のポーツマス会談で活躍し、帰国後初代首相となって立憲政の実現などの改革に当たった。
**ピョートル・アルカージエヴィチ・ストルイピンは、帝政ロシアの政治家。ロシア皇帝ニコライ2世の下で、大臣会議議長を務めた。ニコライ2世の治世においてセルゲイ・ヴィッテと並んで有能な政治家であり、革命派に対する容赦ない弾圧と、一方で農業分野を中心に地方自治の近代化、司法・中央行政機構に渡る広範な改革を実行した。


2020-3.jpg
関連記事:グレン・ディーセン: バイデン対トランプは世界秩序に重大な影響を与える

私たちは彼らの働きと犠牲に感謝すべきであり、自分の意志ではなくシベリアに行った人々の働きにも感謝すべきである。収容所の囚人も受刑者も、国の発展に、十分には評価されていないが、多大な貢献をした。

ソビエトの北極探検という崇高な事業があり、ソビエト連邦のあらゆる民族の代表が手を取り合って働き、友人を作り、家庭を築いたシベリアの偉大なコムソモール建設現場があった。シベリアの石油、穀物、毛皮のコート、モンゴル、ブリヤート*、トゥヴァ**の馬、そしてもちろん、シベリアの連隊は、大祖国戦争(第二次世界大戦)でモスクワを救った勝利に決定的な役割を果たした。
*ブリヤート共和国は、ロシア連邦を構成する共和国の一つ。バイカル湖の南東部に位置する。
**トゥヴァ共和国は、アジアの中央部に位置し、ロシア連邦を構成する共和国の1つ。トゥヴァ自治ソビエト社会主義共和国は1991年11月に独立を宣言した。


その後、シベリアの石油とガスが登場した。

しかしもちろん、全ロシアの国庫に対するシベリアの主な貢献は、勇敢で、粘り強くて、強くて、進取の気性に富んだ人々である。彼らはロシア精神の体現者なのだ。中央部(再統一地域を含む)からシベリアへのロシア人の定住を促進するだけでなく、アジアに近い感覚を持ち、経験と展望を持つシベリア人に国を率いてもらう必要がある。

シベリアを発展させた同胞の世代が、アジアの未来の市場を可能にし、ロシアをユーラシアの大国へと変貌させたのだ。当時、彼らはそれに気づいていなかったが。

西側が引き起こした対立に加え、エリート層によって刺激された社会崩壊の過程、そして西ヨーロッパの長期的な発展の鈍化は、ロシアの未来が東側、南側にあることを明確に示している。世界の中心はこの地域に移動しつつあるのだ。

そして、独自の文化と開放性を持つロシアは、この変革の重要な一部となり、その指導国のひとつとなるよう求められている。まさに、運命、神、そして何世代にもわたる祖先の行いがそうなるよう定めたもの、すなわち北ユーラシアになるのだ。それは、独裁から解放されて、北ユーラシアの平衡を保つものであり、軍事戦略の要であり、以前は抑圧されていた文化、国、文明のルネッサンスの保証人である。

2020-4.jpg
関連記事:キリル・ババエフ: 台湾の選挙結果がアメリカにとって悪いニュースである理由がここにある。

我々は新しい世界の誕生を目撃している。多くの点で、我々はその助産婦となり、500年にわたるヨーロッパと西洋の覇権の基盤である軍事的優位性を打ち砕いた。

いまや我々は、傾きつつある西側の最後の反撃(そう願うが)を撃退している。彼らはウクライナの野原で戦略的敗北を喫し、歴史を覆そうとやっきになっている。私たちはこの戦いに勝たなければならない、脅しをかけてでも、必要ならば最も残忍な手段を用いてでも。これは、我が国ロシアの勝利のためだけでなく、世界が第三次世界大戦に陥るのを防ぐためにも必要なことなのだ。

しかし、繰り返すが、西側諸国との闘争によって、最も重要な創造的課題から目をそらしてはならない。その中には、ロシアの東部全体の新たな発展と台頭が含まれる。地政学的経済の発展だけでなく、今後数十年にわたる避けられない気候変動も、一方ではその必要性を決定づけることになる。他方、新たなシベリア転回を提案し、ロシア全体で積極的に実施することの可能性と利点を証明することになるだろう。これにより、精神的、人間的、そして経済的発展の中心を東部に移すことになるのだ。

シベリアの鉱物資源、豊かな土地、森林、豊富できれいな淡水は、近代的な技術と何よりもシベリアの人々によって、ユーラシア大陸の発展の主要な基盤のひとつとなることが求められている。そして私たちの仕事は、シベリアを私たちの手中におさめ、国民、国、そして全人類の利益のために発展させることである。これまでのところ、私たちは主に加工度の低い資源を供給してきた。課題は、国家の規制的役割の下、全ロシア的な全行程の生産コンビナートを構築することである。シベリアの機械製造業を近代的な基盤の上に再構築し、国防企業の需要の流れを利用する必要がある。

省庁、立法機関、大企業の本社など、ロシアの行政中枢はすべて同じ方向に進むべきであり、愛国的で、いい意味で野心的な若者たちがそれに続くべきである。もしピョートルがいま生きていたら、間違いなくシベリアに新たな首都を築き、アジアへの窓口を大きく広げていただろう。モスクワ、サンクトペテルブルクと並んで、ロシアはシベリアの第3の首都を切実に必要としている。今後数十年で展開される軍事戦略上の状況が、それを要求しているのだ。

2020-5.jpg
関連記事:噴出する戦略案: なぜインドのロシア炭化水素への投資はウィンウィン(双方利得)なのか

ウラル山脈地方とウラル山脈以東の住民の多くが、偉大な探検家だった彼らの祖先の燃えるような精神を受け継ぎ、シベリアの優先的な開発などを通じてロシアの復興と繁栄を願っていることは知っている。

残念なことに、彼らの多くは、その野心と技術を生かす見込みや機会がないと判断し、発展した中央地方に流出したり、東部の小さな町や村でひっそりと「燃え尽き」たりしている。

この巨大な人的資本を利用して、シベリアの内陸部と、大規模な行政センターや、ロシアの他の地域との間の不必要な橋を壊し、地理的にも文明的にも偉大な歴史の軸を再統一することが、私たちの力となり、関心事である。すべての同胞の自己認識と思考の転換、国全体の利益のための輝かしいシベリアの過去、現在、未来とつなげることは、必ずやシベリア人自身の心に響くだろう。繰り返すが、ウラル、シベリア、極東だけでなく、ロシア全体のためのシベリア戦略が必要なのだ。

ノヴォシビルスク*の科学者たちは例外的な存在だが、その戦略は、既存の経済計算よりも、アジア・ロシア探検の壮大で息をのむような歴史を、ロシアのアイデンティティの中心へと精神的・文化的に回帰させることから始めるべきなのだ。
*ノヴォシビルスクは、ロシア連邦・シベリアの中心的都市。別名「シベリアの首都」。ノヴォシビルスク州の州都でオビ川に沿う。人口は2017年には160万人を突破するなど近年は人口増加が続き、人口規模は国内第3位で、シベリアでは最大である。

ロマンと勝利と冒険に満ちたシベリアの歴史は、わが国のすべての愛国者の一部であるべきだ。アメリカ西部の征服は、誰もが知っているように、私たちの祖先がしたような一連の功績とは似ても似つかない。同時に言っておかなければならないのは、私たちの祖先は大量虐殺に頼らず、原住民と結婚している。そして私たち大衆は、知識人でさえ、この歴史についてほとんど無知なのだ。

アレクサンドル・ネフスキーが1240年代後半に中央アジアと南シベリアを1年半かけてモンゴル帝国の首都カラコルムまで遠征したのは、バチエフより高いレベルの統治をしたことで賞金をもらうためだった。マルコ・ポーロの物語で知られ、やがて中国を統一する皇帝となるフビライ・ハーンもその時そこにいた。彼らはほぼ間違いなく会っている。新しい世界秩序の基礎となったシベリア探検と、今や事実上の同盟国となったロシアと中国の関係の物語を始めるべきは、おそらくアレクサンドル・ネフスキーの遠征だろう。

2020-6.jpg
関連記事:フョードル・ルキアノフ:EU市民は生活水準を心配する一方で、エリートたちはウクライナに執着している。

シベリア南部と北海航路を結び、中国へ、そして北海航路を経由して東南アジアへとつながる新たな子午線ルートを建設すべきだ。ウラル山脈とシベリアの西部地域には、インドや南アジア諸国、中東への効果的なアクセスを提供すべきである。心強いことに、遅ればせながら、シベリア地方を含むロシアとイランを経由してインド洋を結ぶ鉄道の建設がようやく始まった。

水資源豊富なシベリアを開発するには、水不足だが労働力の豊富な中央アジア諸国を巻き込む必要がある。

労働力不足は、勤勉で規律正しい北朝鮮人の大量誘致によって一部補われるはずだ。我々はようやく、北朝鮮に対する愚かな西側への追従路線から抜け出し、友好関係を回復しつつある。インドとパキスタンが、少なくとも季節労働者の提供に関心を持っていることは知っている。

私たち国立研究大学高等経済学院は、ロシア科学アカデミーシベリア支部経済学・産業生産組織研究所や、科学アカデミーシベリア支部・極東支部の他の研究所、そしてトムスク、バルナウル、ハバロフスク、クラスノヤルスクの各大学とともに、「東方への回帰-2:ロシアのシベリア化に向けて」プロジェクトを証明するためのプロジェクトを開始している。

また、学校における東洋学、東洋の言語、民族、文化に関する知識の発展のための国家プログラムも必要である。文化的にも宗教的にも開かれたロシアは、ヨーロッパ人とは異なり、独自の他に負けない大きな利点を持っている。それは、私たちの先祖が、奴隷にしたり破壊したりすることなく、現地の民族や文化を吸収しながら東方へ移動した伝統を受け継いだからだ。

孫子、孔子、カウティリヤ(あるいはヴィシュヌグプタ)、ラビンドラナート・タゴール、フェルドウィーシ、ダレイオス王、タメルラーヌ、アル・ホズレミ(代数学の創始者)、アブ・アリ・イブン・シーナ(アヴィセンナ:医学の創始者)、あるいはファティマ・アル・フィフリ(世界初の大学の創始者)は、教養あるロシア人にとっては、アレクサンダー大王、ガリレオ、ダンテ、マキャベリ、ゲーテと同じくらい身近な存在であるはずだ。正統派キリスト教だけでなく、イスラム教や仏教の本質も理解する必要がある。これらの宗教や精神運動はすべて、私たちの精神的記憶の中にすでに存在している。私たちはそれらを保存し、発展させるだけでいいのだ。

加えて、今後数十年の間に避けられない気候変動によって、シベリアは快適な居住地を拡大するだろう。自然そのものが、私たちをロシアの新たなシベリア東方転換へと誘っているのだ。もう一度言うが、ロシアの東方転換のプログラムを作成し、実行することによって、我々は我々の力と偉大さの源に戻るだけでなく、我々自身と将来の世代のために新たな地平を切り開き、生まれ変わったロシアの夢を創造し、実行しているのである。

この記事はルースカヤ・ガゼータ(Rossiyskaya Gazeta)新聞によって最初に発表され、RTチームによって翻訳・編集されました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント