fc2ブログ

ロシアがウクライナ紛争で負けることは、「全くありえない」– マスク氏

<記事原文 寺島先生推薦>
‘No way in hell’ Russia will lose Ukraine conflict – Musk
米国による資金援助はウクライナ国民にとって「良くない」とテスラ社とスペースX社のCEOが発言
出典:RT 2024年2月13日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年2月16日


2019-1.jpg
テスラ社とスペースX社のイーロン・マスクCEO © AFP / Leon Neal © © AFP / Leon Neal


テスラ社とスペースX社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、ロシアがウクライナとの紛争で敗北を喫するなど「ありえない」と述べた。

世界で最も裕福な人物の一人であるマスク氏は月曜日(2月12日)、自身のソーシャルメディアプラットフォーム「X(旧Twitter)」の一部であるXスペース上でウクライナ政府に対する米国による追加援助を提供することを目的とした上院法案についての議論のさなかで、この内容を投稿した。

同氏の主張には、ロン・ジョンソン共和党議員、J.D.ヴァンス氏、マイク・リー氏、元ヴィヴェク・ラマスワミ共和党大統領候補、起業家のデービッド・サックス氏など、ウクライナへのさらなる資金提供に反対する他の多くの人々も賛同した。

「この支出はウクライナを助けるものではありません。戦争を長引かせることはウクライナにとって何の役にも立ちません」とテスラ社とスペースX社の代表である同氏は語った、とブルームバーグ紙は報じた。

同氏は米国民に対し、ウクライナへの600億ドル(約9兆円)とイスラエルと台湾への資金提供を含む950億ドル(約14兆円)の緊急支出案について自分が選んだ議員と連絡を取るよう促した。

この法案は火曜日(2月13日)に上院を通過したが、下院では共和党の間でキエフへの追加資金への反対がはるかに強いため、苦戦することが予想されている。共和党は、米国とメキシコの国境の警備のための支出の増加を要求している。

2019-2.jpg
関連記事:Time to stop Ukraine ‘meat grinder’ – Musk

マスク氏はロシアとウクライナの紛争の平和的解決を訴えており、2年間の戦闘中に何度も米国のキエフへの軍事支援を批判してきた。同氏は、このような発言をもとに、彼をロシアのウラジーミル・プーチン大統領の代弁者であると非難するのは「ばかげている」と述べた。

彼の会社は、「おそらく何よりもロシアを弱体化させるために多くのことをしてきた」とこの起業家は主張し、自社のスペースX社がスターリンク・インターネット・サービスをウクライナに提供していたことについて触れた。

マスク氏は、ウクライナ側とロシア側の双方で死者が出るのを止めることを心から望んでいる、と語った。

同氏はまた、「ロシアの政権交代を望んでいる」一部の西側政治家らに対し、「プーチン大統領にとって変わることのできる人物は誰なのか、さらには、そのような人物が平和主義者である可能性が高いのか否かを考えるべきです。おそらくそうはならないいでしょう」と述べた。さらに、そんな人物はおそらく「プーチン大統領よりもさらに筋金入りの強硬派である人物」だろう、とも付け加えた。

ロシアの指導者プーチン大統領は先週、米国の独立系ジャーナリスト、タッカー・カールソン氏とのインタビューでマスク氏について語り、この起業家を「賢い人物である」としていた。

関連記事:Giving Kiev more money ‘insane’ and ‘cruel’ – Tucker Carlson

プーチン大統領は「イーロン・マスク氏を止めることはできないと思います。マスク氏は自分が適切だと思うとおりに行動するでしょう」と述べた。ただし、マスク氏の活動は「適切な手順にのっとり、一定の規則に従う」という条件を満たすべきだ、とも付け加えた。
関連記事
スポンサーサイト



今こそ、ウクライナでの「肉弾戦」をやめるときだ – マスク氏

<記事原文 寺島先生推薦>
Time to stop Ukraine ‘meat grinder’ – Musk
「この戦争は2023年で終わらせるべきだった」とこの億万長者は発言
出典:RT 2024年2月9日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ> 2024年2月16日


2021-1.jpg
2023年12月16日にローマで開催されたイタリアの右翼政党「イタリアの兄弟」の若手過激派が主催したアトレジュの政治集会で話すX(元Twitter)CEOのイーロン・マスク氏。© アンドレアス・ソラーロ/AFP

テスラ社とスペースX社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、ジョー・バイデン米国大統領がキエフへの追加資金の承認をしなかったとして議会を批判したことを受けて、同大統領を激しく非難した。同億万長者は、ウクライナとロシア間の紛争はすでに終わっているはずだと語った。

マスク氏は金曜日(2月9日)のX(旧ツイッター)への投稿で、その日の早い時間にドイツのオラフ・ショルツ首相と会談した際のバイデン大統領の発言に言及した。同大統領は、米国議会がウクライナ支援を継続しないことは「言語道断」であり「犯罪的な責任放棄」とほぼ同じ、と語っていた。

米国は、米国南部国境の安全確保のための追加資金を要求する共和党内の反対のため、キエフへの新たな資金提供の承認に数か月間苦労してきた。バイデン大統領は最近、1180億ドル(約17兆円)の法案を支持したが、そのうち600億ドル(約9兆円)がウクライナ向けに充てられたものだった。これに対して、多くの共和党議員は国境危機への対処が不十分であると主張して反対している。

ウクライナへの支援についての議会に対するバイデン大統領の批判に対し、マスク氏は「いまこそ肉弾戦を止める時です」と述べ、この戦いの中止は「1年前に行なわれるべきでした」と付け加えた。

2021-2.jpg
関連記事:Musk can’t be stopped – Putin

今週初め、米国に拠点を置くこの億万長者は、「説明責任も最終目標もないまま、ウクライナに多額の資金を送金する」のは「正気の沙汰ではありません」とも主張した。

ロシアが常々主張してきたのは、ロシア側はウクライナ当局との和平交渉に前向きであるが、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領が現ロシア当局指導部とのいかなる交渉も禁止している点だ。同大統領がその禁止令に2022年に署名したが、それは、旧ウクライナの4地域が住民投票の結果、圧倒的多数でロシアへの加盟を支持したことを受けてのことだった。

ロシア政府によると、ロシアとウクライナは2022年春に紛争の解決に近づき、その際、ウクライナの中立が議題の重要な要点になった、という。しかし、ロシア高官たちによると、このような方向性が、ボリス・ジョンソン英国首相(当時)により覆された、という。具体的には、ジョンソン前首相が、ウクライナ側に戦闘を続けるよう勧告したとのことだ。ただし、この件に関して、同元首相はその主張を否定している。

1月、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側諸国と紛争解決に向けたいかなる協議も行なうべきだと述べたが、同外相の主張によると、西側諸国はそうしたことに関心を示していない、とのことだ。
関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント