fc2ブログ

グーグル社が情報操作:英国の50歳未満へのブースター接種中止の速報を隠蔽

<記事原文 寺島先生推薦記事>

Google hides breaking story about UK pausing boosters for under-50s
Similar searches on alternative search engines yield relevant results

他の検索エンジンで類似の検索をした場合は、関連する結果が得られる。

筆者:ユーディ・シャーマン(Yudi Sherman)

出典:Frontline News 

2023年1月27日

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2023年2月9日

i_Stock_1169427542_b72fc9ff25.jpg


 英国が50歳未満への新型コロナウイルス感染症のブースター接種を段階的に中止するという速報は、世界最大の検索エンジン(Google)で見つけることができません。

 英国の国民保健サービス(NHS)は水曜日(1月25日)、新型コロナウイルス感染症のリスクがない50歳未満の人は、2月12日以降、新型コロナウイルス感染症のブースター接種を受けることができなくなると発表しました。

 「NHSは2月中旬以降も、小規模なワクチン提供を継続し、1回目と2回目の接種対象者が確実に接種できるようにする」と、マリア・コーフィールド保健相は述べています。

 エポック・タイムズ紙によると、若年層に対するブースター接種の終了勧告は、「予防接種と免疫に関する合同委員会(JCVI)」から出されたもので、リスクのない人には一次接種(初回接種)を段階的に終了することも勧告しています。JCVIは今年末までに終了することを推奨していますが、より健康な集団に対する一次接種の終了日は設定されていません。

 「現在のデータによれば、これらのグループに対してブースター接種(3回目)の提供を続けることは、継続する価値が限られていて、ワクチン接種への全体的な影響は無視できると考えられている」と委員会は述べています。

 ハフィントン・ポスト紙*ザ・ミラー紙ザ・サン紙などの主要メディアもこの話を報じていますが、グーグルで「英国が50代以下の人のワクチンを中止」または「英国が50代以下のブースター接種を中止」で検索しても、この記事の公開時点では関連する結果は出てきません。しかし、ダック・ダック・ゴーで同様の検索をすると、関連する結果がいくつか表示されます
* 2005年設立のアメリカの独立系インターネット新聞

 グーグル社は、グローバリストの工作員のための政治的な拡声器であることと、新型コロナウイルス感染症のワクチンに対しては肯定的な扱いだけを行うことを公にしています。

 昨年、グーグル社は、人権団体『アメリカズ・フロントライン・ドクターズ』のウェブサイト『AFLDS.org』の検索順位を下げると通告しましたが、その理由は、メンバーの専門的医学意見が新型コロナウイルス感染症に関する連邦政府が決めた科学の意見と衝突していたためでした。

 10月、グーグル社は、メディアの報道管制に 関与して、「巨大製薬会社は、ワクチンが市場に出たとき、感染を止めるかどうかわからない」というファイザー社の幹部による爆弾証言の掲載を拒否しました。この記事を書いた時点でも、グーグルが最初のページに表示するのは、この記事の中身を薄めようとする事実確認だけです。

 このハイテク企業は、連邦政府が決めた科学に異議を唱える他のウェブサイトに対しても、ユーチューブからの停止、検索順位降下、広告の非掲載など、同じことを行ってきました

 9月、グーグル社は、ティム・ライアン下院議員(民主党)が、トランプの支持者に言及して「あの運動に大きなダメージを与えて、やっつけたい」と発言したことを検索結果から隠しました。代わりにグーグルは、民主党を怒らせた共和党議員に関する古いメディアの記事や、ジョー・バイデンの分断的な話を載せました。

 同じ月、国連職員は、グローバリストの組織がグーグルと提携して、国民に「気候変動」の物語を聞かせたことを自慢しています

 しかし、グーグル社の新型コロナウイルス感染症の活動は、同社の検索エンジンだけに留まりません。マサチューセッツ州に対して起こされた集団訴訟によると、この大企業はマサチューセッツ州保健局(DPH)とも協力し、100万台以上のアンドロイド・スマートフォンに侵入して連絡先を追跡しています。

 グーグル社の検閲は、グーグルマップなど、他の製品にも及んでいます。

 8月、アメリカのフロントライン・ニュースが報じたのは、民主党議員の協力のもと、ユーザーが自分のいる場所で中絶関連サービスを検索しても、グーグルマップに「危機妊娠センター*」が表示されなくなるということでした。「危機妊娠センター」は、母親が妊娠を完遂できるよう金銭的・医療的支援を提供しています。
* 妊婦に人工妊娠中絶の手術を受けないよう説得するために設立された非営利団体の一種。

 グーグル社は、どのコンテンツを検閲するかについて、政府高官と定期的に会合していることを認めています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント