fc2ブログ

「最も長い日(6月24日)」の後ロシアでは何が起きているのか?

<記事原文 寺島先生推薦>
What Happens in Russia After the Longest Day?
筆者:ペペ・エスコバル(Pepe Escobar)
出典:INTERNATIONALIST 360°2023年6月27日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年7月5日


1184-1.jpg


 ワグナーの「反乱」(見え透いたクーデター未遂)と、宣伝演技に過ぎないものをプリゴジンが千両役者よろしく演じて見せた後、NATOと西側諸国の、ひょっとして(これで)ロシアが混乱や内戦に陥るかもしれないという興奮に満ちた期待は完全な失望へと急速に変わった。

 最も長い日(6月24日_土曜日)、ロシアで起きた途轍もない出来事の初稿は、私たちをまったく新しいやっかいな問題へ導く。

 世界の多数派は、次に何が起こるのかを、知りたい気持ちでうずうずしている。さあ、チェス盤上の重要な駒を検討してみよう。

 セルゲイ・ラブロフ外相は要点をズバッと言っている:覇権国家(アメリカ)は、得になりそうな時はいつでもクーデターを支援するというのが、その手口だということをラブロフはみんなに思い起こさせた。これは、ロシア連邦保安庁(FSB)が積極的に調査している事実と合致しており、その調査は西側の情報機関が「最長の日」にどのように関与していたかを検証している。

 プーチン大統領の発言には一点の曖昧さもなかった:

「彼ら(西側とウクライナ)は、ロシア兵同士が殺し合い、兵士や市民が死に、最終的にはロシアが敗北し、私たちの社会が分裂し、血なまぐさい内戦で窒息することを望んでいました(・・・)彼らは手をこすり合わせ、前線における、および「反転攻勢」の間の彼らの失敗に対する復讐を夢見ていましたが、彼らは計算を誤りました」。

 西側集団―アンソニー・ブリンケン国務長官以下―は、自分たちと(「ブリゴジン反乱」に)距離を置こう必死になっている。その代弁者特許を持っているワシントン・ポスト紙を通じて、「反乱」について西側集団は知っていたことを、CIAはリークしているのに、だ。

 課題は痛々しくもはっきりしていた:キエフがあらゆる戦線で敗北したことは、ロシア「内戦」の偽情報が至るところで儀式的に報道されることで、見えなくされるだろう。

 まだ決定的な証拠はない。しかし、FSBはいくつかの手がかりを追跡して、「反乱」がCIA/NATOによって仕組まれたことを示そうとしている。この壮大な失敗は、7月11日にヴィリニュスで予定されているNATOのサミットをさらに白熱させることになる。

 中国もラブロフと同様、要点をズバッと言っている:グローバル・タイムズ(環球時報)は、「ワグナーの反乱がプーチンの権威を弱めるという考えは西側の願望的思考であり、クレムリンの「強力な抑止力」はむしろその権威を増強している」と主張した。これはまさにロシアの市民の見方だ。

 中国は、6月25日(日曜日)にアンドレイ・ルデンコ副外務大臣が北京を訪れた重要な訪問の後、その結論に至った。堅固な戦略的パートナーシップはこんな風に実地に機能するものだ。


宣伝演技としての「反乱」

 議論の余地がないのは、これまでのところロスティスラフ・イシチェンコによって提供された「最長の日」の重要点についての説明が最も優れていることだ。

 世界の多数派は、プリゴジンの演技によって、結果的に、集団として西側が混乱し、困惑し、そして大きなショックを受けたことを喜ぶだろう:この出来事全体、ロシア社会と軍隊内に完全な混乱を引き起こすはずだったのではなかったのか?

 偽造された迅速な「反乱」が進行している最中にも、ロシアはキエフの軍勢を続けて攻撃し続けた。ちなみに、キエフの軍勢は「反転攻勢の主要な段階」が予定通り6月24日の夜に開始されると主張していたが、これは予想どおりもうひとつの嘘だった。

 ロシアの一般市民の視点に戻る。「反乱」(非常に入り組んだ陰謀の中で構築されている)が、結果的には(圧倒的多数のワグナー兵士たちではなく、司会進行役のプリゴジンによる)単なる軍事デモンストレーションだと広く解釈された。「反乱」は西側の仕組んだ宣伝であり、世界で消費される(結局は消えてなくなる)一連の絵であることが判明した。

 しかし、今後の状況は度外れに深刻化する可能性がある。

 ラブロフは、自己顕示欲の強いエマニュエル・マクロン(Le Petit Roi小さな王様)が、アメリカと同じく重要な役割を果たしていることを、再度、指摘した。「マクロンが、この出来事を通して、ウクライナがロシアに戦略的な打撃を与える可能性を実現する機会を見出していたのははっきりしています。この考えは、NATOの指導者たちが持ち続けている信念です」。

 キエフと西側集合体メディアと全く同様に、マクロンもモスクワに対して共同して働く「一つの機械」の一部だ、とラブロフは付言した。これはプーチンの発言と一致しており、彼はマクロンの日曜日(6月25日)の発言について、「西側の軍事、経済、そして情報機械(マスメディア)が一丸となって我々に敵対行動を取り始めています」と述べた。

 そしてそれは事実だ。


「長期的な経済封鎖」に賭ける

 もう一つの事実が、もっと不吉な雲を未来に広げている。

 誰も注意を払っていない間に、国家安全保障関係者の小さな会議が6月24日と25日の運命的な日にコペンハーゲンで開催された。

 彼らが「ウクライナの平和」について話し合っていたのは、ほぼ間違いない。その議長は、他ならぬ米国の国家安全保障担当補佐官であるジェイク・サリバンだった。

 その会議にはブラジル、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、デンマーク、インド、カナダ、サウジアラビア、トルコ、南アフリカ、日本、ウクライナが参加しており、主権を持たないEUの非常に有名な官僚もいた。

 G7の多数派とともに、BRICSの3つの国とBRICSに加入を希望している2つの国が並んでいることに注目してほしい。 この文脈では、「ウクライナの平和」とは、いわゆる10項目の「ゼレンスキー和平計画」を意味しており、それはロシアの戦略的な完全敗北を求めている。具体的には、1991年の国境内でのウクライナの復興と、モスクワによる巨額の「賠償金」の支払いを含んでいる。

 中国が参加していなかったのは驚くべきことではない。とは言え、BRICSの3つの国(最も弱い要素と呼ぼう)が参加していた。BRICSおよびBRICS参加希望国は、6つの「振り子国家」を構成している:ブラジル、インド、南アフリカ、トルコ、サウジアラビア、およびインドネシアだ。この「振り子国家」は、ウクライナに関しては、「行儀よくする」ように覇権国家(アメリカ)からに徹底的なハイブリッド戦争を熾烈に仕向けられたりand/or強制されたりする。

 さらに、第11番目のEU制裁パッケージもある。これにより、ロシアに対する経済戦争が全く新たなレベルに引き上げられることが、EU臨時代理大使のキリル・ログヴィノフの発言によって裏付けされている。

 ログヴィノフは、「ブリュッセル(EU本部)の意図はできるだけ多くの国をこの戦争に引き込むことだ。(・・・)ロシアに甚大な損害を与えることを目的とした電撃戦(訳注:「プリゴジンの反乱」)に失敗したので、わが国(ロシア?)に対する長期的な経済封鎖を確立することを目指した多重モードのゲームへと明確に転換している」と説明した。

 それは純粋なハイブリッド戦争の領域であり、主な標的は6つの「振り子国家」だ。

 ログヴィノフは、「EUは常に恐喝と強制を好む傾向があります。EUは多くの国にとって最大の経済パートナーであり、投資源や資金提供元でもあるため、ブリュッセルは圧力をかけるための十分な梃子(てこ)を持っています」と述べた。

 「そのため、制裁回避しようとする動きへのEUの戦いは長期的かつ妥協のないものになるでしょう」。

 さあ、EU式の国外制裁へようこそ。これには、禁止された商品をロシアに再輸出したり、あるいは、いわゆるロシアの原油価格の制限を考慮せずに原油貿易をおこなっていると「疑われる」第三国の企業をブラックリスト入りさせるというものが含まれる。


ベラルーシの太陽の下で楽しい時間

 安っぽいスリリングな出来事はたくさんあるが、「最長の一日」(そしてそれ以前の出来事)の主役(プリゴジン)の次の役割は何になるのか? それは重要なのか?

 中国の学者たちが好んで口にするのは、中国の混乱期(例えば漢末や唐末)では、戦争貴族が皇帝の指示に従わなかったことが常に原因だった、ということだ。

 オスマン帝国のヤニチャリ(当時のワグナー)は、スルタンを守り、スルタンの戦争を戦うために存在したはずだった。しかし、彼らは最終的にスルタンになる者を決定する立場になったのだ。ローマ皇帝を決定するようになったローマ帝国軍団しかり。

 中国人の忠告には常に先見の明がある:兵士をどのように使うかに注意すること。戦う目的を兵士たちに確実に信じさせる。さもないと、兵士たちは回れ右をして刃を向けてくる。

 そして、話は再びプリゴジンに戻り、彼の話も変化する(彼はこの件に関する専門家だ)。

 彼は、今、言っているのは、6月23日から24日は単なる「デモンストレーション」であり、彼の不満を表現するためのものだったということだ。主な目的は、ワグナー部隊がロシア軍より優位にたっていることを証明することだった。

 実際、誰もが次のことを知っていた:ワグナーの兵士たちは、リビア、シリア、中央アフリカ共和国、そしてウクライナで10年以上にわたって日々戦闘を続けてきた。

 だからこそ、彼は「ワグナーは抵抗に遭うことなく700キロ進んだ。もしロシアが最初から彼らに戦争を任せていたら、戦争は2022年2月24日の夜には終わっていたでしょう」と自慢することができたのだ。

 プリゴジンはまた、ベラルーシとの取引をほのめかしている。ワグナー部隊をベラルーシの管轄下に移す可能性を巡る戦争については、煙に巻きながら。NATOは今から戦々恐々だ。来月のヴィリニュスサミットで、膨張する軍事予算がさらに課されることが予想される。

 「ヴョルストカ」(「レイアウト」)によれば、ベラルーシ、モギリョフ地域にはすでに少なくとも8,000人のワグナー戦闘員を収容するための宿営地を建設中だ。

 その背後にある真の物語は、ベラルーシがかなりの期間、狂信的なポーランドからの攻撃可能性に備えているということだ。同時に、NATOをパニック状態に陥れるだけでなく、モスクワはリヴィウとキエフの間に新たな戦線を開くことを考えているかもしれない。

 ワグナー部隊がベラルーシにいることは完全に理にかなっている。ベラルーシ軍は厳密に言えば強力な軍隊ではない。ワグナー部隊はロシアの西部戦線を確保する。それはNATOに大きな地獄のふたを開けることになる。文字どおり、比喩的な言い方だが。そして彼らに莫大な金額を使わせるだろう。そして、ワグナー部隊は鼻歌気分でベラルーシの空港を利用し、西アジアやアフリカでの彼らの―新しいブランド名でのー活動を追求することができるだろう。

 「最も長い日」以降のすべての出来事は、連続ドラマの新たなドラマチックな筋書きの転機の一部であり、Netflixが提供するものよりもはるかに心が鷲掴みされるものだ。

 しかし、ロシアの大多数の世論が本当に期待しているのは、もう一つの滑稽な「ワルキューレの騎行」(訳注:リヒャルト・ワグナーの楽劇)ではない。彼らは、ソ連スタイルの官僚的泥沼状態のほんとうの改善と、この「ほぼ戦争状態」をできるだけ早く論理的な終結に持っていってほしいのだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント