fc2ブログ

ドンバスに対するウクライナの攻撃により数名が死亡―当局の発表

<記事原文 寺島先生推薦>
Several dead in Ukrainian attack on Donbass – authorities
出典:RT 2023年7月31日
<記事原文 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年8月5日


写真提供: Telegram / kulemzin_donetsk

この砲撃により、ドンバスのバスや車の火事も発生した、とドンバス当局が発表

 ドネツク市へのウクライナの攻撃により少なくとも3名が亡くなり、10名が負傷した、と停戦管理調整合同センター(JCCC)が月曜日(7月31日)に発表し、近隣の町でもう1名が亡くなったと付け加えた。

 ウクライナ側によるドンバスへの度重なる砲撃を追跡しているJCCCの声明が出されたのは、ロシア連邦内ドネツク人民共和国(DPR)デニス・プシーリン首長代行が、市の中心に位置する2地区全体が砲撃を受けた、と述べたことを受けてのことで、首長代行によると、数名が死亡し、バスが破壊された、とのことだった。さらに同首長代行は、二人が怪我をし、現在治療を受けている、とも付言した。

 このDPR首長代行はさらに、ウクライナ軍はドローン機による攻撃をしかけ、ドネツク州ヤシノバタヤ町の水処理施設を破壊した、とも述べた。

 JCCCによると、ウクライナ軍はさらに、ドネツク市の北にあるホルリウカを砲撃し、さらに1名の市民を殺害した、という。

 ドネツクのアレクセイ・クレムジン市長は、同市の中心地のヴォロシロフスキー地区でも自動車2台が火事になった述べ、砲弾が着弾したのは、結婚届提出場近くだった、とも付け加えた。後に同市長は、この砲撃により建物数軒が被害を受け、電力供給線が遮断された、と語った。



 同市長は、現場で数台の車両が灰となった様子を写し出す写真をネット上にあげたが、その写真には消火活動に当たっている消防士らや割れた窓のある複数の建物も写っていた。

 その日の午前中、JCCCは少なくとも6回、同市をめがけた大砲やミサイルによる攻撃があったと認定したが、その攻撃のほとんどは155m弾や152m弾が使われていた。



 クレムジン市長によると、この攻撃はウクライナ側が、日曜日夕方から月曜日朝にかけて行った72発の砲撃に続くものであり、砲撃の標的は、ドネツクとその周辺地域を狙ったものだった、という。同市長は、これらの攻撃により31歳の男性1名が亡くなり、もう1名が負傷、さらには同地域の建物数軒が被害を受けた、と述べた。

 ドネツクなどドンバス内の都市は、ウクライナからの攻撃に常にさらされており、2014年以来多くの市民が亡くなってきたとされている。2014年というのは、西側諸国が支援する非合法手段による政権転覆工作がウクライナの首都で起こったことを受けて、同地域がウクライナ政権からの分離を主張した年である。 

 3月上旬のJCCCの推定によると、ロシア政府とウクライナ政府の間で紛争が勃発した、2022年2月以降、ウクライナの攻撃によりロシア連邦ドネツク人民共和国で合計4453名の市民が亡くなっている、という。同局の別の推定では、同時期、ロシア連邦内ルガンスク人民共和国では900名以上が亡くなっている、という。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント