FC2ブログ

汚い小さな秘密 アルジャージーラのニュース

<朝鮮戦争の読書メモを書いている際に、貴重な資料だったので翻訳しました(翻訳:岩間龍男)>

汚い小さな秘密 Dirty Little Secrets

アルジャジーラ 2010年3月10日

http://english.aljazeera.net/programmes/peopleandpower/2010/03/201031761541794128.html

 この夏は朝鮮戦争開始から60年目の記念日に当たります。血なまぐさい3年間の戦争は、共産主義国の北朝鮮とアメリカに率いられた国連の連合軍によって支援を受けた南朝鮮を対決させました。

 それは冷戦の最初の武力紛争であり、1953年に休戦が合意されるまでに、200万人の兵士と200万人の民間人が殺傷されました。

 60年たっても、いまだに戦争は正式には解決していません。

 両陣営の軍隊は38度線でお互いに対峙しています。その一方で、ワシントンと北朝鮮の首都である平壌の関係は、北朝鮮の核兵器のプログラムをめぐる厳しい論争に支配されています。

 しかし、両陣営につきまとい続ける別の厳しい歩み寄りのない論争があります。

 北朝鮮が主張しているのは、戦争中にアメリカが朝鮮の民間人に対して生物兵器を使用したということです。炭疽菌、腸チフス、腺ペストに感染した昆虫や貝類や羽を含んだ「細菌」爆弾を国中の村々に投下したというのです。

続きを読む»

スポンサーサイト