fc2ブログ

モスクワ、反攻作戦中のウクライナ軍犠牲者数について最新情報を発表

<記事原文 寺島先生推薦>
Moscow issues update on estimated Ukrainian casualties during counteroffensive
出典:RT 2023年8月4日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年8月5日


1296-1.jpg
ドネツク地方の前線近くの道路で戦車を運転するウクライナ軍兵士。Anatolii STEPANOV / AFPBB News


ロシア国防省は、ウクライナが6月から7月にかけてロシア軍への反攻を試みた結果、4万3,000人以上の兵士を失ったと推定している。

 国防省は、キエフが6月にロシア軍陣地への攻撃を開始して以来、43,000人以上の兵士を失ったと報告した。

 金曜日(8月4日)に発表された概要によると、死傷数は、ウクライナの兵器が大量に破壊されたことにも反映されている。

 同時期に破壊された重火器は4900両を超え、ドイツ製レオパルド主力戦車25両、フランス製AMX-10RC「装輪戦車」7両、米国製ブラッドレー歩兵戦闘車21両が破壊されたとしている。

 ウクライナの損失には747門の大砲と迫撃砲が含まれ、その中にはアメリカ、ポーランド、フランス、ドイツから供与された数十門も含まれている、と同省は付け加えた。この最新情報は、モスクワによる前線状況に関する定期的な概要報告の一部である。

1296-2.jpg

 関連記事:ウクライナ反攻を阻む「雑草」―英軍

 キエフの外国の支援者は、ロシアに奪われた領土を取り戻す好機だとマスコミに宣伝された夏の反攻に、戦車を含む装甲車数十台を提供した。2ヵ月後、欧米の政府高官やメディアは、ウクライナがわずかな戦利しか得られず、そのために大きな代償を払ったことを認めた。

 ウクライナの指導部は、欧米の支援国が必要な軍事支援を十分に迅速に送れなかったことが、期待外れの結果につながったと非難している。もっと迅速に武器を供給していれば、ロシア軍が布陣する前にキエフが作戦を開始できたはずだと主張する政府関係者もいる。

 モスクワは、アメリカとその同盟国はウクライナ兵の命など気にしておらず、キエフを「最後のウクライナ人まで」ロシアとの戦いに駆り立てるつもりだったと主張している。ロシア政府は、ウクライナ紛争は、米国が世界の大国として有していた覇権が衰退しつつある現状を守るために始めた、より大きな代理戦争の一部だと考えている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント