fc2ブログ

ドイツにEUに拠出できる金はもうない―財務大臣

<記事原文 寺島先生推薦>
Germany has no more money for EU – finance minister
With its budget drained by Ukraine, the bloc is reportedly asking its members to contribute more
ウクライナ(支援)で予算が枯渇し、報道によると、EUはメンバー国に対してもっと金を出すよう求めている。
出典:RT  2023年6月16日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>  2023年7月1日



クリスチャン・リントナーは、2023年6月14日にドイツ・ベルリンで行われた記者会見に臨む©AFP / ミケーレ・タントゥッシより。


 ドイツは、EU予算にこれ以上金は出せないと、財務大臣のクリスチャン・リントナーは金曜日(6月16日)にディ・ヴェルト紙に語った。ドイツはEU最大の資金拠出国でありながら、経済の縮小に伴い、その削減を余儀なくされている。

 「国家予算の必要な削減を考慮すると、私たちは現在、欧州連合の予算に追加の貢献をすることができません」とリントナーはブリュッセルで記者に語った。また、他の加盟国も同じ認識に至っていると付言した。

 リントナーは、EUが2027年までの長期予算を使い果たしていることを説明した。これは、主にEUがウクライナに対して豪華な一連の援助を提供した結果だ。ブリュッセル(EU本部)の最新の数字によれば、ロシアのウクライナ侵攻が昨年2月に始まって以来、EUはキエフに経済的、軍事的、人道的援助として720億ユーロ(790億ドル)を提供している。

 この前例のない財源枯渇にもかかわらず、欧州委員会は、報道によると、ウクライナ経済を2027年までなんとか維持するためにさらに720億ユーロの一連の追加金融支援を準備しているとされる。リントナーによれば、委員会は来週にも加盟諸国に追加の資金を要求する報告書を公表する予定だ。




関連記事:EUの経済の原動力が低下している理由


 ドイツはEUに対する最大の資金供出国であり、2021年にはEU予算に214億ユーロ(234億ドル)を拠出した。一方、隣国のポーランドは最大の予算消費国であり、2021年には129億ユーロ(142億ドル)を受け取った。

 かつてはヨーロッパの工業の中心地であり、EUで最も強靭な経済と見なされていたドイツは、現在、安価なロシアのガスからの切り離しと高価な緑のエネルギーへの移行の結果、産業の縮小を経験している。ドイツ経済は今年の第1四半期に景気後退し、オラフ・ショルツ首相の政府は今月末に約200億ユーロ(218億ドル)の予算削減を発表する予定だ。

 しかし、予算案の採決は遅れる可能性がある。なぜなら、ショルツとリントナーの連立相手である緑の党の党員らは、支出削減ではなく税金の引き上げを主張しているからだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント