fc2ブログ

ファウチの嘘のせいで人々が死んでいる---イーロン・マスク談

<記事翻訳 寺島先生推薦>

Fauci lied, people died – Musk
“My pronouns are Prosecute/Fauci,” the new Twitter boss has announced

「私の代名詞は、“ファウチを起訴せよ”だ」と新しくツィッター社の最高責任者になったマスク氏が発表

出典:RT

訳注:マスク氏が「代名詞」という言葉を持ち出したのは、性の多様化問題で、heやsheなどの性別代名詞についての議論が白熱化している状況を揶揄するためだった。

2022年12月12日

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2022年12月25日


©  Chip Somodevilla / Getty Images
 
 テスラ社とツィッター社の最高責任者を兼任するマスク氏の発言が、12月11日(日)、SNS上での大炎上を呼んだ。マスク氏は、Covid-19皇帝であるアンソニー・ファウチ博士を捜査の対象とすべきであり、起訴すべきであると主張したからだ。 その根拠は、ファウチ博士が、国会の宣誓証言で、中国の武漢の研究所に資金援助をしたことについて、嘘の証言をしたとされていることだ。

 当初は、マスク氏がただふざけて笑いを取ろうとしているだけのように思われていた。マスク氏がまずあげた投稿は、もうすぐ退任する大統領首席医療顧問のファウチ博士が、ジョー・バイデン大統領の耳元で、「我が王よ、今ひとたびのロックダウン措置を」と囁いているネタだったからだ。

 しかし、ファウチ博士の名前が60万以上の件数で呟かれ、トレンド入りした後に、マスク氏はその件について詳しく述べないといけないと感じたに違いない。それでマスク氏は、ファウチ博士主導による米国のCovidの大流行に対する対応がなぜ捜査の対象になるべきなのかについての自身の考えを述べたのだ。

  「ファウチは議会で嘘の証言をしたじゃないか。奴は機能獲得研究に金を出していたんだから。その研究のせいで何百万もの人が亡くなることになったんだ」とマスク氏は、ある批判の声に対してこうツイートしていた。さらに「これは私の意見だが、ファウチは立派な人物なんかじゃない」ともツイートしていた。



 81歳のファウチ博士は、今月(2022年12月)末に引退することになっているが、彼は賛否両論ある米国の Covid対策を主導してきた人物だ。その米国の対策といえば、ファウチ博士が出す指針により二転三転してきた。例えばマスクの件や集団免疫獲得の件などがそうだった。ファウチ博士がバイデン大統領の首席医療顧問とNIH(米国国立衛生研究所)の国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の所長を辞任すると発表した直後に、ランド・ポール米国上院議員は、バイデン政権に、この先行われる可能性のある捜査のために、文書や書簡類を保存しておくよう求めていた。



 「ファウチ博士の退任を、この世界的流行の起源についての捜査を完全にやり遂げる障害にすべきではありません。ファウチ博士には、博士が関わっていた武漢の研究所からのウイルスの漏洩の件に関して、宣誓のもとでの証言を必ず行わせる必要があります。ファウチ博士が取ってきた対策のせいで多くの人々が亡くなっているのです」 とポール議員はツイートしている。



 同上院議員は以前、武漢の研究所での機能獲得研究に公的資金を投入させた責任者であるとして、ファウチ博士を非難していた。さらにファウチ博士が議会での宣誓証言で嘘の証言をしたことでも非難していた。この件に関して両者は、上院の公聴会で何度もやり合っている。


関連記事:Senator lays groundwork for potential Fauci probe

 機能獲得研究とは、病原体を変異させ、様々な点においてこの病原体を強化させるために行われるもので、具体的には、感染力の強化などだ。このような研究が行われる根拠は、科学者たちが新種の菌株を研究でき、そのような新種の菌株に似た菌株が自然界で発生した際に、その菌株を阻止する方法を発見するためだとされている。

 中国の研究所からコロナウイルスが漏洩したのでは、という「研究所漏洩説」を世間に広めたのは、ドナルド・トランプ前大統領だ。トランプ前大統領が、中国との間で貿易摩擦が生じていた際に、そのような主張をしたのだ。 米国の主要なメディアやSNS業者は、当初からそのような説を「偽情報」であると決めつけ、世間の議論の対象にならないよう抑圧してきた。しかし、マスク氏がツィッター社を買収した後、同社はCovid-19に関する「誤解を招くような偽情報を阻止する」指針を中止している。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント