fc2ブログ

ウクライナによるRT編集長暗殺計画、阻止される - ロシア連邦保安庁

<記事原文 寺島先生推薦>
Ukrainian plot to assassinate RT editor-in-chief thwarted – FSB
Detained ‘neo-Nazis’ also planned to kill Ksenia Sobchak, another prominent female journalist
また、拘束された「ネオナチ」は、もう一人の著名な女性ジャーナリスト、クセニア・ソブチャクの殺害も計画していた。
出典:RT  2023年7月15日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年7月21日


1252-1.jpg
RT編集長マルガリータ・シモニャン


 ロシア連邦保安庁(FSB)は、ウクライナの情報機関によって準備されていたRT編集長マルガリータ・シモニャンとジャーナリストのクセニア・ソブチャクを標的とした暗殺計画を阻止したと発表した。

 土曜日(7月15日)の声明で、連邦保安庁は内務省や国家調査委員会と共同で、その数ははっきりしないが「パラグラフ88グループのネオナチ(シモニャンとソブチャックの職場や自宅の住所についての情報を収集していた)」を逮捕したと発表した。

 FSBによると、拘束された者たちは金曜日(7月14日)にモスクワとリャザン地方で偵察を行っていたところを捕まった。

 FSBによれば、この作戦の間、警察当局はカラシニコフ・アソルトライフル1丁、カートリッジ90本、ゴムホース、ナイフ、ブラスナックル、手錠などを押収したという。また、「犯罪の意図が確認できる情報を持つコンピューター」も発見されたという。


1252-2.jpg
ロシア連邦保安庁


 ロシア連邦保安庁の職員はまた、シェブロンや旗、ナチスの道具や文献、通信機器も押収した。


1252-3.jpg
ロシア連邦保安庁


 「拘束された者たちは、ウクライナ保安庁の指示で暗殺の準備をしており、その報酬は殺人1件につき150万ルーブル(231万円)であることを確認した」と声明は述べている。

 シモニャンは2005年のRT創設以来、編集長を務めている。南部の都市クラスノダールで生まれ育ち、結婚して3人の子供がいる。

1252-4.jpg

関連記事:ウラドレン・タタルスキー暗殺の新容疑者が浮上


 ソブチャクはロシアではよく知られたセレブ(名士)で、元大統領候補である。元サンクトペテルブルク市長の娘である彼女は、幼少期からウラジーミル・プーチン大統領を知っている。リベラル派として知られ、現在はYouTubeの人気チャンネルを主催している。結婚しており、子供が一人いる。

 4月、ロシアの著名なジャーナリスト、ウラジーミル・ソロビヨフの暗殺を準備した疑いで、禁止されているテロリスト集団「国家社会主義/ホワイト・パワー」のメンバーとされる6人が逮捕されたと報じられた。捜査当局は、逮捕された者たちもSBUのために行動していたと主張している。

 同月、ロシアの軍事ブロガー、マキシム・フォミン(ヴラデン・タタルスキー)がサンクトペテルブルクで爆弾テロに遭い殺害された。地元の活動家ダリヤ・トレポヴァがこの犯行で逮捕され、ウクライナ情報機関とつながりのある男にスカウトされたことを認めたと報じられている。

 昨年、同じくロシア人ジャーナリストのダリヤ・ドゥギナがモスクワ郊外で自動車爆弾によって暗殺された。FSBは、この殺害の背後にはウクライナの特殊部隊が関与していると主張した。ニューヨーク・タイムズ紙は、アメリカ政府高官もキエフの犯行だと考えていると報じた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント