fc2ブログ

ウクライナのテロ攻撃の標的となったクリミア橋-モスクワ

<記事原文 寺島先生推薦>
Crimean Bridge targeted by Ukrainian terrorist attack – Moscow
The raid has killed two people and injured one child, damaging the structure’s road section, the National Antiterrorist Committee said
ロシア国家対テロ委員会によれば、その襲撃で2人が死亡し、1人の子供が負傷し、建物の道路部分が損傷を受けた。
出典:RT 2023年7月17日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年7月21日



ロシア調査委員会提供


 クリミア橋がウクライナのテロリストによるドローン攻撃の標的にされたとロシア国家対テロ委員会(NAK)は、月曜日(7月17日)、発表した。

 声明の中で、NAKはクリミア半島とロシア本土を結ぶ重要な橋が、現地時間午前3時頃、2台のウクライナ無人水上艇によって攻撃されたと述べている。

 「このテロ事件により、クリミア橋の道路部分に損傷が発生した。2人の大人が死亡し、1人の子供が負傷した」と声明は述べ、また、法執行機関がこの事件を調査していると付言した。

 このNAKの声明は、複数のウクライナのメディアがこの攻撃を同国の治安部隊と海軍による「特別作戦」として報道した後に発表された。公には、ウクライナ高官たちは直接の責任を認めることは避けているが、この事件を歓迎する姿勢を示している。




 関連記事:キエフがクリミア橋に対する新たな攻撃の裏にいるーウクライナの報道機関


 死傷者を最初に報告したのはヴャチェスラフ・グラドコフ・ベルゴロド州知事だった。知事は、亡くなったのは同州出身の夫婦であり、その娘も負傷していると述べた。

 襲撃事件の後、ロシア当局は橋の通行を止めたが、数時間後には被害を受けていない区間での鉄道運行は再開された。

 過去にもウクライナはこの橋を攻撃しようと試みている。先週、キエフ軍は橋の重要箇所にミサイルを発射したが、モスクワの国防省によれば、ロシアの防空システムを突破することはできなかった。

 2022年10月、この橋はウクライナの情報機関によって企てられた(とロシアは言っている)死者をともなうトラック爆破事件で損傷を受けた。その時、モスクワはウクライナのエネルギーおよび軍事インフラに対するミサイル攻撃を強化して対応した。


 関連記事:地元テレビ局が提示した被害を受けたクリミア橋の様子

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント