fc2ブログ

イスラエルによる「10月7日」侵攻の口実に使われた子どもはイスラエル軍の戦車に殺されたと、目撃者が明かす

<記事原文 寺島先生推薦>
Israeli October 7 posterchild was killed by Israeli tank, eyewitnesses reveal
筆者:マックス・ブルメンタール(Max Blumentahl)
出典:GRAYZONE 2023年11月25日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年12月9日


1775-1.jpg


キブツ・ベエリで10月7日に起きた人質立てこもり事件の目撃者が、イスラエルが12歳のリエル・ヘッツローニとその家族、そして隣人の殺害について世界を欺いていることを暴露した。

更新:エレクトロニック・インディファーダ(Electronic Intifada)のためにデービッド・シーンが翻訳したヤスミン・ポラトの証言ビデオは、この記事の後に続く。

イスラエル政府は、国際的な同情を得ようと必死で、10月7日にハマスが主導したイスラエル南部への攻撃で、12歳の少女が殺害されたことへの怒りを煽ろうとしている。

「この少女の遺体はひどく焼かれ、法医学考古学者が身元を確認するのに6週間以上かかった」と、イスラエル外務省は公式Twitter/Xアカウントで発表した。「12歳のリエル・ヘッツローニちゃんの遺体は灰と骨片だけです。彼女の思い出に祝福がありますように。」

イスラエル国連代表部の元スピーチライターで、イスラエルでトップクラスの英語ソーシャルメディア宣伝担当者であるアビバ・クロンパスは、Twitter/Xで、「テロリストは(ヘッツローニ家を)全員虐殺し、その後ビルに放火した」と主張した。

ナフタリ・ベネット前イスラエル首相は、「キブツ・ベエリのリエル・ヘッツローニがハマスの怪物によって自宅で殺害された......我々は最も公正な戦争を戦っている。このことが再び起こらないようにするために。」

リエル・ヘッツローニは、キブツ・ベエリで殺害された非戦闘員の一人である。イスラエル南部の小さなコミュニティが、捕虜交換を進めるために捕虜を探していたハマスの過激派に一時的に占領されたときのことだった。膠着状態が続く中、彼女は双子の兄、大叔母、ベエリの他の住民数人とともに即死した。

しかし、12歳のヘッツローニはハマスに殺されたのではなかった。少女の死を目撃したイスラエル人による新たな証言によれば、彼女は近隣住民数人とともにイスラエル軍の戦車砲弾によって殺されたという。

ヘッツローニが友軍射撃によって死亡したことが明らかになったのは、イスラエル紙『ハーレツ』の報道が、急速に拡散した『Grayzone』による調査を裏付けるものだったからだ。その調査は、イスラエルのヘリコプター・パイロットや治安当局者が、運命の日の間、友軍の砲撃を指示したこと明らかにした重大ニュースだった。

そのひとつは、キブツ・ベエリの警備チームのメンバーからのもので、彼はハーレツ紙に、「現場の指揮官たちは、人質とともにテロリストを排除するために、居住している家屋に砲撃を加えるなど、難しい決断を下した」と語った。

ある戦車大隊の司令官は、現場に到着したときにも同じ命令を受けたと回想しており、「私はバラク・ヒラム准将に会うためにベエリに到着したが、彼が最初に私に求めたことは、(ハマスのメンバーが避難している)民家に砲弾を撃ち込むことだった」とビデオ・インタビューで答えている。

ベエリの小さな家に重火器を使うという決断は、結果的に多くのイスラエル人の命を奪った。その中には、イスラエルのガザに対する残忍な攻撃を正当化するために、その死が攻撃の口実とされた少女も含まれている。そして初めて、この攻撃の目撃者が、殺害についてのおぞましい真実を語った。

「2発の砲弾が命中したとき、(リエルは)叫ぶのをやめた」

ヤスミン・ポラトは、10月7日にベエリでハマスの武装勢力に人質に取られたイスラエル人の一人だった。過激派が到着したとき、彼女はノヴァ電子音楽祭から逃げ出し、コミュニティに避難していた。11月15日のイスラエル国営放送『Kan News』とのインタビューで、ポラトは膠着状態の詳細を語った。それは政府の公式説明を切り崩すものだった。

イスラエル軍に包囲されていると勘違いしたハマスの武装集団は、その時イスラエル軍は実際にはあまり居なかったのに、人質を家の外に出し、イスラエル警察に電話をかけ、自分たちの退去を交渉しようとした。

「誘拐はほとんど午前中、10時、11時、12時に起きている。「(午後の)3時までには、(イスラエルの)市民は皆、軍隊はもう至る所にいると思っていた。(ハマスの武装勢力は)私たちを10回、(ガザに)連れ出して戻ることができた。しかし、彼らはそのような状況だとは思っていなかったので、警察を要請したのです」と、ポラトは言った。

イスラエルの特殊部隊がようやく現場に到着したとき、ハマスとイスラエル軍の間で「停戦」が起こり、彼女を捕まえた人は投降を決めた、とポラトは語った。自分の安全を確保するため、彼は裸になり、彼女を人間の盾にしてイスラエル兵に向かっていった。

ポラトが解放され、彼女を捕まえた人が投降した後も、39人のハマス戦闘員に警備されて、14人のイスラエル人が人質として残された、と彼女は言った。その中には双子のリエルとヤナイ・ヘッツローニ、そして大叔母で保護者のアヤラ・ヘッツローニも含まれていたという。

「私は部隊の指揮官と一緒にそこに座り、家の形、テロリストのいる場所、人質のいる場所を説明した。見てください、芝生の上に4人の人質がこのように横たわっています。芝生の上に4人の人質がいて、テラスの下に2人倒れている。そしてリビングには、このように横たわっている1人の女性と、このように横たわっているもう1人の女性がいます」とポラトは語った。

ポラトは「双子(ヤナイとリエル・ヘッツローニ)と大叔母(アヤラ)のことを(イスラエル軍司令官に)話したのですが、私は彼女らを見ていませんでした」と説明した。いいですか、私が去るとき、彼女らを私は見ていなかったが、リエルの声はずっと聞こえていたから、彼らがそこにいたことは確かです。(司令官)には、台所の近くから悲鳴が聞こえたと説明したんです。私は人質全員の居場所を説明しようとしました。」

ポラトは、10月7日のハマスの作戦を可能にしたイスラエルの諜報活動の粗雑さを強調し、兵士たちは、これほど多くの武装勢力が一つの家の中にいることも、これほど大規模な部隊が、イスラエルがガザの周囲に築いたハイテク包囲壁を突破することも信じられなかったと語った。「最初に(イスラエルの特殊部隊に)40人ほどのテロリストがいると話したとき、彼らは『そんなはずはない』『大げさに言っているんだろう』と言われました。彼らは信じませんでした! 我が軍もまだ未熟だと思いました。」

午後4時には、家の中にいた武装勢力と、通りの向かいに駐留していたイスラエルの特殊部隊との間で銃撃戦が始まった。ハマスの戦闘員を追い払うことができなかったため、イスラエル軍は午後7時半に戦車を要請した。

ポラトは、戦車が小さなコミュニティに入ってくるのを見て、パニックに陥ったと語った。 「なぜ戦車の砲弾を家の中に撃ち込むのだろう?」そして私は私のそばにいた人に「なぜ戦車の砲弾を家の中に撃ち込んでいるのですか?」と聞いた。すると彼らは、「家を浄化するために壁を壊すのだ」と説明した。

通りの向こうから、ポラトは大きな爆発音を2回聞いた。戦車が家に砲弾を数発撃ち込んだのだ。家の外に横たわっていたのは、彼女の夫のタル、もう一人同じ名前のタルという男、そしてこの家の持ち主であるアディとハダス・ダガン夫妻だった。12歳の双子のリエルとヤナイ・ヘッツローニ、そして大叔母もいた。

粉塵が晴れたとき、ハダス・ダガンだけが生きて家から出てきた。

ヤスミン・ポラトによると、ダガンは後にこう言ったという。「ヤスミン、大きな音が2回鳴ったとき、私は宙を舞ったような気がした。完全に麻痺していた。目を開けると、私のアディ(・ダガン)が死んでいるのが見えた......あなたのタルもその時点で動かなくなった」。

ダガンは、戦車の砲弾がリエル・ヘッツローニを殺したことを確認した。彼女はポラトにリエルのことを言った。「彼女は叫び声を止めなかった......しかし、2発の砲弾が命中したとき、(リエルは)叫び声を止めた。静寂が訪れたのです」。

ポラトはこう締めくくった。「非常に大規模な事件、つまり2発の砲弾で幕を閉じた銃撃戦の後、ほとんどの人が死んだのです」。

ダガンはポラトに、人質の誰もハマスの戦闘員によって故意に殺されたのではないと強調した。「処刑も何もなかった。少なくとも、彼女と一緒にいた人たちがやったのではありません。」

10月15日の別のインタビューで、ポラトはパレスチナの武装勢力は「私たちを虐待していない。彼らは私たちをとても人道的に扱いました」、と断言した。

ダガン宅でのイスラエル軍とハマス軍のにらみ合いが、流血なしに解決できたかどうかはわからない。しかし、戦車で砲撃するというイスラエルの決断が、イスラエルの国際的な反ハマス・プロパガンダ・キャンペーンの目玉となった子供を含め、家の中にいたほとんど全員を殺す結果となったことは明らかである。イスラエル人が残したものは、「死体だらけの家」だけだった、とポラトは語った。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント