fc2ブログ

ツイッター文書で明らかになった政府言論統制の拡大 (調査報道記者マット・タイビ)

<記事原文寺島先生推薦>

Twitter Files revealed growing government control – Matt Taibbi
US federal agencies' influence over the platform grew before the 2020 election, the journalist outlined

2020年の選挙を前に、ツイッター社への米連邦政府機関の影響力が拡大したと、ジャーナリストが指摘した。

出典:RT

2023年1月21日

<翻訳 寺島メソッド飜訳グループ>

2023年2月9日

63cc3a4385f540796177c7d1.jpg
カリフォルニア州サンフランシスコにあるツイッター本社の看板(2022年12月8日) © AP / Jeff Chiu


 調査報道記者のマット・タイビは、ツイッターファイルの調査中に、ソーシャルメディアのプラットフォームであるツイッター社に対する政府の支配が強められた過程を発見したと、土曜日(1月21日)の「The Whistleblowers(内部告発者)」という番組内で、RTのジョン・キリアコウに語った。

 イーロン・マスクは10月にツイッター社を440億ドルで買収して以来、これまで不透明だった同プラットフォームの検閲政策に光を当てる文書を次々と発表し、それぞれの文書の山を解読するために独立系ジャーナリストを起用してきた。独立系ジャーナリストのマット・タイビが最初に選ばれ、ハンター・バイデンのラップトップに関する報道を抑えるための全社的な取り組みを明らかにする通信を公開した。 その内容は、多くの外国の汚職計画にバイデン一族が関与していることを示していた。

 「私はその話自体にはあまり興味がなかったのです」とタイビはキリアコウに語った。「私が本当に関心があったのは、ツイッターと連邦法執行機関、そしておそらくFBIや国土安全保障省、ホワイトハウスの背後にいる機関との間に、どの程度の連携や共同作業が存在しているのかという疑問でした。」


63c6643385f5400a707ac474.jpg
関連記事::大手製薬会社は、Covid-19ワクチンの値段を安くする呼びかけを検閲するよう働きかけた。(Twitter文書)


 2021年の始めにドナルド・トランプ大統領(当時)のアカウントを禁止したツイッター社の決定を調査している間に、タイビはツイッター社の幹部間のインスタントメッセージ*に気付き始めたという。「メッセージの上部に「これはDHS(国土安全保障省)による警告です、これはFBIによる警告です」という小さな但し書きが書かれていたのです。」
*インスタント・メッセージ(IM)は、リアルタイムにちょっとしたメッセージをやりとりできるコミュニケーション・ツールである。電子メールと異なり、会話をするような感覚で利用できる。メモ代わりに利用でき、相手が開封したかどうかがわかるのが特徴である。

 「そのことからすぐにわかったことは、ツイッター社が連邦法執行機関から来た要求を処理する仕事をしていたという重要な事実です」と、彼は述べた。

 タイビは、2020年の選挙に向けて、Twitterが停止すべき数千のアカウントのリストを受け取っていたことを発見した。これらのリストはFBI、CIA、NSA、ペンタゴン、国務省、財務省などから同社に渡され、時にはエクセルの表計算ソフトの形で届き、従業員は問答無用でアカウントを禁止することが求められていた。

 「あまりに多くの依頼があり、一日ごとに一まとめずつ受け取っていたが、その処理が完了するとチャットで拍手が起こっていた」とタイビはキリアコウに語っている。

 あるとき、国務省から、いわゆるロシアの「偽情報」を流したとして禁止すべきアカウントのリストを受け取ったとき、国務省は何の証拠も示していないのだから、何も行動を起こすべきではないとツイッター社の社員が主張したことがあった。しかし、以前CIAで働いていたツイッター社の幹部は、同サイトの「政府要員からの検閲要求がより攻撃的になっている」ので、とにかくアカウントにフラグ(警告)を立てるよう指示したのである。

関連記事:「ロシアのボット」という主要な主張は虚偽だった。(Twitter文書)

 「この時の決定が、ツイッター社が基本的に『これ以上ノーと言えない』と悟った瞬間の一つであり、重要でした」とタイビは説明している。

 タイビがハンター・バイデンのラップトップに関する最初の記事を発表して以来、さらなる報道により、ツイッター社が米軍による「オンライン上での影響力向上キャンペーン」を支援し、複数の米情報機関に代わって「反ウクライナ言説」を検閲し、ホワイトハウスに代わってCovid-19の「正当な内容の文書」を抑制し、「ロシアゲート」のデマに加担していたことが明らかになっている。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント