fc2ブログ

イスラエルは「ガザ内のハマス以外のすべて」を爆撃している―ジャクソン・ヒンクル

<記事原文 寺島先生推薦>
Israel bombing ‘everything but Hamas in Gaza’ – Jackson Hinkle
この作戦の真の目的は、パレスチナ人を飛び地から追い出すことだと、政治アナリストはRTに語った
筆者:ジャクソン・ヒンクル
出典:RT  2023年10月27日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>  2023年11月17日


1748-1.jpg
イスラエルの攻撃による破壊の航空写真、ガザのハン・ユニス© Getty Images / Mohammed Fayq; Anadolu


「ハマス排除のためだけにガザを空爆している」というイスラエルの主張は「狂気のさた」だと、政治アナリストのジャクソン・ヒンクルは木曜日(10月26日)のRTのインタビューで語った。彼は、イスラエル軍は現在進行中の作戦で、ガザの民間人を標的にしているようだと主張した。

『The Dive with Jackson Hinkle』の司会者であるジャクソン・ヒンクル氏は、「彼らはガザ内のハマス以外のすべてを爆撃している」と述べ、イスラエルが病院、学校、国連や赤新月社の施設、モスク、教会、住宅、さらには避難民の輸送車など、さまざまな民間インフラを標的にしていると非難した。

このアナリストは、イスラエルがパレスチナ国家を望んでいないためであり、ガザでの作戦の真の目的は、ハマスの敗北ではなく、むしろパレスチナ人を強制退去させ、「きっぱりと」この飛び地を乗っ取ることだと述べた。

「なぜこんなことをするのかといえば、ハマスに勝てないことを知っているからだ。だからガザに攻め込まない。もし参戦すれば、多くのアラブ諸国、そしておそらくイランからも反撃を受けるだろう。その規模の戦争では勝てないことを知っているのだ」とヒンケル氏は主張する。

イスラエル当局は、ハマスがイスラム国(IS、旧ISIS)と同盟関係にあるか、あるいはそれに類する存在であるかのように見せかけようとしているが、イスラエル自身のガザでの行動は、テロリストの戦術に酷似しているようだ、と彼は主張した。

ワシントンがイスラエルとともに「永遠に立ち上がる」と発表し、ジョー・バイデン大統領がこのユダヤ国家に140億ドルの軍事援助パッケージを提案したことについて、ヒンクル氏は、「イスラエルに資金援助停止を!」「ウクライナにも資金援助停止を!」と呼びかけた。

1748-2.jpg
<関連記事> ネタニヤフ首相、ガザ侵攻計画を延期 - NYT

「なぜアメリカの税金がこんな国に使われるのか? もっと重要なことは、このような恐ろしい戦争犯罪を日常的に犯している国に対しての支援であることなのだ」とヒンケル氏は疑問を呈した。彼はまた、「米国は現在、自国の南国境で危機を経験しており、50万人以上のホームレスに対処している。そのうち6万人は退役軍人である」とも訴えた。

「私たちがこんな状態なのに、ジョー・バイデンはイスラエルに約900人の米海兵隊員を送ったばかりというのは、私には意味がわからない」とヒンクルは言い、「私たちは非常に大きな戦争に遭遇しようとしている」と付け加えた。

イスラエル国防軍(IDF)は、1400人の命を奪った10月7日のハマスによるイスラエルへの奇襲攻撃の後、ほぼ3週間にわたってガザを執拗に砲撃している。ガザ保健省は、イスラエルの攻撃によって7000人以上が死亡したと報告している。金曜日(10月27日)、同省は、イスラエル国防軍によって殺害されたとして、2,665人の子どもを含む6,747人の名前を公表した。同省は、多くの遺体が身元不明または行方不明のままであるため、リストは不完全であると指摘している。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント