fc2ブログ

「白紙小切手」をめぐる対話から見えるもの―「共和」「民主」は同じ穴の狢。ウ露の戦火は絶やさぬが、米国への飛び火はお断り

<記事原文 寺島先生推薦>

Biden comments on ‘blank check’ for Ukraine

The US leader insists on “uninterrupted” weapons supplies to Kiev
米大統領、キエフへの武器供給を「中断しない」と主張

出典:RT

2022年11月10日

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2022年11月12日



写真。米国が供給したM777榴弾砲からロシア軍に発砲するウクライナ軍兵士(2022年6月18日) © AP / Efrem Lukatsky


 バイデン米大統領は、ウクライナに対するアメリカの援助は無期限に継続されるとの見通しを示したが、共和党の批評家たちが、同政権が許可した数十億ドルの武器輸送と現金給付を非難した後、同国への援助には限界があると主張した。

 バイデンは、援助が「途切れることなく」継続されるかどうか尋ねられ、記者団に「それが私の期待だ」と述べるとともに、一部の共和党議員から、米国のウクライナへの援助は過剰であるとの非難に反論した。

 「ところで、我々はウクライナに白紙小切手を出したわけではありません。ウクライナが望んでいることで、我々がやらなかったこともたくさんある」と水曜日(11月9日)に述べ、キエフが自国の空を守るためにアメリカの戦闘機を要求したことに言及した。

 「私は、いや、そんなことはしない、と言った。我々は第三次世界大戦に突入し、ロシアの戦闘機と直接交戦するつもりはない」と彼は続け、ワシントンも特定の長距離攻撃可能兵器を拒否したと付け加えた。「私はロシア領土を爆撃し始めることを求めているわけではないので」。


関連記事:ウクライナは米国をロシアとの紛争に引きずり込もうとしている―大使

 今週の中間選挙を前に、共和党のケビン・マッカーシー下院議長は、同党が議会を掌握すれば、キエフはもはや「白紙小切手」を受け取ることはないだろうと宣言した。しかしバイデンは、この共和党議員が「ウクライナの正当な防衛上の必要性に資金を提供しないと主張する同僚が過半数いるとまで言うなら、それは"驚き"であろう」と述べた。

 記者会見では、大統領がロシア軍は「ファルージャから撤退している」と発言し、イラクの都市をへルソンと勘違いしたようで、訂正する場面もあった。

 軍当局によれば、モスクワは水曜日(11月9日)に同市からの撤退を発表し、兵士と民間人の命を守るためにドニエプル川沿いに新たな防衛線を設置することにしたという。

 バイデンはまた、キエフが和平交渉の一環として領土を譲歩する可能性を示唆したように見える最近の発言についても問われ、そのような提案はしていないと否定した。


関連記事:NATOはロシアを「過小評価」してはならない―ストルテンベルグ

 「ウクライナ人次第だ。ウクライナ抜きでウクライナのことは何もできない」と述べ、政権の常套句を繰り返した。また、以前「妥協」について語ったものの、具体的なアイデアがあったわけではないとも付け加えた。

 「私は、...彼らは双方とも傷を癒やし、この冬の間に何をするか決め、妥協するかどうかを決めるつもりだと言った。それが、これから起こることだ」とバイデンは続けた。「彼らがどうするかはわからない。しかし、ひとつだけ言えることは、我々は彼らが何をしなければならないかを指示するつもりはないということだ」と述べた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント