fc2ブログ

正義は盲目、あるいは肩書きで盲目にされる?
――『アンドリュー王子とジュリアン・アサンジの物語』

Justice blind or blinded by titles? A tale of Prince Andrew and Julian Assange
George Galloway
Rt. Op-ed 2019年11月26日

(翻訳: 寺島メソッド翻訳グループo.n. 2019年12月27日)

<記事原文>寺島先生推薦 Justice blind or blinded by titles? A tale of Prince Andrew and Julian Assange

93

勇ましいヨーク公(訳注:出典はマザーグース)は、今夜、王宮の羽根枕で眠る。 世紀を代表するパブリッシャーのジュリアン・アサンジは、英国のグアンタナモ刑務所と言ってもいいベルマーシュ刑務所で眠っている。


 ヨーク公は、児童買春業者と取り沙汰されている故ジェフリー・エプスタインをいつから知っていたのか、どういう関係だったのかについて嘘をついた。ジュリアン・アサンジは、戦争と平和の時代の富裕層と権力者の重罪と微罪について真実を語った。


FBIは女王のお気に入りの息子と話す必要がある。 しかし、地上のどんな権力も、彼が現代のソドムやゴモラであるマンハッタンのタウンハウスで見たかもしれない、あるいは参加したかもしれないことを彼に証言させるために配置されることはないだろう。 


Also on rt.com Prince Andrew’sdisastrous Epstein denial poses more questions than answers (VIDEO)


同じ米国の司法制度が、アサンジの残虐な投獄とこれから何年続くかもしれないアメリカへの送還話の中でカフカの小説ばりの監禁状態を引き起こした。 すべてのプロセスが終了する前に彼が死なないにしても、そうなる可能性はあると60人もの医師が最近警告した。


米英の犯罪人引き渡し協定は、これまで女王陛下の閣僚達が締結した条約の中で最も不平等なものかもしれない。今回のケースで、元ブレア政権の内務大臣デイビッド・ブランケット氏は視覚障害者ではあったが、自分が何をしているのかを正確に見ることができる人間だった。


本質的に、英国から米国への犯罪人引き渡しは、正当な理由を示す必要もなく、事実上米国から要求があれば実施されることになっていた。 しかし、その逆はない。英国が米国市民を英国で裁くために英国に送還するよりも、ラクダを針の目に通す方が簡単だろう。


Also on rt.com ‘Beast of BuckinghamPalace’ children’s book released amid Prince Andrew scandal leaves Twittersmirking

この条約が調印された当時、私は英国議会の議員だった。このことの持つ意味を軽視しているわけではない。この条約は、議会が開かれていなかった夏季休会期間中、王室大権の行使により署名されたものなのだ。


この条約はすでに発効してしまっていて、まさにその時私はこの条約の最初の犠牲者となった人間たちの引き渡しに文字通り反対することができた。 まずシティ・オブ・ロンドンの金融詐欺師と言われた人間たち、そして「テロリスト」の濡れ衣を着せられたロンドンの住人ババール・アーマド。


アンドリュー王子はそのような試練に直面することはないだろう。 今では王室サークルから追放され、事実上平民階級に格下げされ、ぎっしり並べられたよくわからない勲章が剥ぎ取られた彼のエポレットが、ただチュニックに付いた金属くずになってしまってはいるが。


従来の引渡規則では、上記いずれの事件も、英国の裁判官を説得するのに十分な推定的証拠(疎明)を提出しなければならないという以前の要件を満たすことはできなかっただろう。新しい条約の下では、それはお茶の子さいさいだった。そして、彼らは送還された。十代の少女との性的不品行を非難され、未成年女性との買春斡旋人と言われるギスレイン・マックスウエルとの密接な関係は認めている。 またギスレインのロンドンの自宅は性交渉の場の1つであるとされている。 しかし、米国が王子に証拠を提出するよう要求することや、英国が彼を差し出すことは決してないだろう。

 

Also on rt.com Assange treated asterrorist by UK, it's ‘almost murder by state’, doctors warn WikiLeaks foundermay die in jail


アサンジは冤罪でレイプの罪に問われているが、実質的に過去10年間、何らかの形で投獄されている。 もしアメリカに送還されることになると、最長175年の禁固刑が待っている。


これはバッキンガム宮殿とベルマーシュ・マキシマム・セキュリティ刑務所の『二都物語』だ。


二人の個人の物語――一人は今やうそつきが証明された人間、もう一人は真実を語っていることが十分に証明された人間の物語である。


二つの運命の物語――道徳的な乞食となった王子と、もう一人は道徳の巨人となった貧乏ジャーナリストの物語である。


これは今の時代の物語だ。






関連記事
スポンサーサイト



「アサンジ事件」の真相を!

The lies about Assange must stop now (by John Pilger)

johnpilger.com 2019年11月24日

(翻訳: 寺島メソッド翻訳グループo.n. 2019年12月27日)

<記事原文>寺島先生推薦 The lies about Assange must stop now (by John Pilger)

91-1

米国、英国、そしてオーストラリアの新聞や他のメディアが最近、言論の自由、とりわけ出版の自由への熱い思いを表明した。彼らは「アサンジの波及」を心配しているのだ。

ジュリアン・アサンジやチェルシー・マニングのような真実を語る者たちの闘いが、今や彼らへの警告となっているかのようである。五月に、アサンジをエクアドル大使館から引きずり出した暴徒たちが、ある日自分達の所へとやってくるかもしれないことを恐れているかのようだ。

先週ガーディアン紙に目新しくもないリフレインのような言説が掲載された。 アサンジの身柄引き渡しについて、同紙は「アサンジ氏がいかに賢いか、ましていかに好感が持てるかということが問題なのではない。それは彼の性格の問題でもなければ彼の判断の問題でもない。報道の自由と国民の知る権利の問題だ」と伝えた。

ガーディアン紙がやろうとしているのは、アサンジ個人と、彼が為し遂げてきた画期的な業績を切り離すことだ。 彼はガーディアン紙の利益になることもしたし、同紙の脆弱性を暴露することもした。 さらには同紙が強欲な権力にすり寄ったり、同紙のダブルスタンダードを暴く人たちを中傷する傾向があることも明らかにした。

ALSO ON RT.COM Ideology trumps facts? Journalists have lost their moral compass, study reveals


ジュリアン・アサンジの迫害を煽った毒は、今回の社説ではいつもほどあからさまには出ていない。 また、アサンジが大使館の壁に糞便を塗りたくったとか、自分の猫を虐待したという作り話も一切書かれていない。その代わりに、「性格」とか「判断」とか「好感」とか、突っ込まれどころのない曖昧な言い方を連ね、ほぼ十年前から続いている彼に対する定番的な中傷を固定化させている。

拷問に関する国連報告者のニル・メルツァーは、もっと適切な表現を使った。「暴徒化した民衆の容赦のない、抑制されない運動は過去にもありました」と彼は書いている。 彼が言う「暴徒化した民衆」とは「マスコミで果てしなく流される、屈辱的で、卑劣で、脅迫的な言説の数々」のことだ。この「嘲笑的言説の塊」は拷問に相当し、アサンジを死に追いやる可能性がある。

メルツァーが描写している出来事の多くを目撃してきた私は、彼の言っていることはほんとうだ、と受けあうことができる。もし万一ジュリアン・アサンジが、医師たちが警告しているように、毎週、毎月、毎年、彼にのしかかってくる残虐行為に屈することになれば、ガーディアン紙のような新聞もその責任を負うことになるだろう。

数日前、シドニー・モーニング・ヘラルド紙のロンドン駐在員ニック・ミラーは、「アサンジの無実が証明されたわけではない。裁きを辛抱強く待っているに過ぎない」という見出しで、締まりのない見かけ倒しの記事を書いた。彼はスウェーデンがいわゆるアサンジの調査を断念したことに言及していた。

ALSO ON RT.COM Swedish decision to drop rape probe due to no strong evidence comes too late to help Assange

ミラーの記事は、女性の権利擁護を装っていながら、省略したり歪曲したりする点で、お決まりの手口だ。 オリジナル性は全くない。実地に調査もしていない。 ただの悪口だ。

アサンジに対する性的不品行の「容疑」を乗っ取り、スウェーデンの法律とスウェーデン社会が自画自賛する良識を弄んだ一握りのスウェーデン人狂信者たちの行動に関する文書については何も述べていない。

ニック・ミラー記者は、2013年にスウェーデンの検察官(女性)が事件を取り下げようとし、ロンドンの検察局(CPS)に電子メールを送り、欧州逮捕令状を請求しないと言ったことについては何も言及していない。 CPSの彼女への返答は、「馬鹿を言うな!!!」(イタリアで最大部数を誇る日刊紙「ラ・レアップブリカ紙」のステファニア・モーリジ記者の取材)だった。

他の電子メールには、アサンジを尋問するためにスウェーデンの検察官がロンドンに来ることをCPSが思いとどまらせたことが書かれている。 しかし、こういう尋問は一般的に行われていたことであり、それを思いとどまらせることで、アサンジが2011年に釈放されたかもしれない可能性を阻んでしまったことになる。

アサンジに暴行されたと言われる女性の一人はアサンジが逮捕されたことで非常にショックを受けた。 彼女は、警察が彼女を急かせ、彼女の証言を書き換えたと非難した。主任検事のエヴァ・フィンは、彼女が言う「犯罪の疑い」はないと却下した。

ニック・ミラー記者は、野心家で自分の意見をあまり持たない政治家クレス・ボルグストロムがスウェーデン政治のリベラルな側面の後ろから現れ、この事件に手を伸ばし、一連の流れに沿うように再び取り上げたことについては何も書いていない。



ボルグストロームは、元政治的協力者のマリアンヌ・ナイを新しい検察官として採用した。インデペンデント紙が報じたように、「外交筋によると、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジの米国への身柄引き渡しの可能性について、米国とスウェーデンの当局者の間では非公式な話し合いがすでに行われている。」 これはストックホルムでは公然の秘密だった。自由主義の国スウェーデンには、人々をCIAの手に委ねるという、文書化された暗い過去があったが、それはニュースにはならなかった。

沈黙が破られたのは2016年、各国政府が人権上の義務を果たしているかどうかを決定する機関である国連恣意的拘禁に関する作業部会が、ジュリアン・アサンジは英国によって違法に拘禁されていると裁定し、英国政府に彼の釈放を求めた時だ。

英国とスウェーデンの両政府は、この国連調査に参加し、国際法の重みを持つその判決を守ることに同意した。英国の外務大臣フィリップ・ハモンドは、国会で立ち上がり、国連作業部会へ暴言を吐いた。

アサンジがスウェーデンの女性二人に乱暴したという事件は、警察がストックホルムのタブロイド紙に秘密裏かつ違法に接触し、アサンジを食い物にしようとするヒステリーに火を付けた瞬間からいかさまだった。ウィキリークスが米国の戦争犯罪を暴露したことで、ジャーナリストと自称する権力の手先とその既得権益者たちは顔に泥を塗られた。 このことについて、彼らが周囲の空気を読むことのないアサンジを許すことは絶対にないだろう。

アサンジを記事にすることは解禁状態になった。 アサンジをメディアで拷問しようとする者たちは互いの嘘と罵倒を切り貼りした。ガーディアン紙のコラムニスト、スザンヌ・ムーア氏は「彼は本当箸にも棒にもかからないクソ野郎」と書いている。彼が告発されたというのが世間の常識だったが、それは決して真実ではなかった。私の経歴の中で、激動の地、苦しみの地、犯罪の地で取材してきたが、こんなことはどこにもなかった。

アサンジの母国オーストラリアでは、この「もみくちゃ状態」が頂点に達した。オーストラリア政府は国民を米国に送り込もうと躍起になっていたため、2013年にジュリア・ギラード首相は、アサンジのパスポートを取り上げ、犯罪で告発しようと考えていた。 が、彼は犯罪を犯しておらず、市民権を剥奪する権利もないと指摘されるに至った。

ウェブサイト 「オネスト・ヒストリー」 によると、ジュリア・ギラードは、米国議会で卑屈この上ない演説をしている。オーストラリアは、アメリカの「頼れる相棒」だと彼女は述べ、拍手を浴びた。この「頼れる相棒」は、アメリカと共謀して、ジャーナリストであることを罪に問われている一人のオーストラリア人を捕縛しようとした。保護と適切な援助を受ける彼の権利は否定された。

アサンジの弁護士、Gareth Peirceと私はロンドンで二人のオーストラリア領事担当官に会ったが、とてもショックだったのは、彼らがこの事件について知っていることはすべて「新聞で読んだものです」と言われた時だった。 オーストラリアがこんな風に彼を見捨てたことが、エクアドルが政治亡命を認めた主な理由である。オーストラリア人として、私はこれが特に恥ずかしいことだと思った。

最近アサンジについて尋ねられた時、現オーストラリア首相のスコット・モリソンは「彼は自分の言動の報いを受けるべき」と言った。真実と権利、原則と法の尊重を欠いたこの種の暴力的言辞が、ほぼマードックの支配下にあるオーストラリアのマスコミが自分達の将来を心配している理由となっている。 ガーディアン紙しかり、ニューヨークタイムズ紙しかり、だ。 彼らの懸念には「アサンジが先例」という名前がついている。

アサンジに起きたことが自分たちにも起こりうることを知っている。彼に否定された基本的な権利と正義は彼らに対しても否定される可能性がある。 彼らは警告を受けたのだ。私たち全員警告を受けたのだ。

ジュリアンがベルマーシュ刑務所の残酷で非現実的な世界にいるのを見るたびに、私は彼を守っている人間一人一人の責任を思い起こす。 この事件には普遍的な諸原則の存亡がかかっている。彼自身、「私個人が問題なのではありません。その及ぼす範囲はずっとずっと広いです」ということを好んで語っている。

しかし、この注目すべき闘いの中心にいるのは、一人の人間だ。 そして何よりもこれは闘いだ。 その人間の性格、そう、その人間の性格が驚異的な勇気を示したということだ。 敬礼!




関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント