fc2ブログ

クラスター弾をウクライナに送らないよう米国に警告(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)

<記事原文 寺島先生推薦>
Human Rights Watch warns US against sending cluster munitions to Ukraine
This “would inevitably cause long-term suffering for civilians,” the NGO says
クラスター弾は「民間人に長期的な苦痛を与えることは避けられない」、とNGOが指摘
出典:RT  2023年7月6日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年7月21日



Narciso Contreras/Anadolu Agency via Getty Images


 ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)は、100カ国以上で使用が禁止されているクラスター弾をウクライナに供給しないよう米国に警告した。

 HRWは木曜日(7月6日)に発表された声明の中で、アメリカ政府が、キエフが数ヶ月前から要求しているこの致命的な兵器の納入を承認するかどうかを検討しているというメディアの報道に対して警鐘を鳴らした。ニューヨーク・タイムズ紙は木曜日、ホワイトハウスの高官筋の話として、アメリカ政府はこの動きを承認する見込みだと報じた。CBSは水曜日に、アメリカは早ければ今週中に決定を下す可能性があると伝えた。

 NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)の記者はツイッターで、早ければ木曜日にも決定される可能性があると書いた。

 HRWは、「これらの兵器を移送することは、必然的に市民に長期的な苦しみをもたらし、その使用に対する国際的な非難を傷つけることになるだろう」と述べた。



 関連記事:米国、ウクライナへのクラスター爆弾供与を承認へ - CBSニュース


 クラスター爆弾は、爆発すると広範囲に小さな弾丸をばらまくため、100カ国以上で使用が禁止されている。クラスター爆弾の中には衝撃で爆発しないものもあり、戦闘が終わった後も何年にもわたって市民に深刻な危険をもたらす。アメリカは禁止措置には加わっていないが、不発率が1%を超えるこの弾薬の輸出を禁止している。この制限は、ジョー・バイデン米大統領の免除によって解除される可能性がある。

 クラスター弾の人道的影響に対する懸念が広がっているにもかかわらず、6月下旬、アメリカのローラ・クーパー国防副次官補は、強力なロシアの防衛陣地に対して「役に立つだろう」と述べた。

 同月のPoliticoの報道によると、この評価は多くのアメリカ政府関係者にも共有されており、これらの武器は、ウクライナの現在進行中の反転攻勢(何の領土も得ることができなかったとモスクワは言っている)をより成功させるだろうと考えている。

 3月下旬、ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務副大臣は、物議を醸している軍需品をキエフに供給しようという呼びかけを危険なものだとし、その出荷はウクライナ紛争の激化につながるかもしれないと警告した。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント