fc2ブログ

オリバー・ストーンの新作ドキュメンタリー『ケネディ暗殺』を主要メディアは無視。しかし、それはきっと彼の主張が図星だからだ。

オリバー・ストーンの新作ドキュメンタリー『ケネディ暗殺』を主要メディアは無視。しかし、それはきっと彼の主張が図星だからだ。

<記事原文 寺島先生推薦>
Oliver Stone’s new JFK assassination doc is being ignored by the MSM… a sure sign he might be onto something

RT(ロシア・トゥデイ)

2021年7月20日

マイケル・マカフライ(Michael McCffrey)


Michael McCaffrey

Michael McCaffrey is a writer and cultural critic who lives in Los Angeles. His work can be read at RT, Counterpunch and at his website mpmacting.com/blog. He is also the host of the popular cinema podcast Looking California and Feeling Minnesota. Follow him on Twitter @MPMActingCo

 
<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>
2021年9月3日



 既存のメディアは、カンヌ映画祭で奇妙で性的嗜好の映画を賞賛しているが、オリバー・ストーンがジョン・F・ケネディ大統領の殺人という厄介な事件を再度電撃的に取り上げたことについてはどこ吹く風。なぜだろう?

 先週、オリバー・ストーン監督は、「JFK Revisited: Through the Looking Glass」と題したケネディ暗殺に関する新作ドキュメンタリーをカンヌ映画祭で初公開した。

 アカデミー賞監督賞を2度受賞し、映画『JFK』ではアメリカ政府が1992年に「JFK暗殺記録収集法」を成立させるほどの騒動を起こし、賛否両極端の評価を有するストーン監督が、カンヌで議論百出間違いなしのJFK暗殺ドキュメンタリーを初公開することは、ビッグニュースなると思われるかもしれない。たぶんそうはならない。



 7月12日(月)に公開された「JFK: Revisited」を、主要メディアは賞賛も非難もしなかった。まるでこの映画が存在しないかのようだった。

 ニューヨークタイムズ』紙のカンヌに関する膨大な報道は、11本の記事で構成されており、そのほとんどが、レズビアンの修道女を描いたエロティックな話の「Benedetta」、アダム・ドライバー*がマリオン・コティヤール**にオーラルセックスをしながら歌うミュージカル「Annette」、女性が車とセックスしてオイルを分泌する「Titane」など、より卑猥な内容に焦点を当てている。しかし、「JFK Revisited」は「記録紙」とされる紙面で一度も言及されていない。

アダム・ドライバー*…アメリカ合衆国出身の俳優。2015年より開始した映画『スター・ウォーズ』シリーズ続三部作のカイロ・レン役で知られる。 
マリオン・コティヤール**…フランスの女優。2007年の『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でエディット・ピアフ役を演じ、第80回アカデミー賞主演女優賞も受賞した。 (以上ウイキペディア)

 
 ワシントン・ポスト、ボストン・グローブ、LAタイムズ、シカゴ・トリビューン、ガーディアン、アトランティック、ニューヨーカーなど、私が検索したすべての主要メディアは、『JFK Revisited』の存在をまったく視野に入れていない。

 メディアでは、VarietyHollywood Reporterなどの業界紙と、TimesDaily Telegraphなどのイギリスの新聞でしか紹介されていない。その反応は、VarietyとThe Timesが否定的な評価をし、THRとDaily Telegraphが賞賛するなど、賛否両論。

 キューバ諜報機関の悪事、そして陰謀論がトップニュースになり、ストーン監督のこのドキュメンタリー映画についてはマイナーなメディアでも評価が賛否に分かれていることを考えると、(主要)メディアが「JFK Revisited」を議論の俎上に載せ、真実を追求するのではなく、カンヌで性的堕落を是認し、現状変革を志向しないのは奇妙なことだ。

 もちろん、こんなことを本気で言っているわけではない。アメリカの神話を作るメディアが、「立派な」人々が決して逸脱しない公式の物語を我々に遺し、「JFK Revisited」を記憶の穴に投げ捨て、好色な修道女やセックスするキャデラックを賞賛しているのは驚きでもなんでもない。

 そう、体制側が好んでするのは、大衆の注意をそらすこと、そして陰謀論を忌避すること。ただし体制側のお気に入りの陰謀論は別だ。

ALSO ON RT.COM

JFK almost ended Cold War and Cuba blockade in 1963, filmmaker Oliver Stone tells RT in EXCLUSIVE interview

 JFK暗殺陰謀論は、陰謀を立証する証拠が数多あるにもかかわらず、体制そのものを告発するものであるため、不真面目なものとして真っ向から否定される。ケーブルニュースの語り手の半分は、元(ん?)情報機関のメンバーであり、ジャーナリストの大部分は情報機関の飼い犬であるため、JFK暗殺事件の真相究明のために、自分たちを養ってくれる手に噛みつくことはない。

 この同じ反陰謀論報道機関は、4年間、息もつかせず、いいかげんなロシア陰謀話を思いつくものひとつ残らず吐き出した。例えば、ロシアゲート。ロシアがマイクロ波兵器を使用したり、電力網投票機に不正侵入しているという主張だ。証拠がまったくないにもかかわらず真実だと思われるようになるまで、24時間365日、屋根の上から叫び続けた。

 ノーム・チョムスキーが言うように、このようにして欺瞞に満ちたプロパガンダが効果的に流布され、同意が製造される。「コントロールされた市場原理、内面化された前提、そして自己検閲」によって。

 「真面目な人」は、それらの不条理な公式認定の反ロシア陰謀を信じることで、自分の真面目さを証明する。なぜなら、それらは「真面目」とみなされ、他の「真面目」な人たちによって広範囲に伝えられるからだ。一方、JFK事件や武漢研究所の漏洩説のような「不真面目」な陰謀は嘲笑され、それらを信じる人たちは「陰謀論者」として貶められる。

 ストーン監督が、これほど体制側に忌み嫌われるのは、彼が(体制側が書いた)脚本を91年にひっくり返したからだ。彼はハリウッドで大成功を収めた後、それまでに蓄えていた膨大な資料を使って、JFK暗殺事件の映画を作った。その映画で彼は、ウォーレン委員会の公式説明を完全撃破し、説得力のある反論を提示したのだ。

 体制側がどれほどストーン監督を軽蔑しているかを知るためには、彼の「JFK: The Book of the Film」を読んでみたらいい。

 ストーン監督は、彼の反対者たちとは異なり、自分と意見を異にする人たちについては本を書いて出版している。そのいくつかを挙げれば次のような出版物ではっきりしている:

 ①『JFKは理性に反する陰謀を企てているのか

 ②『ハリウッドはワーナーブラザーズがJFKを制作した行き過ぎに首をかしげている

 ③『オリバーのツイスト』

 ④『パラノイドスタイル』

 ⑤『ウォーレン委員会の暗殺計画』等々。

 91年にエリートたちの間に「JFK」が引き起こしたヒステリー状態は、映画評論家の故ロジャー・エバート(Roger Ebert)の話に集約されている。彼の主張では、ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)に「舌打ち」され、この映画を賞賛したことを「恥じるべきだ」と言われた、とのことだ。

ALSO ON RT.COM

Cannes Lions 2021: RT Creative Lab bags 5 shortlists at the International Festival of Creativity


 ストーンは、2002年にフィデル・カストロに、2015年から2017年にかけてロシアのプーチン大統領にインタビューしたことで、さらに体制側ののけ者となった。ストーンは、頭の悪い公式のマントラを口にするのではなく、アメリカの敵たちと話をした。これは、言い分はひとつしかなく、叫ぶのではなく相手の話しを聞くことでそのひとつの言い分を複雑にするのはもってのほかと信じているメディアの目には、許されない罪となる。

 ストーン監督の扇動者としての歴史と、公的な主張よりも彼は真実に忠実であることが、「JFK Revisited」が意図的に無視されている理由だ。諺ではないが、「どんな報道も(結果的には)報道されたほうがいい。」つまり、たとえ悪い評価であっても報道された製品の認知度を高めることができるからだ。だから、ストーン監督を黙らせ、JFKを現状のままにしておくには、無視ボタンを押すことが体制側にとって最良の方法となるのだ。

 今のところ、この報道管制は意図した通りに機能しており、「JFK Revisited」は、本物の内容に飢えているアメリカの市場で、まだ配給会社を確保できていない。

 「JFK Revisited」をまだ見ていないので、それがJFK暗殺に関する真実を語っているかどうかは分からない。しかし、はっきり分かっているのは、既成のメディアが嘘中毒であり、真実アレルギーを持っていることだ。だからストーン監督が主張していることは図星かもしれないと思う。
関連記事
スポンサーサイト



「明らかにサイゴンとは違う」!?ブリンケン米国務長官はカブール大使館脱出をベトナム敗戦と比較しないよう強調

  「明らかにサイゴンとは違う」!?ブリンケン米国務長官はカブール大使館脱出をベトナム敗戦と比較しないよう強調

<記事原文 寺島先生推薦>

‘Manifestly not Saigon’? WATCH US helicopters evacuate Kabul embassy as Blinken defiantly rejects Vietnam pullout comparisons

Russia Today 全米ニュース
2021年8月15日

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>
2021年8月29日


 米軍のヘリコプターがカブールの米国大使館職員たちを脱出させているところを映像に取られた。複数の航空機が大使館構内を行き来するところが目撃された。この映像は、1975年にベトナムのサイゴンから脱出した場面を彷彿とさせるものだった。

 少なくとも2機のタンデムローター(訳注:ローターが前後二カ所にあるヘリコプター)機CH-47チヌークが、大使館構内で目撃されたが、この映像は、1975年4月、首都サイゴン陥落時に、米国の大使館職員たちを慌てて退出させた時の写真と不気味なくらい類似しているように見える。当時、北ベトナム軍が首都に迫りつつある中、今回と同じ機種のヘリコプターが大使館の屋上に乗りつけて、外交官たちを拾っていたのだ。



 ジョー・バイデン米大統領も、ブリンケン現国務大臣も、この2件の慌てた退出劇の間に類似性があることを全く認めようとはしていない。日曜日(8月15日)、ブリンケン国務大臣は、カブール撤退がバイデン政権下での「サイゴン再来」になるかについて直接質問を受けた。ABCの取材に対して、ブリンケン国務大臣は「サイゴンとは全く違う」と語気を強めた。



 「いいですか。今回の件はサイゴンの時とは全く違います。我が国が20年前にアフガニスタンに向かったのは、9-11で我が国を攻撃した輩たちに対処するためだった。そして我々はその使命を達成したのです」と、ブリンケン国務大臣はCNNに答えた。



 しかし今回の撤退は、ベトナム敗戦よりもばつの悪いことだと考える向きもある。というのもバイデン大統領は、アフガニスタンからの撤退はサイゴン陥落のような惨事を再度引き起こすことはないと明確に約束していたからだ。



 バイデン大統領が7月上旬に主張していたのは、北ベトナム軍と比べてタリバンの力は「比べものにならないくらい弱い」ため、慌てふためく撤退劇は起こらないということだったのだ。

 

 (バイデン大統領が7月に語っていた内容)
アフガニスタンから逃亡すべく、米国大使館の屋上から大使館職員が救助される姿を見ることは全くないでしょう。



 タリバン軍がカブール郊外に侵入した8月15日、アフガニスタン政府は事実上崩壊した。タリバン側はカブールを破壊し、カブール市民の命を奪うことがないよう、不必要な戦闘を避けたいとして、交渉を申し入れた。

 アフガニスタンのアシュラフ・ガニー大統領は、既にアフガニスタンから出国し、報道によれば隣国のタジキスタンにいる模様だ。関係者は「安全上の理由のため、ガニー大統領の行動について何も伝えることができません」と、大統領の居場所を説明することを拒んでいるが、ガニー大統領が出国したことは、アブドラ・アブドラ国家和解高等評議会議長が明言している。

ALSO ON RT.COM

President Ghani leaves Afghanistan, top official confirms, as US-backed govt relinquishes power to Taliban


関連記事

証拠は全部揃ってる!COVIDワクチンは失敗で、ウイルスよりも危険だ

証拠は全部揃ってる!COVIDワクチンは失敗で、ウイルスよりも危険だ

<記事原文 寺島先生推薦>

All of the Evidence Is In: The COVID Vaccine Is a Failure, More Dangerous than the Virus

Global Research 2021年8月16日

ポール・クレイグ・ロバーツ著

<記事翻訳 寺島メソッド翻訳グループ>

2021年8月29日

 
 COVIDとワクチンに関して、巨大製薬産業に奉仕するプロパガンダ組織に成り代わって、正しい情報をお伝えしようとする私の取り組みの中で、これまで読者のみなさんに公的なデータを使って、ワクチンに関わった死や健康問題が多数出ていることについてお知らせしてきた。そして、特定の年齢層においては、ワクチンはウイルスよりも危険だということもお伝えしてきた。

 さらに私が、公的なデータをもとに皆さんに伝えてきたのは、新規感染者の中に、完全にワクチン接種を行っている人が多数の割合で存在する事実だった。今問いたいのは、「本当にこれらは新規感染なのか?それともワクチンに関連した病気なのだろうか?」という点だ。

 薬学でノーベル賞を受賞した科学者などトップレベルの専門家の結論を聞いた後、私は医療当局が「新規感染」、「ブレークスルー感染」、「デルタ株」などと呼んでいるものの正体は、「ワクチンに対する副反応」ではないかと考えるようになり、デルタ株の存在に疑いを持っていた。しかしロバート・マローン博士の話を聞くと、変異種というものは存在し、この先たくさんの変異種が生まれることになるようだと考えるようになった。従って、COVID症例と報告されている新しい流行の実態は、ワクチンの副反応と変異種による病気で成り立っていると考えるに至っている。

 マローン博士は、mRNAワクチンの開発に使われたmRNA技術の生みの親である。同博士は、当局側の一員だ。変わり者でも陰謀論者でも反ワクチン主義者でもない。当局の堂々たる一員であるので、国防総省が長年頼りにしてきたくらいだ。マローン博士がほかの当局のメンバーと違っているのは、今世間を支配しているCOVID言説が真実と食い違っていることに気づいたときに、黙っていようとしなかったところだ。

 マローン博士は、ワクチンが人間にどんな作用をおよぼしているか、ワクチンが人間を殺害したり障害を負わせたりすること(このことについては、博士は強調していない)を説明してくれている(動画の50分のところを参照)。さらに、ワクチンは、ワクチンから逃れようとして、ある意味ウイルスを進化させていることも説明してくれている。言い換えれば、ワクチン自体が、ワクチンに負けない変異種を増やしている、ということだ。

 動画の最初の57分間は、マローン博士が学識高いシリコンバレーの専門家たちに話をしているところだ。あまり学識がない方でも、マローン博士の話し方は明快なので、説明の概要を理解できるだろう。動画についてはこちらをどうぞ。

 最初の25分間は、博士の生い立ちや経歴などの自己紹介に使われている。マローン博士は、CDCやNIHやWHOやFDAなどの医療当局の言説と食い違う発言をすれば、どれだけ素晴らしい専門家であっても検閲の対象にする、という政策を医療当局がとっているのは何故なのか、そもそもの理由を説明してくれている。言い換えれば公的医療当局の支配者たちが言説の独占権を有している理由についてだ。マローン博士によれば、大手メディアは公的医療当局の支配者たちに取り込まれていて、検閲機関であるかのような振る舞いを見せているとのことだ。マローン博士はユーモアを交えて話す。彼自身「ファクトチェック」を受け、SNS上から追い出されたと言っている。それを行ったのは高校を中退して企業に雇われた人だ。「偽情報」を黙らせるため、という理由で。今は公式見解から食い違う情報はすべて「偽情報」の烙印を押される。完全な愚か者に素晴らしい科学者たちが検閲をうけるというところにまで、この世界は腐ってしまっているのだ。

<参考記事>

COVID Cases Are Surging in the Most-Vaxxed Countries, Not in the Least-Vaxxed

 動画の35分の部分からマローン博士は私たちが直面している混乱状態の核心に触れている。同博士がはっきりと伝えているのは、当局が間違っていて、「ワクチンがすべての答えになる」などという状況にはない、という事実だ。さらに博士が明らかにしているのは、デルタ株がこの先流行するだろうということ、どれだけワクチンを打ち、マスクをつけ、ロックダウン政策をとったとしても止められないということだ。焦点を当てなければならないのはその治療法である、ということだ。効果的な治療法として知られている治療法は存在しており、さらに開発とテストが行われている最中だ。マローン博士自身も、イベルメクチンでCOVIDを克服したとのことだ。

 博士の話によれば、幸運にもデルタ株はCOVID-19よりも深刻な病気ではないそうだ。しかし、この先現れるであろう変異種はそうではない可能性がある。それはワクチンを使い続けて、免疫系をかいくぐる新しい変異種を鍛えることになれば、の話だが。多数の著名な科学者たちが同じような結論に到達している。たとえばこちらを参照。

 歴史上初めて、世界の人々が大規模な試用段階にあるワクチンの臨床実験台にされているのだ。証拠はどんどん挙がっている。公的機関による報告によれば、COVIDワクチンに関する死や障害がとんでもない数で出てきている。新規症例数の中で、完全にワクチン接種をした人が含まれている割合が高くなっている。完全接種者が、ワクチンを打っていないCOVID患者と同じくらいたやすくウイルスを広めている事実は、CDCやファウチ博士自身が認めていることだ。ワクチンは流産と関連性がある。これらはすべて事実である。無能な医療当局の支配者たちもひそかにその事実を認めつつあるが、多くの一般市民たちには知らされていないままだ。

 公的医療機関の支配者たちは、ワクチンの失敗にどう対処していいかわからない。というのも、彼らはmRNAにすべてを賭けたからだ。ワクチンに関する希望も主張もみんなまちがいだった。のぼり直すには高すぎる山だ。それ以外の政策がないのならなおさら。

 どうしていいか分からないCDCは、毒性ワクチンの回数を増やすことを推奨し始めた。こちらを参照。

 すべての「ファクトチェック」機能は、今何が起こっているかを理解している人々の口にふたをし、本当の解決法が分かっている専門家たちを検閲する仕事をこなしているだけだ。

 専門家の声を抑え込むことを止めさせなければならないことは言うまでもない。公的医療当局、馬鹿な政治家たち、無能なメディアたちの無知や傲慢さが私たちを引きずり込んだこの医療混乱状態を解決するには、世界の専門家たちが自由に討論を交わすしかない。統制された説明を聞くだけなんてまっぴらだ。このままだと皆殺しだ。それは、ワクチンのせいではなくて、ワクチンが鍛えた変異種のせいで、だ。

 「イベルメクチンがインドのCOVIDを阻止したのに、こんないいニュースをメディアは伝えない」。こちらのエポック・タイムズの記事を参照。

 「NIHが資金を出したCOVIDが世界を全体主義社会に導く~ワクチン非接種者へ強まる圧力」。こちらのグローバル・リサーチの記事を参照。

 「COVID-19の公式説明に反旗を翻す人々は、“精神異常者”と分類される」。こちらのグローバル・リサーチのミシェル・チョフドフスキーの記事を参照。

 「CDCは殺人団体だ。CDC自身の統計が、COVIDワクチン接種後の胎児の死亡が1270と示しているのに、CDCは妊婦にCOVIDワクチン接種を推奨し続けている」。<こちらのグローバル・リサーチの記事を参照。

 ワクチンを打てば、命に関わるかもしれない:
マローン氏のプレゼン動画はこちらを参照


Dr. Paul Craig Roberts writes on his blog site, PCR Institute for Political Economy, where this article was originally published. He is a frequent contributor to Global Research.


関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント