FC2ブログ

平壌はワシントンとの直接対話を求めている

Home/World News/

平壌(ピヨンヤン)はワシントンと直接対話を求めている。
モスクワは手助けする用意がある。-ラブロフ

2017.12.7 RT




ロシア外相セルゲイ・ラブロフ

北朝鮮は、自国の安全を保障するためアメリカと直接交渉したいと願っている、とロシア外相は明らかにした。セルゲイ・ラブロフは米国務長官レックス・ティラーソンにその事情を語り、モスクワはその話し合いに便宜をはかる用意があると述べた。

ラブロフ外相は「我々は、北朝鮮が自国の安全についてアメリカと話し合うことを望んでいること、知っている」とウィーンでテラーソンとの会談の後に語った。「ロシアはその話し合いの便宜をはかる用意がある」とラブロフとティラーソンは欧州安全保障協力機構(OSCE)会合の際に述べた。

-------------------
さらに読む

「もしでなく、いつ」:アメリカの恐喝外交が核戦争の可能性を不可避にしている、と北朝鮮は訴える。
------------------------------

ラブロフが繰り返し述べたことは、朝鮮危機に関連しているものすべてが「対決や無謀な計画や制裁という悪意のサイクルを打ち破るべき」で、そして意味のある対話を始めるべきだということだった。彼はまた朝鮮半島周辺で行われているアメリカの軍事演習やワシントンの攻撃的言辞も非難し、それはさらなるエスカレーションに至るだけで、受け入れがたいことだ、とも述べた

木曜日早朝、ロシア上院外務委員長コンサンチン・コサチェフは北朝鮮モスクワ大使と会って半島情勢について議論した。キム・ヨンジェ大使との意見交換に続いて、コサチェフは、ピョンヤンは緊張拡大に断じて興味はなく、本格的な軍事衝突を開始するなどもちろん否定した。そしてピョンヤンは「戦争を恐れることもない」 とキムは付け加えた。

コサチェフは、会談後にインターファックス通信社に語った。危機を解決する有効な手段は、関係諸国による対話であり、緊張を緩和するために全てが協力することである。「我々は緊張のエスカレーションや軍事行動には全く関心がない」と述べた。「ロシアはエスカレーションを防ぐために可能なあらゆることをするつもりだ」と彼は付け加えた。
-------------------------------
さらに読む

2017年4月21日米韓合同実弾軍事演習中に韓国軍戦車が実弾を撃つ。北朝鮮のミサイル発射はアメリカとその同盟国の武力による威嚇の結果だ。-ロシア上院議員
-----------------------------------------------------

ラブロフとコサチェフの両方が、緊張が9月初旬に高まった後すぐ、ロシアと中国によって出されたいわゆる「相互凍結」に再び言及した。その計画とは、その地域において、平壌の核や弾道ミサイル計画の中止と引き替えに、米国とその同盟国がすべての軍事演習をやめることであった。その計画はワシントンによって、にべもなく拒絶された。アメリカ国連大使ニキ・ヘイリーはその提案を「無礼だ」と非難した。

水曜日に北朝鮮外相は、アメリカの朝鮮半島周辺での軍事演習は、ワシントンの好戦的言辞と同様、その地域での戦争勃発を不可避にすると述べた。「残された問題は、戦争がいつ勃発するかである」と大臣のスポークスマンは北朝鮮国営ニュース(KCA)に語った。

月曜日にアメリカは韓国と大規模な共同航空演習を開始した。12月8日まで続く予定の5日間の演習は12,000人の要因と230機以上の軍用機が参加する。明らかにその軍事演習は、特にピョンヤンの核・ミサイル施設攻撃をシミュレーションした者で、それを「防衛的」と主張しているのだ。

11月下旬に北朝鮮は更にもう一つのミサイル実験を行った。それはアメリカ本土を攻撃できる新型の大陸間弾道弾であり、それは成功したと発表した。

英文記事
https://www.rt.com/news/412373-north-korea-us-direct-dialogue/

<新見コメント>
 長い英文を訳していると時間がかかって、なかなか今の情勢に追いつかないことがあります。寺島先生からRTの情報を教えていただいて、ここでも短くて、しかも重要な記事を翻訳することができました。
 トランプと安倍政権が北朝鮮危機を煽っているが、北朝鮮は自国防衛のためにやっていることであり、他国への侵略の意図はない。北朝鮮はむしろ対話による自国安定への道を探しているとロシアを仲介して訴えている。このことは大手メディアでは触れられていない重要なニュースだ。
 11月トランプ訪問で「安倍政権は米国からステルス戦闘機F35(1機147億円)計42機、欠陥輸送機オスプレイ(1機約114億円)計17機などの購入を決め、陸上配備型ミサイルシステム「イージス・アショア」(1基約800億円)も2~3基導入する方針だ。」(日刊ゲンダイ2017.11.9)北朝鮮危機を利用して安倍政権は軍備強化をし、トランプは米軍事産業に大もうけをさせて帰っていったのだ。
 「これが詐欺でなくてなんなのか。所得増税、たばこ増税、森林環境税、観光促進税・・・。選挙で勝った途端、庶民には大増税と負担増ラッシュだ。選挙公約だった「教育無償化」も、範囲や支給額については来年夏に先送り。それでいて、バカ高い武器購入ばかりが次々と決まっていく。」(日刊ゲンダイ2017.12.12)
 私たちは何のために北朝鮮危機を煽っているかをしっかり見極め、軍備増強への道、戦争への道を阻止していかなければならない。

関連記事
スポンサーサイト



ウクライナの隠された真実

The Hidden Truth About Ukraine, Kiev Euromaidan Snipers Kill Demonstrators. Italian Documentary Bombshell Evidence

Cheap Dignity of the Ukrainian Revolution

キエフ・ユーロマイダンのスナイパーがデモ隊を殺害する。
イタリアのドキュメンタリー番組が衝撃的証拠を
ウクライナ革命の安っぽい「尊厳」

by Oriental Review
グローバル・リサーチ2017.11.24
オリエンタル・リビュー2017.11.23

<記事原文>
https://bsahely.com/2018/03/24/the-hidden-truth-about-ukraine-and-the-us-involvement-in-the-maidan-massacre/

 
そのテレビドキュメンタリーは、イタリアのカナーレ5(チャンネル5)という大手メディアから放送された。チャンネル5はグループ・メディアセットSA所有の民放会社で、1987年元イタリア首相シルビオ・ベルルスコーニによって設立された。

 
チャンネル5はイタリアで最も視聴率の高いテレビである。
 
なぜ大手メディア・ニュースの報道対象にならず、この民放が2014年2月キエフ・ユーロマイダン・クーデターに関して「語られざる真実」を報道したのか。
 
その情報は大手メディアから出たが、有害な偽情報として大手メディアからレッテルを貼られていたからだ。
 
独立メディア(グローバル・リサーチを含む)がイタリアの外でその放送をしているのに、欧米企業メディアは2014年キエフ・ユーロマイダンのクーデターに潜む政治的理由や犯人やその影響について沈黙を守っている。
 
ミシェル・チョスドフスキー2017.11.24
 
***
 
ジョージア国籍のスナイパーたちとのインタビューは、イタリア人ジャーナリストのギアン・ミカレシンによって作られ、ミラノのチャンネル5(マトリクス・プログラム)の画期的なドキュメンタリーとして放映された。それは驚くべきことに、「尊厳の革命」として一般に知られる2014年のキエフ・クーデターの本当の犯人や組織者について証拠を提出しているのだ。
 
そのドキュメンタリーにはジョージア軍士官のアレクサンダー・レバジシビリ、コウバ・ネルガジェ、ザローギ・クバラツケリアが登場し、彼らはマムカ・マムラシビリによるキエフでの「特別任務」を遂行するために雇われた。マムカ・マムラシビリは 前防衛大臣バッチョ・アカライアの側近である。彼らは、2014年1月15日、偽の証明書を携えキエフに到着し、マイダン広場に移送されたと言っている。各々1000米ドルを受け取り、「仕事が終わったら」あと5000米ドルが支払われる約束をして、彼らはマイダン広場が見渡せるウクライナ・ホテルと音楽学校の建物の内部で射撃位置の準備した。
 

キエフのマイダン広場と周辺の建物地図
 
彼らが後に明らかにした事実は、衝撃的であった。ほかのスナイパー(何人かはリトアニア人であった)と共に、彼らはアメリカ軍の諜報部員ブライアン・クリストファー・ボーイナー(彼のフェイスブックページはこちら)の指揮下に置かれた。協力チームにはマムラシビリや悪名高いセルゲイ・パシンスキーも含まれていて、彼らは2014年2月18日車のトランクに射撃ライフルを潜ませていたので抗議側に拘束された。その後、彼らは最初のウクライナ臨時政府を率いた。武器は2月18日に登場し、ジョージア人やリトアニア・グループなどに配られた。「それぞれの袋に3・4個の武器があった。マカロフ拳銃やAKM銃やライフルと大量の弾薬があった」とネルガジェは証言している。
 
その翌日、マムラシビリとパシンスキーは、広場を銃撃し、混乱を引き起こすことだとスナイパーたちに説明した。「マムラシビリが到着したとき、私も彼に尋ねた。事態は混乱してきている。それでも我々は銃撃し始めなければならないのか、と。大統領選挙をやらせてはならない、と彼は答えた。「しかし誰を撃ったらいいのか?」と私は聞いた。彼は答えた。誰であろうと、どこであろうとかまわない。おまえたちは混乱を引き起こすために、どこでもいいから撃ちまくればいいのだ。
 
「木でもバリケードでも撃ってかまわなかった。もしくは火炎びんをもった人でもかまわなかった。要はパニックを引き起こすことだった。」
 
「私は叫び声を聞いた」とレバジシビリは振り返る。「下には多くの死者やけが人がいた。私の最初のそして唯一の思いは、捕まる前に急いで逃げることだった。そうしないと彼らは私を引き裂いてしまう。」
 
4年後、レバジシビリと二人の同僚は、約束された5000米ドルの支払いをまだ受け取っていないので、彼らを使い捨てにしたやつらの真相をしゃべることに決めたと訴えた。
 
英語字幕付きの全ドキュメンタリーは下記のところで見られる。




  
[2日後、マケドニアのニュース会社Infomaxはコーバ・ネルガジェとザロギ・クバラツケリアとの52分の夜のトーク番組を編成した。その中で彼らは背後関係やキエフの任務についてさらに詳しく情報提供をした。]
 
これら3人は後悔した士官として現れ、ただ「命令に従った」だけで、「人々を殺さねばならない」とは知らなかったと述べた。
控えめに言えば、プロの政治的暗殺集団のうぶな試みとも言える。一方、これらの告白と暴露の事実や時間は、決定的にキエフ現体制の激しい抗争と同時性をもっている。
 
ジョージア人の話では、最初から作戦が元ジョージア大統領ミハイル・サーカシビリによって起こされたと言っている。マムラシビリの上官バッチョ・アカライアは2012年10月大統領選挙で敗れたジョージアの指導者(サーカシビリ)ときわめて親密な間柄で信頼されていた人物であった(ヒューマン・ライツ・ウォッチは同じ月に「ジョージアのアブグレイブ」と言われるグルダニ刑務所の特別報告をしている)。ジョージア人の3人がキエフで汚い仕事に雇われたとき、アクハライアは権力の乱用のかどで刑事裁判にかけられていた。つまり司法省の刑務所を指導し、違法拘留や被収容者の拷問のかどで(2014年10月彼はチビリシ市法廷によって有罪とされ7年半の拘留が宣告された)。1年前の2013年11月に、ミハイル・サーカシビリはジョージアで複数の刑事罰に直面していて、アメリカに向かって出国し、公式的にはタフツ大学に落ち着いた。彼と彼の手下は、祖国で痛ましい敗北をきっしていたので、主人に強いられなかったらその任務失敗を埋め合わせるために、隣の国で危険で冒険的な計画に着手することは決してなかっただろう。 
 
いずれにしろ、ウクライナ危機の当初、ジョージアのソロス支援のネットワークがキエフで特別任務を遂行するために活発化していた。(悪名高いメングレル犯罪集団の申し子バッチョ・アカライアは、2000年代初期の奨学資金以来ずっとジョージア自由協会のソロス資金をもらっていた。)
 
4年後その協会は劇的に変化した。ポロシェンコとサーカシビリの民主同盟は粉々に分解した。サーカシビリは何ら安定した政治関係を築くことができない精神病患者であることが再びわかった(2017年9月ウクライナはジョージア政府の要請に応えてサーカシビリの引き渡しを考慮している)。一方11月1日、バッチョ・アカライアとサーカシビリはジョージア防衛省の元憲兵隊長の側近の一人メギス・カルダバはジョージアで同じ刑事告訴をされていて、ウクライナ国境で偽造パスポートのかどで拘留された。ウクライナ保安当局は彼が40日以内にトビリシに引き渡されることをすでに発表した。サーカシビリの身辺警護チームの他の数人のジョージア人はウクライナで逮捕され、10月下旬早々に祖国へ追放された。
 
これらのことがあって、ジョージア人スナイパー3人は、予防的にユーロマイダンの「真実を暴露した自発的内部告発者」としてイタリアテレビに登場することとなった。彼らが生け贄として逮捕され、罰せられる前に。
 
彼らはキエフ現体制の象徴的人物名を慎重に数多く挙げた。アンドリ・パルビー(ウクライナのベルコブナ・ラーダの現議長)、セグレイ・パシンスキー(親政府人民戦線を代表する国会議員)、ウラジミール・パラシウク(もう一人のカリスマ的国会議員)らは、2014年2月20日マイダン広場虐殺の組織者かつ協力者たちであったと。
 
彼らの主張は他の証拠によって確証されている。それらの事実の最も包括的な収集を、オタワ大学イバン・カチャノフスキー教授がこれまで行ってきた(彼は先週のイタリアのドキュメンタリーでもコメントした)。
 
悔い改めたスナイパーを我々がどう思おうが、彼らの公式の告白で人々を意図的に殺した責任を免れることはない。彼らは宣戦布告した戦争の戦場の兵士ではなかった。彼らは司令官から命令されたのではなかった。彼らはお金で汚い仕事をするように雇われたのだ。そして彼らがすることは汚い仕事であることに気づいていた。逆のことを証明しようとするおしゃべりは、滑稽である。だからこの3人、アレクサンダー・レバジシビリ、コウバ・ネルガジェ、ザロギ・クバラツケリアは彼らを雇い、命令した人々(マムカ・マムラシビリ(現在彼はドンバスのジョージア軍団の司令官)、ブライアン・ボーイナー(彼は2015年~2016年ドンバスのウクライナ側で戦っていた)と同様、そしてジージア、リトアニア、ウクライナから来たスナイパーたちは、ウクライナで又はユーロマイダン中に殺された市民の国々で裁判にかけられなければならない。次に裁判にかけられるのはウクライナの政治家や虐殺の主な受益者、つまり名前が挙がった者たち(アンドリ・パルビー、セグレイ・パシンスキー、ウラジミール・パラシウク)と未だ公表されていない者たちである。


2014年マイダン広場でなくなった100人
 
事実上、未だ報告されていないこの話は、ポロシェンコ体制の正当性を完全に崩すものだ。「尊厳の革命」の犠牲者の墓の上に、長く苦しむ国民に現支配者がそら涙を流そうとも、これからずっと、いつも彼ら自身の支持者をも大量殺害したポロシェンコ体制の犯罪的役割が叫ばれ、明るみ出されるだろう。外国のスナイパー各々にたった1000米ドルを支払って、彼らは何百万人のウクライナ市民の夢と信頼を傷つけて権力についたのだ。それは国家的大惨事の首謀者が言うクライナの「尊厳」の本当の代償であった。
 
記事原文
https://www.globalresearch.ca/the-hidden-truth-about-ukraine-italian-documentary-bombshell-evidence-kiev-euromaidan-snipers-kill-demonstrators/5619684
 
<新見コメント>
2014年のウクライナ政変は欧米勢力に支援されたクーデターであることがはっきりしている。しかし、大手メディアではいまだに民主革命であるかのように描かれている。そしてクリミアの住民投票によるロシア編入はロシアからの侵略のように書かれている。進歩的と言われる東京新聞でさえモスクワ特派員が、クリミア編入や東部住民の抵抗はロシアの介入と思って欧米の外電を鵜呑みにして書いている。怒りがこみ上げてくる。
 
2014年からだいぶたってしまったが、歴史の真実を探る上でもこの記事は重要である。マイダン広場で射撃手は警備側もデモ側も区別なく無差別に殺害していた事実はわかっているが、それがアメリカ情報部員の指令の下に、雇われたスナイパーが行ったという証言は貴重である。
 
このウクライナの政変に関しては、以前私が訳した「マレーシア航空撃墜事件」なども載せていく予定です。

参考文献
IWJブログ】反政府デモ隊狙撃のスナイパーの背後にいるのは新政府!?EU外相とエストニア外相の電話会談の内容がリーク~ロシア国営メディアが報道 2014.3.12
  iwj.co.jp/wj/open/archives/129141
 
 kenchicjunreiのブログ
  ウクライナ革命。狙撃手が、政府側と、反政府側の、両方に向け狙撃した。
  March 09 [Sun], 2014, 4:14
  http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/112
 
関連記事

プロフィール

tmmethod

Author:tmmethod
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
リンク
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新コメント