fc2ブログ

イタリア、世界初の合成食品禁止法案を議会に提出

<記事原文 寺島先生推薦>
Italy Planning to Become First Country to Ban Synthetic Food
筆者:ポール・アンソニー・テイラー(Paul Anthony Taylor)
出典:グローバル・リサーチ 2023年11月10日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>2023年11月24日





 イタリアは、世界で初めて合成食品を禁止する国になろうとしている。実験室で製造された食品の製造、輸入、販売を禁止する法案が、同国の下院で審議されている。フランチェスコ・ロロブリジーダ・イタリア農相がアイルランドのキルケニーで開催された最近の催しで発表したこの動きは、予防原則に基づくもので、一部の特権階級だけでなく、すべての人に高品質の食品を確保することを目的としている。実験室生まれの食肉は環境に優しいと宣伝されているが、最近の調査によると、そのカーボン・フットプリント(生産に伴う炭素排出量)は従来の食肉よりも桁違いに高いようだ。

 イタリア政府は、合成食品をどのように規制するかについて模範を示したいと述べ、フランチェスコ・ロロブリジーダ農相は、すべての人がきちんとした食生活ができるべきであり、高品質の食品は裕福な特権階級のためだけに生産されるものではないと主張した。ロロブリジーダ農相は、実験室で生産される肉はイタリアのような国にとっては「自殺行為」であり、イタリア政府は自国の食をユネスコの無形文化遺産に登録するための取り組みをおこなっている、と語った。

 ロロブリジーダ農相は、実験室で生産される食品を承認することは、最終的に畑や農場を消滅させることになりかねず、環境破壊につながると考えている。生化学反応装置を使った食品生産は、環境に悪影響を与えるだけでなく、人間の健康にも危険をもたらすと同農相は主張している。

通常の牛肉より高いカーボン・フットプリント

 合成食肉は、牛を飼育するよりも土地、水、温室効果ガスが少なくてすむとして、環境にやさしいと宣伝されているが、最近の研究によれば、そのカーボン・フットプリントは、従来の牛肉よりも桁違いに高くなる可能性が高い。カリフォルニア大学デービス校で行われた研究で、研究者たちは、現在および近い将来の生産方法に基づき、実験室で栽培された食肉の製造を拡大すると、エネルギーを大量に消費し、地球温暖化係数は小売牛肉の平均の最大25倍になることを発見した。

 この発見を考えると、ビル・ゲイツが実験室生産食肉の最大の支持者の一人であることは皮肉なことかもしれない。気候変動の危険性に対する警告を支持するゲイツは、豊かな国々は合成牛肉に全面的に移行すべきだ、と主張している。ひねくれた見方をすれば、ゲイツがこのような製品を支持するのは、地球温暖化を回避するためというよりも、特許と利益を確保するためだと考えているからかもしれない。このように考えると、ゲイツが獲得した米国最大の個人農地所有者という新たな地位は、あらゆる疑問を投げかけることになる。

 これまでのところ、食用として実験室で作られた食肉を認可しているのは米国とシンガポールだけである。しかし、事情通の人々が指摘しているように、もしEUで認可が下りれば、EUの持つ商品と事業の自由な移動に関する法律により、イタリアがこれらの製品に対して国内禁止令を施行することは実質的に不可能となる。

地中海食に感化されて

 イタリア政府の閣僚の何人かは、新法案の着想として、自国の有名な地中海食を挙げている。過去70年間で最も研究された食事法であることは間違いないが、地中海食が歴史的に基盤としてきた主な構成要素は、大量の果物と野菜、全粒穀物、豆類、ナッツ類、オリーブオイル、ヨーグルト、適量のチーズ、週に最大4個程度の卵、少量の肉、魚、ワインなどである。地中海食は、糖尿病、心血管疾患、がん、アルツハイマー病、その他の慢性疾患の予防だけでなく、健康増進と長寿につながるという研究結果が数多く発表されている。

 2014年10月、南イタリアの歴史的な町バルレッタで行われた基調講演で、マティアス・ラート博士は、新しい予防的な医療的対策の礎を説いた。微量栄養素の欠乏が慢性疾患の主な原因であることを説明し、私たちが毎日の食事から必要とする物質の大部分は、私たちの庭や農場で育つ果物、野菜、植物に含まれていることを指摘した。この理解は、今日の最も一般的な病気を自然に抑制する道を開くものである、と同博士は説明した。

 科学的な研究により、自然に生産されたオーガニック食品の健康効果がますます確認されつつある。同時に、超加工食品の寿命を縮める影響も急速に明らかになりつつある。実験室で育てられた肉やその他の超加工食品は、主に億万長者の支持者の利益のために設計されている。現代の多国籍食品産業が「病気ビジネス」の一部であることがますます明らかになる中、人類は危険と隣り合わせの危険な合成食品を消費している。

*
この記事の初出は、『Dr. Rath Health Foundation

Dr. Rath Health Foundationの事務局長であり、爆発的な反応を呼んだ著書『The Nazi Roots of the 'Brussels EU'』の共著者の一人であるポールは、コーデックス委員会の専門家でもあり、公式オブザーバー代表として、コーデックス委員会の会合を目撃した経験がある。ポールのツイッターは @paulanthtaylor
当サイト、グローバル・リサーチの常連寄稿者。
関連記事
スポンサーサイト



習近平との首脳会談で証明してみせたバイデンの無能さ

<記事原文 寺島先生推薦>
How Biden proved his incompetence at Xi summit
米国務長官さえ、バイデンの発言に憤慨
筆者:ブラッドリー・ブランケンシップ(Bradley Blankenship)
米国のジャーナリスト・コラム二スト・政治専門家
出典:RT   2023年11月18日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>  2023年11月24日



2023年11月16日木曜日、サンフランシスコで開催されたアジア太平洋経済協力サミットの非公開対話とワーキング・ランチに出席したジョー・バイデン大統領。© AP Photo / Godofredo A. Vásquez


 最近、当時のアルカイダ指導者であったウサマ・ビン・ラディンが2002年に発表した「米国民への手紙」がTikTokで拡散された。若い米国民らが、この手紙を再発見したようだが、この手紙を見て、明らかに米国に幻滅したようだ。その理由は、ビン・ラディンが米国について、鋭い見解を持っていたからだと思われる。少なくとも一部の若者にはそう見えているようだ。
 
 もちろん、ビン・ラディンは非常に教養のある人物であっただけでなく、かなりの量の手紙を書いていたことが判明した。中国を拠点とするソーシャル・メディア上で大きな影響力をもつダニエル・ダンブリルは、X(旧ツイッター)の閲覧者にビン・ラディンの他の手紙のひとつを紹介した。そこには、ジョー・バイデン現米国大統領について具体的に触れており、米国転覆を狙うテロリスト集団の指導者であるラディンが、バラク・オバマ大統領よりもバイデン副大統領(当時)を好んだ理由が書かれていた。

 ビン・ラディンが記していた内容は以下のとおり。「私はシェイク・サイード(彼にアッラーの慈悲がありますように)に、ひとつはパキスタン、もうひとつはアフガニスタンのバグラム近辺で2つの軍事集団を組織するよう、イリヤス(カシミール)兄弟に依頼した。この2つの組織には、オバマやペトレイアス(元CIA長官)がアフガニスタンやパキスタンを訪問する際の偵察と、その後に彼らが乗る飛行機を標的にする任務が課せられていた」。


関連記事:China brands Biden ‘irresponsible’

 「ただし、ジョー・バイデン(副大統領)、ゲイツ(国防長官)、マレン(参謀総長)、ホルブルック(オバマのアフガニスタン・パキスタン特使)の到着の知らせを受けた場合は、この4人のいずれも標的にしてはならない。標的は、オバマとペトレイアスに絞らなければならない。特にオバマを標的にする理由は、オバマが誰よりも信じ難い人物であることと、オバマが暗殺されればバイデンが残りの大統領任期を任されることになるからである。バイデンにはこの役職を引き受けられるような能力がまったくなく、バイデンが権力を握れば、アメリカは深い危機に追い込まれることが予想されるからだ」とこの書簡は結んでいる(強調は筆者)。

 「アドルフ・ヒトラーが「空は青い」と言ったなら、私はヒトラーに同意するだろう」という古い格言を思い出す。ヒトラーに同意しようがしまいが、米国の死を願おうが願うまいが、ラディンがこの書簡で述べたことが真実であることは否定できない。最近アメリカで行われたバイデンと中国の習近平国家主席との会談は、実際にこのことを世界中の聴衆の前で実証した。

 記者会見でバイデンはまず、ガザでパレスチナの軍事組織ハマスが拘束しているイスラエル人人質に関する現在進行中の秘密交渉についてベラベラしゃべった。バイデンは、この交渉はカタールが仲介しているようだと述べたが、それ以上は踏み込まなかった。というのも、アントニー・ブリンケン国務長官が首を横に振って、バイデンにそれ以上話さないよう懇願したからだ。さらに、一人の記者がバイデンに「習近平は独裁者だ」という以前バイデンがおこなった発言をいまでも支持しているかと尋ね、それに対してバイデンは、そうだ、と答えた。この発言の後、ブリンケンはカメラの前で明らかに顔をゆがめた。



 アントニー・ブリンケンは並外れた外交官ではないし、大学時代に一度だけヨーロッパに海外旅行して「文化的」になって帰ってきた金持ちの子どものような雰囲気を持っているが、ブリンケンの憤慨は事実上、すべての外交政策の専門家やコメンテーターの憤慨を集めたようなものだったといえる。外国からの来賓、しかも、超大国として世界の先頭を走っている国であり、長くても10年以内には米国をはるかに凌駕するであろう国の国家主席を面と向かって侮辱するのは、まさに愚かな行為だ。このような振る舞いを表現する言葉は他にない。
 
 しかし、これは今回の会議のより本質的な成果を示すものでもある。中国の報道関係者のなかには楽観的な人もいるし、実際、中国の国営報道機関は明るく希望に満ちた論説で溢れているが、そのような見方は明らかに現実離れしている。米中はもっと慎重に関係を管理し、競争よりも協力を求めるべきだ。しかし、そのような希望的観測は現実には通用しない。現在、米中関係は非常に悪化しており、そうでないと考えるのは甘い考えだ。

 東アジア担当の元米国情報当局者ポール・ヒアは、『ナショナル・インタレスト』誌の最近の寄稿で、この会談の結果を完璧に表現している。基本的に、これは会談に関するそれぞれの報告書を読めば明らかだが、アメリカは習近平の「連帯と協力を強化し、手を携えて世界の課題に対処し、世界の安全と繁栄を促進する」(中国側の報告書からの引用)という非常に寛大な申し出を、「何よりもまず『米中は競争関係にある』ことを強調する」ことによって拒否したのだ。

 ヒア氏は、結束よりも分裂に焦点を当てたバイデンは「主に国内の政治的聴衆、特に議会での批判者たちに向けて、中国に厳しく臨む用意があることを示そうとした」と指摘した。いっぽう、習近平のサンフランシスコでの動きについては、「主に世界の人々に向けられているように見えた。習近平は人々に、米国側の対立的な立ち振る舞い対して、中国側は合理的で協力的に対応する用意があることを示そうとした」と評した。


関連記事:Beijing responds to Biden’s ‘problems’ claim

 ヒア氏はさらに、習近平は、「米中関係を主に競争的なものとすることに中国側が長年反対してきたことを繰り返し指摘し、それでは両国と世界が直面している問題を解決できないと主張した」と、非常に詳しい意見を述べている。ヒア氏の結論は、「緊張と不信の根底にある核心的な原因について対処がされず、和解を阻む根本的な政治的、構造的、歴史的障害はそのまま残っている......。双方が相互融和の危険性と責任を引き受けることを望まない、あるいは引き受ける用意がない限り、両国関係の進展は止まるだろう」というものだった。

 確かに、私はヒア氏の意見に概ね同意する。しかし、明らかな事実は、米国がドナルド・トランプとジョー・バイデンというまったく無能な国家元首を大統領としてほぼ2期も擁立してしまったことだ。この2人は自分が何をしているのか分かっておらず、外交における米国の国益にとって極めて危険だ。そして、このことはみなが承知している事実なのだ。しかし、それは政治家個人の性格の問題として片付けられるものではなく、むしろこの厳格さと才能の欠如は、世界の主要国としての米国の全般的、全体的な衰退を象徴している現象だと言える。

 一言で言えば、米国はおそらく本質的には、かつて偉大だった国家になりさがり、影響力と富を大量に残しているが、冷酷なまでに利己的な財閥らによって疲弊させられている、ということだ。国益のためであろうとなかろうと、実際に決断を下すのはこれらの財閥であり、誰が大統領になるかを事実上決定するのも彼らなのだ。当然のことながら、習主席がサンフランシスコで自分の周りに居させたのはこうした財閥たちであり、それは習主席が彼らが最も重要であることを知っているからだ。そしてこれらの財閥たちからスタンディング・オベーションを受けながら話している習主席の様子をジーナ・レモンド米商務長官は悔しがって見ていた。

 しかし、念頭に置くべきことは、これらの財閥たちが、トランプ(最初だけだが)やバイデンを支持した理由は、逆説的な言い方だが、2人の無能さのためである、という事実だ。減税以外何もせず、米国の影響力を効果的に海外に及ぼすような有能な政府こそ、これら既得権者らの利益にとって最も有害なものである。とはいえ、あまり能力のない者が指導者の座に就くようなこのような政治体制は、根本的に持続不可能である。このような体制のせいで、政治的指導者層の共食いを招き、この10年間でアメリカの力が急速に低下したのだ―だからこそ、バイデンのような大うつけものでさえ、大統領執務室の近くで働けているのだ。
関連記事

サンフランシスコは抱えている大問題を解決する準備をした―アメリカ人ではなく、習近平のために

<記事原文 寺島先生推薦>
San Francisco was ready to fix its main problem – not for Americans, but for Xi Jinping
主要な国際サミットを前に、ホームレスの人々がゴールデンシティの通りから突然に姿を消した
筆者:ロバート・ブリッジ(Robert Bridge)
アメリカの作家、ジャーナリスト。著書に『アメリカ帝国の真夜中―企業とそれに従属する政治的召使いはどのようにしてアメリカン・ドリームを破壊したか』がある。
出典:2023年11月14日
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>  2023年11月24日


1757-1.jpg
2023年11月11日、カリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウンにあるAPEC首脳会議本部近くのゴールデン・ゲート・ブリッジの壁画に向かって横たわるホームレス©ローレン・エリオット/AFP


今週、カリフォルニア州第4の大都市の住民は、路上にホームレスの野営地、麻薬中毒者、ポン引き、売人がいないことに驚いた。彼らが寝ている間に政治革命が起こったのか、それとも何か別のことが起こっているのか。

サンフランシスコの住民がようやく毎朝の人尿の悪臭に慣れてきた頃、現状をひっくり返そうとする清掃員が現れた。有権者の税金がようやく有効に使われ始めたということだろうか。はてさて、その真実はいかに? アジア太平洋経済協力会議 (APEC)首脳会議(11月14~16日)の開催地である民主党支持のこの都市は、世界の視線からその怪しげな側面を隠すために大きく前進した。この古いトリックは以前にも試されたことがある。

1757-2.jpg
関連記事:習近平、サンフランシスコのホームレス一掃に貢献


1787年、ロシアがオスマン帝国との戦争の危機に瀕していた頃のことだが、ロシア皇后エカテリーナ二世と各国の大使はノヴォロシーヤに長期の遠征を行なった。この旅の主な目的の一つは、戦闘が始まる前にロシアの同盟国に好印象を与えることだった。そのために、ロシアの軍事指導者で政治家のグリゴリー・ポチョムキンは、ドニエプル川のほとりに「移動村」を建設したという歴史的な逸話がある。皇后と宮廷を乗せた船が現れると、ポチョムキンの手下たちは、十分な食事をとっている幸福で農民になりすまして、即席の村に住んだ。船が通過した後、村のセットは全てすぐに解体され、さらに下流に再建された。ということでそこは「ポチョムキン村」と呼ばれるようになった。

この話は現在ではほぼフィクションとみなされていると言わざるをえない。ポチョムキンは荒廃した田舎をより見栄えよく見せようとしたようだが、どの程度までそれを行なったかについては議論が続いている。単に見栄を張ったり、進行中だった戦後復興の宣伝をしたりするのではなく、実際に皇后や大使を欺こうとしていたという主張は、法廷で彼を中傷する者が多かったことが原因であると考えられている。

サンフランシスコが直面している課題は、帝政ロシアが直面している課題よりも少し難しい。都市の社会から取り残された住民の多くは、国家の船がどんな難破船になったのか誰にも疑われないように、荷造させられて帝国の僻地に送られたが、アンクル・サムにはまだ空き店舗が全て残っているという問題が残されている。米中首脳会談の最主賓である中国の習近平国家主席が、サンフランシスコのダウンタウンの中心にある商業の中心地のユニオンスクエアで、アメリカのファストフードを食べるために車を停めるように指示したとしたら、どれだけ当惑するか、想像してほしい。もし習主席がこの空き店舗山積のニュースを聞いていなかったとしても、多くの有名小売チェーン店が消えてしまったことにすぐに気づいただろう。

かつて伝説となったシティ・バイ・ザ・ベイ(湾岸の都市)のビジネスの見通しは楽観的ではなく、その理由の多くは犯罪の横行に集約されているが、民主党信奉者の都市指導者たちはこの都市現象に満足しているようだ。米保健社会福祉省(HHS)は8月、サンフランシスコの連邦政府職員数百人に対し、安全上の懸念から「当面の間」在宅勤務をするように勧告した。

その勧告書には、「連邦ビルの状況を考慮して、従業員には当面の間、テレワークを最大限に活用することを推奨する」と書かれている。

1757-3.jpg
関連記事:なぜサンフランシスコは死につつあるのか、そしてそれはジョージ・ソロスとどんな関係があるのか


民主党―サンフランシスコとカリフォルニア州の主要不動産の大半を支配している―にとって二重に厄介なのは、問題のオフィス複合施設の公式の呼び名が「ナンシー・ペロシ議長連邦ビル」であることだ。

これら全てのことは、かつて伝説都市だった湾岸都市からの大規模な人口流出を意味する。2020年7月から2022年7月にかけて、人口の7%に相当する65,000人がいなくなっているのだ。

同じことは、何千人ものホームレスについても言える。多くが覚醒剤やヘロイン、その他のオピオイドなど、依存性の高い薬物にはまっているこれらのホームレスの人々はいま、一時的にサンフランシスコの街から追放されている。世界の指導者(習近平などのことだが、ジョー・バイデンは入るのか?)がゾンビがうろつくこの世の終わりを彷彿とさせるようなホームレスの群れに遭遇することなどあってはならないことなのだ。ただし残される大きな問いがひとつある。なぜ普通のアメリカ人はこのような悲惨な状況に日々耐えなければならないのか? 数年に一度、国際的な行事が開催される時にだけ、取り繕われた偽の街の姿が作られるのだから。

サンフランシスコの荒涼とした空気の中、バイデン米大統領と習主席はAPEC首脳会議で何を話し合うのか。民主党の米国指導者は、気候変動、永遠の戦争、地球の裏側での「民主主義」の促進など、お決まりの話題で盛り上がりたいのだろうが、習近平は無礼講の客を演じてかつての美しい湾岸の都市に何があったのかを尋ねることで、バイデンを針のむしろに座らせるかもしれない。はてさて、その顛末はいかに?
関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント