fc2ブログ

イスラエルはアメリカのやり方を模倣しているにすぎない

<記事原文 寺島先生推薦>
How Israel Copied the USA
筆者:ユハンナ・ハダド (Youhanna Hadda)
出典:INTERNATIONALIST 360°2024年2月21日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月4日


2067.jpg


シオニズムはパレスチナに定着したが、この運動はパレスチナで生まれたわけではない。シオニズムは輸出されたイデオロギーであり、英国の庇護のおかげで中東に足場を築いたにすぎない。近代シオニズムの父であるテオドール・ヘルツルは、世俗的なオーストリアのユダヤ人であり、神学を使って植民地支配の野望を主張したわけではない。むしろ彼は、ユダヤ人は異邦人国家では自由に生きることができず、反セム主義(=反ユダヤ主義)から逃れるためには自分たちの国家が必要だと主張した。

ヘルツルの大著『ユダヤ国家』(Der Judenstaat)は、この国家の樹立が植民主義的な試みであることを繰り返し述べている。彼の植民地戦略は、イギリスの資本家の利益のために南アジアから何兆ドルもの金を略奪した悪名高い東インド会社のような「ユダヤ人経営会社」の構想を中心に展開された。

ヘルツルは言葉を濁さなかった。彼は『ユダヤ国家』の中で10回以上も「植民地」と「植民者」を使って自分の野望を表現した。彼は、どんなに貧しいユダヤ人入植者たちも「最も精力的な征服者になるだろう、なぜなら偉大な事業の形成には少しの絶望が不可欠だからだ」と述べた。ヘルツルは、ヨーロッパ系ユダヤ人は、自分たちがアラブ系住民よりも法的に優位に立てるという保証がなければパレスチナには来ないだろうとさえ考えていた:

「移民は、確実な優位性に基づかない限り、結果的に無益である」。


ヘルツルはまた、シオニストの入植地を、アメリカにおける「新しく開放された領土の占領」と直接比較している。尋常とは言えない修辞的類似もある。シオニストもヨーロッパ系アメリカ人の入植者も、原住民を征服し、移住させ、排除することを正当化するために、優位性を主張する。例えば、『デイリー・ワイヤー』紙のベン・シャピロは、イスラエルの暴力的なヨルダン川西岸入植キャンペーンを人種至上主義的な言葉で正当化している:

「イスラエル人は物を作るのが好きだ。アラブ人はガラクタを爆破して野ざらしの下水に住むのが好きだ。これは難しい問題ではない。#セツルメントロック」


シャピロの表現は、啓蒙思想家ジョン・ロックの表現とよく似ている。彼は、神が「勤勉で理性的な者」のためだけに土地を創造したと信じていた。ヨーロッパ系アメリカ人の入植者たちは、自分たちが先住民を暴力的に追い払ったことを正当化するために、ロックの言葉を引用した。この暴力は植民地主義と切り離せない。

シオニストは、パレスチナ人を服従させることなしに国家を建設することはできなかった。そしてパレスチナ人は、シオニスト国家の庇護のもとでは、自分たちの主権と文化的アイデンティティを維持することができなかった。こうしてパレスチナの民族解放闘争が始まり、パレスチナの土地の確実な収奪は今日まで続いている。

すべての国家には、自決権と帝国主義の侵略からの自由がある。シオニスト国家(イスラエル)は、西側帝国主義の自由民主主義国家に全面的に支持された、世界最後のアパルトヘイト国家のひとつである。イスラエルとその同盟国は、この地域で自分たちの意思を貫くためなら、暴力を行使することも厭わない。したがって私たちは、パレスチナ人の自決への純粋で完全な非暴力の道という幻想でしかない考えに目隠しされるわけにはゆかない。

マルコムXが説明したように、「非暴力について:残忍な攻撃の絶え間ない犠牲者であるときに、自衛しないことを教えるのは犯罪である」。この彼の言葉はまさに今のパレスチナ人に向けられている。シオニスト国家の植民地的暴力とパレスチナ人の自衛権の間には、道徳的な等価性はない。被抑圧者には、自分たちを公然と破壊しようとする者たちに抵抗する否定できない権利がある。ワルシャワ・ゲットーのユダヤ人たちが、自分たちを抹殺しようとするナチスに勇敢に抵抗したように、パレスチナ人たちは、自分たちを抹殺しようとするシオニスト勢力に抵抗している。

今日のシオニストのように、アメリカの指導者たちは先住民の抵抗を中傷する長い伝統を持っている。進歩的であるように思われていたセオドア・ルーズベルト大統領は、アメリカ西部の征服を正当化するために、誇らしげに次のような嘘を吐いて言った:

「死んだインディアンだけが善良なインディアンだとまでは思わないが、10人中9人は善良だと思う。10人目のケースについてはあまり詳しく調べたくない。最も悪質なカウボーイでも、平均的なインディアンよりも道徳的な原則を持っている」。


明らかに、ルーズベルトはアメリカの原住民をほとんど考慮していなかった。アメリカ軍がサンディ・クリークでシャイアン族とアラパホ族の女性と子供たちをいわれのない虐殺を行なったことについて演説したとき、ルーズベルトはそれが「フロンティアでこれまでに行われた中で最も正しく有益な行為」であると宣言した。ルーズベルトは著書『The Winning of the West(西部開拓の勝利)』の中で、先住民虐殺の犠牲者に対するいかなる同情も嘲笑した:

「正気で健全な考えを持つすべての人々は、この大陸をこれら散在する野蛮な部族のために保留すべきであるという申し立てを、鼻であしらって退けなければならない・・・すべての戦争の中で最も究極的に正しいのは、未開人との戦争である・・・アメリカ人とインディアン、ボーア人とズールー人、コサックとタタール人、ニュージーランド人とマオリ人・・・いずれの場合も、勝者は、多くの行為は恐ろしいものであるが、将来の強大な民族の偉大さの基礎を深く築いた」。


ルーズベルトが骨の髄までシオニストであったことは驚くに値しない。白人の有色人種の土地を暴力的に収用する固有の権利に対する彼の信念は、シオニストの使命と完全に一致する。イスラエルの建国者たちは、自分たちの民族国家を作るために必要なこと、すなわちアラブ人の完全な排除について幻想を抱いていなかった。イスラエルの初代首相デービッド・ベン=グリオンは、シオニズム計画に対してアラブ諸国が不合理な行動をとっていると非難しなかった。彼はシオニストの使命がこの地域におけるパレスチナ人とアラブ人の生存と直接対立していることを知っていた。

「私たちの間では真実を無視することはやめよう・・・ 政治的には、私たちが攻撃者であり、彼らは自己防衛している・・・パレスチナは彼らのものだ。なぜなら彼らがそこに住んでいるからだ。一方、私たちはここに来て定住したいと考えており、彼らから見れば、私たちがパレスチナを奪おうとしているということなのだ」。


現代のシオニストは、シオニズムに対する抵抗の原因を「ユダヤ人を虐殺しようとする・・・あまりにも多くのパレスチナ人」のせいにしているが、ベン=グリオンはそのような妄想を抱いていなかった:

「もし私がアラブの指導者だったら、イスラエルとは決して協定を結ばないだろう。彼らの国を奪ったのだから。神が私たちに約束したのは事実だが、私たちの神は彼らの神ではない。反ユダヤ主義、ナチス、ヒトラー、アウシュビッツがあったが、それは彼らのせいではない。私たちがやってきて、彼らの国を盗んだのだ。どうしてそんなことを彼らは受け入れるだろうか?」


ベン・グリオン自身の言葉が、イスラエル-パレスチナ問題は「複雑」だという嘘を打ち砕く。それは盗みとジェノサイドであり、それ以上でもそれ以下でもない。そしてシオニストは、犠牲者の人間性を奪うことによって、これらの犯罪を正当化する。このように、シオニズムは間違いなく入植者植民地主義であり、人種至上主義のイデオロギーである。私たちはそんなものは拒絶しなければならない。

企業系メディアが「野蛮なアラブ人」との決まり文句を広め続けている。が、歴史上すべての先住民解放運動が同様の方法で中傷されてきたことを忘れてはならない。パレスチナ側に立つ者を、反ユダヤ主義者やテロ支援者として、現在、権力側は非難している。しかし、歴史は、シオニストの章が遠い過去になったときに、私たち言い分を好意的に思い出すことになるだろう。

________________________________________
ユハンナ・ハダッドは、アラブ系ディアスポラの北米マルクス主義者。彼は著作を通じて、人種資本主義を支持する西側のリベラルな教義と戦うことを目指している。
関連記事
スポンサーサイト



アサンジは米国に移送されれば拷問と自殺の危険-国連

<記事原文 寺島先生推薦>
Assange faces torture and suicide in US – UN
ウィキリークスの創設者であるアサンジは英国からの送還が認められれば、175年の服役が待っている
出典:RT 2024年2月7日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>2024年3月5日


2101-1.jpg
ジュリアン・アサンジは2019年4月11日、英国ロンドンのウェストミンスター治安判事裁判所に到着した際、警察車両からメディアに身振り手振りで応対した。© Getty Images/Jack Taylor/Getty Images


国連の拷問に関する特別報告者は、英国当局に対し、ジュリアン・アサンジをスパイ容疑で米国に引き渡さないよう求めた。国連の専門家であるアリス・ジル・エドワーズは火曜日(2月6日)、ウィキリークス創設者(ジュリアン・アサンジ)の精神状態が不安定であるため、英国が米国に引き渡せば人権法に違反する可能性があると警告した。

今月予定されているアサンジの身柄引き渡しに対する最終的な上訴を前に、エドワーズは、アサンジは「不安定な精神衛生状態」にあるので、彼を米国に移送すれば彼の健康を危険にさらすことになると警告している。

「ジュリアン・アサンジは長年のうつ病の再発に苦しんでいる」と、エドワーズは火曜日(2月6日)に国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のウェブサイトに掲載された声明の中で述べた。「彼は自殺する危険性があると思われる」。

現在52歳のアサンジは、2010年に米陸軍情報工作員チェルシー・マニングからの一連のリーク情報を公開し、それは史上最大の機密文書公開と呼ばれ、国際的に注目を浴びるようになった。彼は一連のスパイ容疑で有罪判決を受けた場合、最高175年の懲役刑が待っている。

2101-2.jpg
関連記事:オーストラリア首相、アサンジの訴追を非難

エドワーズは、アサンジは「独房に長期間入れられる危険性」もあり、引き渡しが承認された場合、米国の法廷で「不釣り合いな量刑」を受ける可能性もあると語った。

彼女はまた、イギリス政府に対し、「拷問やその他の残虐、非人道的または卑劣な取り扱いや処罰をする国への送還を禁止するラフールマン条約を完全に守る」よう要請した。

アサンジの身柄引き渡しに関する最終決定は、2月20日と21日にロンドンの高等法院で下される見込みだ。アサンジ容疑者は、ウィキリークスを通じて機密文書を流出させたとして、米国で18件の刑事責任を問われている。

アサンジは、米軍の不正行為を暴いたことで迫害されている反体制派の英雄であり、彼の訴追はジャーナリズムと言論の自由に対する攻撃であるとして、彼の支持者たちから称えられている。

「この4年半は、ジュリアンとその家族(幼い2人の息子を含む)に多大な犠牲を強いてきました」と、アサンジが獄中で結婚した妻ステラは昨年述べている。「この罪のないジャーナリストと出版者に対する迫害は終わらせなければなりません」

アサンジは2019年から英国で拘束されており、現在はロンドンのベルマーシュ刑務所に収容されている。拘束される前、彼はエクアドルから政治亡命を認められた後、イギリスの首都にあるエクアドル大使館で約7年間を過ごしていた。
関連記事

最大規模のCOVID-19ワクチン研究の結果、神経疾患との関連が判明

<記事原文 寺島先生推薦>
Largest Covid vaccine study yet finds links to neurological conditions
約1億人のデータにより、予想される副反応と実際観察された副反応を比較した。
出典:RT 2024年2月19日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年3月4日


2076-1.jpg
ファイル写真© Getty Images/Toshe_O


8か国、9900万人を対象としたビッグデータ調査から、COVID-19ワクチンによる様々な副反応の発生率が予想より高かったことがわかった、と世界ワクチンデータネットワーク(GVDN)が月曜日(2月19日)に発表した。

この研究は、2月12日に医学誌『ワクチン』誌に初めて掲載されたもので、「特別な関心を引く」13件の神経や血液、心臓関連の症状を調査した。この研究の研究者らは、8か国の10地区からワクチン接種を受けた9906万8901人を調査した。
「この研究が多数の治験者を対象にしていたことにより、従来はほとんど起こらないとされていたワクチン副反応への「注意信号」を特定できる可能性が高まった」と同研究の代表者であるデンマーク・コペンハーゲンのスタテンス血清研究所クリスティナ・ファクソバ氏は記載した。

GVDNによると、この研究では、ファイザー/バイオNテック社製 (BNT162b2) およびモデルナ社製 (mRNA-1273) ワクチンの予防接種を受けた人々の間で、心筋炎 (心筋の炎症) および心膜炎 (心臓嚢の炎症) の発生率が予想よりも高いことが観察された、という。

モデルナ社製のワクチンでは急性播種性脳脊髄炎(ADEM、脳と脊髄の炎症と腫れ)の発生率も高く、予想では最初の接種から42日以内で2件だと思われていたが、実際は7件の事象が観察された。

2076-2.jpg
関連記事:Russia changes mandatory Covid-19 vaccination rules

mRNAワクチンは最初の3回接種いずれも、心筋炎を起こす「注意信号」が、「一貫して見ら」れ、2回目の接種後にその割合が最も高くなったことがあきらかになった。心膜炎を起こす「注意信号」についても、mRNA-1273ワクチンの1回目と4 回目の接種後や、オックスフォード/アストラ ゼネカ (ChAdOx1) ウイルス・ベクター・ワクチンの3回目の接種後にも観察された。

ChAdOx1の接種者のなかで、ギラン・バレー症候群(GBS)の発生件数が、予想76件に対し190件観察され、脳静脈洞血栓症(CVST、脳内の血栓の一種)の発生が予想21件に対し69件観察されたことが、この研究で明らかになった。

GVDNは、その結果を「インタラクティブ・データ・ダッシュボード」上で一般公開しているが、相関関係を深読みしすぎないこと、ワクチンは安全で効果的である、とのただし書きをつけている。

GVDN共同代表であるヘレン・ペトウシス・ハリス博士は、「データ・ダッシュボードを一般公開することで、医療部門や一般の人々への情報の透明性を高め、情報共有をさらに高めることができます」と述べた。

この研究はGVDNの「世界規模のCOVID-19ワクチン安全性計画」の一環であり、この資金は全額、米国疾病予防管理センター(CDC)からの1000万ドルの助成金によって賄われている。
関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント