fc2ブログ

アメリカの天文学的薬価高騰のため、人々は生命維持用の
インシュリンをカナダにまで買いに行く

‘Astronomical’ US drug prices see people drive to Canada for life-saving insulin

RT Home/USA News/  2019年7月10日

(翻訳:新見明 2,019年8月14日)

<記事原文>寺島先生推薦
https://www.rt.com/usa/463812-big-pharma-insulin-canada/


アリソン・ニムロスは、アメリカの1型糖尿病薬の支援者で、カナダ、オンタリオ州ロンドンで低価格のインシュリンを買い求める旅をしている。2019年6月29日© Reuters / Carlos Osorio

ビッグ・ファーマ(巨大製薬会社)の便乗値上げのため、アメリカ人の一団は、母国での「天文学的価格」を避けて、救命薬を買うためだけに、カナダの国境を越え15時間のドライブを強いられる、と旅行の組織者の一人がRTに語った。 

アメリカではインシュリンの価格は、2002年から2013年の間にほぼ3倍になり、それ以降さらに64%の値上がりした。救命薬を買うために、ミネソタ州の一団が、最近15時間かけて815マイル(1,311km)を、バスでカナダまでやって来た。そこの薬は、アメリカよりずっと安いのだ。

多くのアメリカ人は、絶対的に必要とされる薬を、自国で買う余裕がないのだ、と旅行の共同組織者クイン・ナイストロームはRTに語った。国境を隔てて価格の違いは「膨大」なのだと。

    私はミネソタ州ミネアポリスのコンビニに行ってみた。
    [インシュリン]一瓶の小売価格は340ドルだ。私がオン
    タリオ州ロンドンのウォールマート薬局でそれを買いに
    行ったとき、小売り価格はUSドルで26ドルだった。

「インシュリンが高価なため、私は借金をしなければならなかった」と彼女は言った。「私は薬が余りに高価になったために、クレジット・カードに頼らなければならなかったが、天文学的値段のため、カード払いができないのだ。」


Also on rt.com US Big Pharma allowed to continue hiding ‘intimidating’ price info from customers in TV ads
(さらに読む)「アメリカのビッグ・ファーマは「恐ろしい」値段を、テレビCMで消費者から隠し続ける。」


旅を組織することは簡単なことではなかった。その旅はナイストローム・グループが5つのアメリカの州を巡り、キャラバンに乗客や車を参加させるため途中で時折停車した。旅には参加者にとって他の障害もあったと、ナイストロームはRTに語った。国境を越えた後でさえ、カナダの薬局は、地元メディアの注目を恐れて、私達を拒否さえしたのだ。

無数の制度的、経済的要素が、長年にわたるアメリカのインシュリン価格高騰に関係している。しかし製薬会社間の市場競争の欠如が問題だと指摘する専門家もいる。例えば、アメリカ食品医薬品局(FDA)による規制は、よりやすい代替製品を供給することができる小さな競争相手を閉め出すことができるようになっている。

「ときどきアメリカで起こることは、FDAが製薬会社に一定の注意基準を求めることである。その基準は膨大なので、小規模企業は、それが障害になって市場に参入することができないこともある」とワシントン・ペイン・センターのジョン・ドンブロウスキーはRTに語った。

「多分、6つか8つの製薬会社がインシュリンを作るのに必要だ。そして、そのためには、新たな競争者にとって障壁が少ないことをが必要だ」とドンブロウスキーは付け加えた。

1型糖尿病薬を支援しているT1インターナショナル・チャリティのニコール・スミス・ホルトは、「ビッグ・ファーマはこの何十年か薬価を高騰させることで悪名をはせている」とRTに語った。

「なぜ人々がインシュリンを買えなくて死んでしまうほど、[薬価]が高騰するのかまったくわけがわからない」と彼女は言った。

スミス・ホルトは、彼女の家族が「患者から金を巻き上げる製薬会社の究極の価格を、どうやって支払ったのかを語った。

    2017年、26歳の私の息子は、糖尿病ケトン・アシドー
    シスで死んだ。彼はインシュリンを買う余裕がなかった
    ので、少しずつ制限して使っていた。月々のインシュリン
    や糖尿病薬は1,300ドルだった。

アメリカ糖尿病教会(ADA)によると、約3000万人のアメリカ人が糖尿病を患っていて、
そのうち700万人以上がインシュリンに頼っている。ADAの評価では、糖尿病患者の医療支出は、処方箋や通院費用を考えると、糖尿病を患っていない人の2.3倍になる。

関連記事
スポンサーサイト



ジュリアン・アサンジは、アメリカに引き渡されたら、
拷問される、と国連報道官は警告する

Julian Assange faces ‘TORTURE’ if extradited to US – UN rapporteur warns

RT Home/World News/ 2019年7月29日 

(翻訳:新見明 2019年8月17日)

<記事原文>
https://www.rt.com/news/465279-assange-belmarsh-prison-torture/


© Ruptly and @JULIANA42636234

ジュリアン・アサンジがもしアメリカに引き渡されたら、拷問される可能性が多いにある、と国連拷問特別報道官は警告し、アサンジの現在の生活状態を明らかにした。

国連拷問特別報道官ニルス・メルツァーは、ロンドンのベルマーシュ刑務所を二人の医療専門家と共に訪れ、ウィキリークスの創設者が長年被ってきた虐待の程度を調べた。調査の後、メルツァーは、アメリカ、イギリス、エクアドル、そしてウエーデン政府に手紙を書き、調査結果を説明した。

メルツァーは週末に公表した手紙で、イギリスやウエーデンにアサンジをアメリカの司法当局に引き渡さないように、引き渡されれば48歳のアサンジは拷問される可能性があると訴えた。


Also on rt.com Exclusive: First VIDEO of Julian Assange in Belmarsh prison
(さらに読む)「最初の独占ビデオ:ベルマーシュ刑務所におけるジュリアン・アサンジ」


「アメリカで、アサンジ氏に対する、かなり目立った大衆的かつ当局の偏見に出会うと、アサンジは人道法で求められている公正な裁判が受けられるか疑わしい」とメルツァーは書いた。

    「私が強い懸念を表明するのは、もしアサンジ氏がアメリカに移送され、
     引き渡されたら、彼は拷問とか、他の残虐で非人道的なひどい扱いと
     か処罰を受ける危険性があるだろう。」


メルツァーは手紙で、アサンジの収監状態に光を当てた。彼の観察によれば、そのジャーナリストは、2×3メートルの独房に、1日約20時間閉じ込められている。彼は外底で30~60分過ごす。その他の時間(3~4時間)は、他の収監者と交わることが許されている。

またアサンジは、刑務所図書館や体育館にも入れなかった。私達が接見したとき、コンピューターも使えないので、彼にたいして係争中の多くの複雑な法的手続きを適切に準備することができないでいる。

Also on rt.com ‘Rubbish!’: Correa blasts CNN for claim that Assange made embassy into ‘command post for meddling’
(さらに読む)「くだらない!コレアは、アサンジが大使館の指令所に侵入したというCNNの主張を激しく批判する」


国連調査官はまた、ジャーナリストが肉体的にも精神的にも健康状態を悪化させていることを確認した。彼は「長期間続いた厳しい心理的ストレスや心配事や関連する精神的、情緒的苦痛のため、大きな抑鬱状態の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を引き起こす兆候を典型的に示していた。」

もしアサンジが精神科医にかからなかったら、彼の精神状態はさらに悪化するだろう、とメルツァーは警告した。「アサンジの健康状態と認識・知覚能力は、著しく損なわれてきたし、現在もそうである」とも強調した。
関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント