fc2ブログ

市場に登場する3Dプリントされた魚

<記事原文 寺島先生推薦>
3D printed fish set to hit the market
Around a third of global stocks are currently overexploited, analysts say
世界の魚の約3分の1は、現在、過剰に漁獲されていると分析家たちは言っている。
出典:RT 2023年5月1日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2023年6月27日



売り手がガザ市のガザ地区のアル=ムアスカル魚市場でいわしを見せている。いわしはその風味と手頃な価格から最も需要のある商品だ。2023年4月27日撮影。©ゲッティイメージズ/アリ・ジャダラ/アナドル通信社/Getty Images経由


 釣り竿を持って湖へ行かない時のために、あるイスラエルの会社が3Dバイオプリンティングを用いた独自の「新鮮な」魚を作る方法を開発した。この方法によると、魚はすぐに調理できるとのこと。

 Stakeholder Foods社は、幹細胞から3Dプリントされたハタのフィレを開発した。このフィレは、バイオプリンティング技術を用いて魚の形状に加工される。この製品は、Umami Meats社との協力のもと開発され、天然の魚と同じ味と食感を再現しており、今年後半にはスーパーマーケットの棚に並ぶかもしれない。

 「数ヶ月以内に、この世界規模で培養された魚を市場に提供する計画を発表する予定です」と先週のイスラエルでの試食会で、Umami Meats社のCEOであるミヒル・パーシャドは、The Telegraphを通じて語った。「最初の試食では、素晴らしい魚のようにフレーク状になり、口の中でとろけるような、まさに絶品の魚と同じ味がしました」と彼は説明した。



関連記事:研究者らは、自然の珊瑚礁を救い、温室ガス削減もできる可能性のある人工珊瑚に3Dプリントを施す

 この技術の発展には、特に食料不足という点で多くの利点がある。それだけではなく過剰操業という世界的な問題にも関係している。海洋の専門家たちは、世界の魚の約3分の1が現在過剰に漁獲されていると推定している。特にハタ科は絶滅の危機に瀕している、と考えられている。

 さらに、生物工学的に作られた魚は、従来の漁獲された海産物に影響を及ぼす可能性があるマイクロ・プラスチックなどの汚染物質が含まれていない。

 ハタのフィレは、魚の幹細胞と様々な栄養素を組み合わせて作られ、その後、生体インクに加工され、プリンターで印刷される。印刷の工程はわずか数分で行われ、その後、製品は直ちに調理して食べることができる。

 Stakeholders社は、ステーキやウナギなどの他のシーフードを含む、完全な切り身の3Dプリントされた肉にも取り組んでいる。2020年、ファストフード大手のKFCは、ロシアのバイオプリント企業と提携して人工のチキンナゲットを生産した。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント