fc2ブログ

NHS(英国国民保健サービス)の離職者数が「記録的数値」になったとの報道

<記事原文 寺島先生推薦>
NHS employees quitting in ‘record’ numbers – media
Nearly 170,000 healthcare professionals left their jobs in England last year, The Observer reports
英国では昨年、17万人近くの医療従事者が離職したとオブザーバー紙が報じた。
出典:RT   2023年7月2日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>  2023年7月22日



ロイヤル・ロンドン病院外の救急車、2023年1月29日© Justin Tallis / AFP


 オブザーバー紙は土曜日(7月1日)、2010年以来収集された職場統計の分析を引用して、昨年のNHSイングランド労働者の離職は少なくともここ10年で最高になったと報じた。

 2022年には病院や地域医療事業で4万1000人以上の看護師を含む17万人近くの従業員が離職したが、前年は約15万人だった。

 オブザーバー紙によると、離職には医師や救急隊員から管理職や技術職員に至るまで、あらゆる職業が含まれているという。

 新型コロナウイルス感染症の大流行からまだ立ち直り切れていない医療業界では、しばらくの間従業員の離職が続いており、離職理由として「職場で感じる圧力」、燃え尽き症候群、困難な労働環境、全体的な人材不足に対処しなければならないことを挙げている人もいる。



 関連記事:英国史上最大規模の医療ストライキが始まる

 英国の医療事業は10年以上にわたって低下しているが、それは2010年に政府がNHS予算を抑制したことによる。英国医師協会(BMA)によると、現在742万人が治療を待っており、そのうち37万2000人以上が1年以上待っているという。これらの治療待ちの人々の存在により、将来的には状況が悪化する可能性が高く、医療事業への需要の増大につながる可能性がある。

 リシ・スナク首相は最近、NHSの人員配置危機に対処するための24億ポンド(4200億円)の計画を発表したが、これには医学生のための大学の定員の増加や新たな実習計画が含まれる。当局によると、一部の地域では治療待ちの人々が徐々に少なくなり、ある程度の進展が見られたという。

 NHSイングランドのアマンダ・プリチャード最高責任者は5月、「やるべきことはまだたくさんあるが、NHSが取り組まなければならなかったすべてのことを考えると、これらの進展は注目に値する成果だ」と述べた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント