fc2ブログ

米国はノルド・ストリームを破壊したと公に認めている(ロシア外相)

<記事原文 寺島先生推薦>

US openly admits it blew up Nord Stream – Russian FM
The pipelines were sabotaged because Washington saw Russian-German cooperation as a threat, Sergey Lavrov has claimed

ノルド・ストリームが破壊されたのは、ワシントンが露・独協力を脅威と考えたからだと、セルゲイ・ラブロフ露外相は主張

出典:RT

2023年2月14日

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2023年3月13日


バルト海のノルド・ストリーム2から噴出するガス© AFP / エアバスDS 2022


 米国高官が基本的に認めているのは、モスクワとベルリンを和解させないために行われたノルド・ストリーム破壊工作の背後に米国がいたことだ、とロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は述べている。

 「米国は、我々(ロシア)が、過去20年、30年にわたり、ドイツに対して協力し過ぎている、と判断したのです。いや、ドイツがロシアに対して協力し過ぎていると言うべきでしょうか」と、ラブロフは日曜日(2月12日)外務省サイトに公表したインタビューで述べている。

 ロシアのエネルギー資源とドイツの技術に基づく「強力な同盟」は、「多くのアメリカ企業の独占的な地位を脅かし始めました」とラブロフは説明する。

 そこで、ワシントンはモスクワとベルリンのこの同盟を破壊することを決め、ロシアのガスをドイツを通じてヨーロッパに送るために建設されたパイプラインを攻撃することで「実際に」それを実行したと、彼は付け加えた。

 「アメリカ政府は、ノルド・ストリーム1と2で起きた爆破が自分たちの仕業であることを基本的に認めています。しかも、そのことを嬉しそうに話しています」と外相は述べた。



関連記事:米国高官がノルド・ストリーム2爆破事件を歓迎

 
 ラブロフは、1月下旬に上院の公聴会でヴィクトリア・ヌーランド米国務次官(政治担当)が行った告白を言及しているのだろう。「ノルド・ストリーム2が今や...海の底の金属の塊になっていることを知り、私は、そして政権も非常に喜んでいると思います」と、彼女はそのとき語った。

 「西側の政治家の卑劣さは周知のことです」とラブロフは続けた。そして、「ウクライナを“扇動”してロシアに敵対させる。そして今度はウクライナを手段にして西側全体がロシアに戦争を挑むという現在実行されている計画は、ドイツとロシアの関係改善を阻止することが大きな目的です」と遠回しに語った。

 ロシアのトップ外交官であるラブロフのコメントは、米国の代表的な調査ジャーナリストであるシーモア・ハーシュが、昨年ノルド・ストリーム・パイプラインの破壊工作の実行者はワシントンだ、とする爆弾的な報告書を発表した数日後に発表された。

 ハーシュに語った情報筋によると、2022年6月、NATOの演習を隠れ蓑にして米海軍のダイバーが、バルト海に敷設されているノルド・ストリームの複数個所に爆発物を仕掛けたという。9月下旬に爆破され、ヨーロッパの重要なエネルギーインフラが使用不能になった。

 米国家安全保障会議のアドリアン・ワトソン報道官は、ピューリッツァー賞受賞ジャーナリストであるシーモア・ハーシュの記事を「全くの虚偽、完全なフィクション」と言って否定した。アメリカの高官たちの誰一人、このハーシュの告発についてコメントした者はいない。

関連記事:ノルド・ストリーム爆発事件に関する報告について中国が声明を発表

 数ヶ月前からロシア当局が指摘しているのは、ノルド・ストリームが破壊されたことで利益を得たのは米国だけであり、米国は爆破以来、欧州への高価な液化天然ガスの供給が大幅に増加したことだ。
関連記事
スポンサーサイト



シーモア・ハーシュ、匿名情報を使ったとの声に反論、大手メディアの御用機関化を批判

<記事原文 寺島先生推薦>

Nord Stream blast story was ‘not hard to find’ – author
Media outlets like the NYT and WaPo “don’t seem to have anyone inside” among their sources, Seymour Hersh claims

ノルド・ストリーム破壊の真相を見つけるのは「難しくなかった」 (筆者)
ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙のようなメディアでは、彼らの情報源の中に 「内部の者は1人もいないようだ」 とシーモア・ハーシュは主張している。

出典:RT

2023年2月13日

<記事翻訳グループ>

2023年3月13日

20230312153218169.jpg
シーモア・ハーシュ© Bernard Weil / Toronto Star via Getty Images

 伝説的な調査ジャーナリストであるシーモア・ハーシュは土曜日(2月11日)、9月のノルド・ストリーム・パイプラインの破壊にCIAが関与していたとする最新の爆弾報告書について、その真相を見つけるのは難しくなかったと述べた。この問題については、大半のメディアが報じている以上のことがあることは明らかだ、とハーシュは語った。

 先週水曜日(2月8日)、Substack*に記事を掲載して以来、初めてのインタビューに応じたピューリッツァー賞受賞ジャーナリストであるシーモア・ハーシュは、Radio War Nerd から、まだ匿名のままである記事の情報源についてコメントするよう求められた。
*購読予約で読めるアメリカ発の情報配信オンラインサイト

 ハーシュは、誰に話を聞いたかについて詳細を明かすことを拒否し、情報源を保護し、記事が公開されたときに批判に耐えることが自分の仕事であると述べた。しかし、匿名の情報源を使ったことを批判するメディア関係者は、「もう少しメディアという仕事を理解した方がいいのです」とハーシュは指摘した。

 「問題は、メディアという仕事が安っぽいものにされてしまっていることです。ニューヨーク・タイムズ紙とワシントン・ポスト紙は、無名の情報源は、メディア関係者や報道官が横で何かを囁くものだと考えているからです。私にはわからないが、この2紙の情報源には内部の情報を知るものは誰も入っていないようです」とハーシュは言った。

 また彼は、モスクワとキエフの間で進行中の紛争について、主要報道機関が十分な報道をしていないことにも言及した。「私が知っている戦争は、あなた方が(新聞などを通して)読んでいる戦争ではありません」とハーシュは述べた。

関連記事: 米国、ノルド・ストリームを爆破したことを公然と認める(ロシア外相)

 「私には驚きなんです、同業のみなさん、なんで横並びになるのですか?」と彼は言葉を続けニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、CNN、そしてMSNなど多くの報道機関が、ホワイトハウスやバイデン政権の広報機関になってしまっていると嘆いた。

 ノルド・ストリーム爆破を暴露したことに関して、その話は「簡単に見つけられた」し、ある特定のNATO加盟国が絡んでいることは、バイデン大統領を含む米国の首脳が明確な脅威を発したことも含めてはっきりしている、とハーシュは主張する。彼らは2022年2月にモスクワがウクライナに軍隊を派遣することを選択した場合、ロシアとドイツの共同事業はいずれにしても」止められるだろうと警告していたのだ。

 ハーシュはまた、国際的なパイプライン業界全体が 「誰が何をしたのか」を知っているが、現実には「誰もそれについて考えようとしない」と指摘した。「しかし、私は考えてみた。話はこれで終わりです」と彼は締めくくった。

 ホワイトハウスをはじめ、CIAや国務省の関係者は、ハーシュの報告書が発表されて以来、いずれも猛烈に拒絶している。一方、モスクワは、この攻撃について公開の国際調査を要求している。「犯人を見つけ、罰することなしにこれを放置することは不可能である」と述べている。

関連記事

「ノルド・ストーム爆弾報告には、まだまだ続きがある」(シーモア・ハーシュ)

<記事原文 寺島先生推薦>

More Nord Stream ‘bombshells’ to come – Seymour Hersh

ノルド・ストリームについての「爆弾的ニュース」は、まだまだ続く(シーモア・ハーシュ)

出典:RT

2023年2月15日

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2023年3月13日


バルト海でのノルド・ストリームパイプラインの破壊に伴い、漏れ出すガスを撮影したスウェーデン沿岸警備隊の写真(2022年9月27日) © AP / Coast Guard of Sweden

 ジャーナリストのシーモア・ハーシュは、米国とノルド・ストリーム・ガスパイプラインの破壊を結びつける決定的な情報をさらに明らかにすることを約束した。ジョー・バイデン大統領は、ドイツが安価なロシア産ガスの購入を再開するのを阻止するために、パイプラインの破壊を命じたと彼は主張する。

 ハーシュは水曜日(2月15日)に自身のSubstack*のページに投稿し、主要メディア(特にニューヨーク・タイムズ紙とワシントン・ポスト紙)を非難し、パイプラインに関する記事を「一言も掲載」しようとせず、ロシアと中国が国際調査を求めるのも無視したと述べた。
*定期購入形式で使えるアメリカ発の情報配信オンラインサイト

 両紙は、ベトナムにおける米軍の戦争犯罪に関する彼の暴露記事を掲載したが、現在は「国家安全保障や戦争と平和の問題」に関心がないように見えると彼は言う。




関連記事:ノルド・ストリーム爆発の情報源を「見つけることは困難」ではなかった(シーモア・ハーシュ)


 バルト海底を通ってロシアとドイツを結ぶノルド・ストリーム1と2は、昨年9月に一連の海底爆発で被害を受けた。ピューリッツァー賞受賞のジャーナリストであるハーシュは先週、この攻撃の原因を米国に求め、バイデン政権とCIAがどのように作戦を計画したかを詳細に記した報告書を発表した。ホワイトハウスは、この疑惑を「全くの虚偽であり、完全なフィクション」であると断じた。 

 この記事は、アメリカがロシアとドイツとの和解を阻止し、より高価なアメリカの液化天然ガスに、ベルリンを依存させるために攻撃を行ったという、モスクワが繰り返し主張していることを裏付けるものであった。

 ドイツは、ロシア軍がウクライナに進駐する数日前にノルド・ストリーム2の認可を停止した。そして、EU制裁が発動されたため、夏の終わりからノルド・ストリーム1を通るガスは、必要な修理をさせずに、その流れを止めた。しかし、ハーシュは、ドイツのベルリーナー・ツァイトゥング(Berliner Zeitung)紙に、バイデン政権は、ベルリンがこれらの制裁を解除し、冬に気温が下がるにつれてガス輸送を再開することを恐れている、と語った。

 「米国大統領は、ドイツが凍結するほうが、ウクライナ支援をストップされるよりはまし、と思っている」と断言した。

 「この冬の安いガスの不足についてドイツ政府が考え直すのを防ぐためのジョー・バイデンの決断について、もっと知るべきことがあるかもしれない」とハーシュは水曜日(2月15日)に書いている。「乞うご期待。野球で言えば私たちはまだ一塁にいるに過ぎない...」と彼は言った。
関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント