fc2ブログ

30,000ドルの学生ローンから逃れるために中国へ

American who fled to CHINA from $30k in student loans
21 Jun, 2019 02:43 / Updated 5 months ago
(翻訳:寺島メソッド翻訳グループo. 2019年12月16日)
<記事原文>寺島先生推薦

79-1

© Reuters / Randall Mikkelsen

「何百万人ものアメリカ人が学生ローンの重さで苦しんでいますが、政府はそういう事態を何とかしようとするよりイランを爆撃したいと考えているのです」とRTに語るのは、自分が抱えた首が回らないほどの学生ローンから逃れようと中国行きを決めた大学院生だ。 

チャド・オルブライトは、2007年末にペンシルベニア州の中規模の公立大学であるミラーズビル大学で広報学の学位を取得した。 時期的には最悪だった。30、000ドルの学生ローンを抱え、オルブライトが仕事に就いたのは、前例のない住宅ローン危機により、アメリカ経済が不況に陥った、まさにその時だった。

仕事の見込みがほとんどないため、オルブライト氏選択肢が限られていると述べた。

「大学卒業者がこんなにいるのに、十分な仕事がありません。低賃金のサービス部門は別ですが」とオルブライトはRTに語った。 「学生ローンを返済するだけでは不十分で、卒業後6か月以内に返済を開始するよう政府から要求されます。」

It’s kind of like being in a debtor’s prison.
「債務者刑務所にいるみたいです」

じきに電話攻勢がかかるだろう。債権者たちは、オルブライトの電話を鳴らし続け、何とか集金をしようとする。 しかし、「ない袖は振れない」と彼は債権者たちに言ったのだった。

ALSO ON RT.COM 'Deaths of despair' soaring among Gen Z & millennials: 'It's the economy, stupid'
「ローンの返済など、できようはずもありませんでしたし、債権者たちは私たちに金がないことをよく知っていました。でもそんなことはどこ吹く風です。教育省の電話は鳴り続け、鳴り止まず、もうウンザリでした。」

そんな目に遭っているのは、オルブライト一人ではない。フォーブスは2月の報告によれば、約4,400万人のアメリカ人が合計1.5兆ドルの学生ローンの負債がある。総額は2022年までに2兆ドルに急増すると予想されている。平均して、一人当たりは約30,000ドルの負債だが、200万人以上の学生に10万ドル以上の負債がある。
住宅ローンやクレジットカードの債務など、他の金融債務とは異なり、学生ローンは通常の状況では破産によって免責されない。 1998年に可決された法律は、債務者が免除を受けるために「過度の困難」を証明することを要求している。


ALSO ON RT.COM Till debt do us part: Tuition loan burden is literally killing US college grads

何年もの、実りのない就職面接の後、オルブライトは匙を投げ、2011年に、家から約7,000マイル離れた中国への片道切符を予約した。

.
現在、借金の負担のために国を逃れた学生の数を追跡する全国的なデータベースはないが、他のいくつかの有名な事例がニュース報道に登場している。


中国到着後、仕事を見つけるのは難しくなかった、とは彼の言葉だ。 中国では英語教育が「急成長ビジネス」だったからだ。 アジアで2年間教えた後、オルブライトはウクライナに定住することを決め、そこでさらに多くの雇用機会を見つけたと言っている。

国外居住している彼に、すぐ米国に戻る計画はないが、彼はまだ学生ローン制度を何とかしてほしいと思っていて、彼のケースが彼の母国での議論の促しになることを望んでいる、と言っている。
「これがアメリカ上院、下院の指導者たちの注意を引くようにしたい」とオルブライトは言った。 「これはとてつもなく大きな問題です。それなのに、私たちの政府は5000万人のアメリカ人に影響を与えている深刻な問題を修正するよりも、イランと戦争をしたいようです。それがウンザリなのです。」
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント