FC2ブログ

ドンバス指導者の暗殺<分析>

Donbass leader’s murder shows Kiev clearly wants to end Ukrainian crisis by force – analysts

RT  Home/World News/ 2018年8月31日
(翻訳:新見明  2018年9月11日)
<記事原文> https://www.rt.com/news/437376-dpr-murder-kiev-ukraine-force/

FILE PHOTO. © Anatolii Stepanov / Global Look Press

ドネツク人民共和国(自称)の指導者アレクサンドル・ザハルチェンコの暗殺は、キエフによって「まことしやかに」画策され、それはウクライナ政府の本来の計画を明るみに出したのだと、専門家はRTに語った。

モスクワは、金曜日のDPR(ドネツク人民共和国)の指導者を殺したドネツク爆破事件の背後にウクライナ政府がいると糾弾した。彼の死は実際キエフ政権の戦争屋にとって利益をもたらすとアナリストは分析している。

Read more

(写真)ドネツク人民共和国(DNR)(自称)の指導者アレクサンドル・ザハルチェンコが東ウクライナの爆破で殺された。


「ザハルチェンコの殺害は、まずウクライナの強硬派を利するものである。彼らはミンスク合意やドンバス地域の人々とのどんな和平合意にも関心がないからである」と政治評論家のアレクサンダー・パビッチは暗殺に関して述べた。強硬派は「ウクライナ大統領(ペトロ)・ポロシェンコ自身によって率いられていて」、それ故、強硬派は現政府の中心勢力である、とハビッチは考えている。

元アメリカ外交官ジム・ジャトラスはRTに次のように語った。キエフはいつもウクライナ紛争を「ゼロサムゲーム」と考えている。そして「ドネツクとルガンスク共和国指導者を弱体化するものは何でもキエフにプラスになると考えられているちがいない」。「この殺害は先制攻撃のパターンに当てはまる」。キエフは自称の共和国に攻撃を開始したのだ、と。

「キエフは一度も政治的調整に関心を持ったことがない」

ザハルチェンコの殺害が明らかに示していることは、キエフ政府がいつも東ウクライナを「武力によって片づける問題だ」と考えていることだ、とイギリスの哲学者、歴史家、作家のジョン・ラーフランドはRTに語った。

Read more

© Sputnik「テロリストの戦術」: 反逆罪で告訴されたロシア人ジャーナリストは、ウクライナ刑務所で100日目になる。


ラーフランドはラーフランドは次のように言った。キエフはいつも自称共和国勢力を「ロシア人戦闘員でウクライナ人戦闘員ではない」。ウクライナは「もし自分の領土の人々が外国の侵略者であるとするなら、外国の侵略者とはドンバスの人々のことだ。と言うことはキエフは政治的解決には関心がなく、彼らを自分たちの市民とは考えていない」と。

ラーフランドは続けて述べた。ザハルチェンコの殺害は「いくらかの人々が知っているかもしれないことを・・・つまりウクライナが政治的解決に関心がないということを、全世界に示していることだ。またポロシェンコはウクライナ連邦化に強固に反対していることをごく最近表明した。それは結局、彼が東ウクライナの自治に反対であり、ミンスク合意を実行する意思がないということだ、と。

ポロシェンコの言葉はジャトラスの言葉の繰り返しだった。つまりジャトラスは「もしミンスク合意過程が全く死んでしまったことにだれかが疑問を抱くなら、そのような疑問は終わらせるべきだ」と述べたのだ。一方パビッチは、暗殺が、最近のプーチン・メルケル会談後のミンスク合意過程への新たな勢いを葬り去ろうとする意図が明らかにあるということだ、と述べた。

西欧は、「キエフにあまりに多額の投資をした」のだ

しかしこれら全ての事実が、西欧においてウクライナ紛争への態度を変えることはない。なぜなら西欧諸国は、真実よりも彼ら自身の利害を気にかけているからだ、とアナリストは警告した。
 
ヨーロッパの政策立案者たちは「多くの政治資金を、ロシアのウクライナ侵略説を正当化することに投資してきた」。そして今や、それはEUの公式見解でもある、とラーフランドは述べた。たとえ彼らが本当の状況がどんなものであるかを理解したとしても、「彼らが考えを変えるにはなおかなり時間がかかるだろう」、と彼は警告した。

Read more

アメリカ軍人がキエフで、ウクライナ独立記念日のリハーサルで行進している。「彼らの家の主人?」、ボルトンが独立記念日でウクライナを「視察」する。


アメリカやヨーロッパ当局がウクライナ支援の増加までも約束した模様で、「ワシントンとモスクワの和解の見込みはないことを確認し」、さらなる緊張を高めるものは何でも歓迎したがっていると、ジェトラスは見ている。

この事件は、「ロシア・ウクライナの緊張の高まりに興味をしめす全ての外国勢力」を利するものである。それはアメリカの陰の政府やリベラル介入主義のNATOやイギリスに導かれ、現在、無謀な反ロシアキャンペーンを展開している、とパビックは述べた。

西欧は結局、ザハルチェンコの殺害を地域の活動家のせいにしようとし、ある種の内部抗争の結果として濡れ衣をきせるだろうと、アナリストは予想した。この事件はまたアメリカにおける反ロシアヒステリーを推進する「ポロシェンコの立場を高める」ことになると、パビックは続けた。彼らの多くがジョン・マケインの葬儀に参列し、ポロシェンコも参列する予定になっている。

一方、大手メディアはその問題を過小評価しがちで、あるいはそれを単に無視するのだ。ラーフランドは、この殺害がその地域の状況に悲惨な結果をもたらすだろうと警告した。「もしかするとこの殺害は、あらゆる政治的解決の可能性を壊すだろう。そして我々はウクライナ紛争の最悪の時期に戻されるだろう。それは政治的交渉過程を破壊することになるだろう」と彼は述べた。
スポンサーサイト

「街は孤児になった」。12万人の会葬者が殺害されたドネツク、ドンバスの指導者に別れを告げる(写真)

Home/World News/

‘The city is orphaned’: 120,000 mourners bid farewell to murdered Donbass leader in Donetsk (PHOTOS)

2018年9月2日

(PHOTOS)
(翻訳:新見明 2018年9月6日)
<記事原文>https://www.rt.com/news/437440-donbass-leader-murder-funeral/

ウクライナのドネツクで、人々はアレキサンドル・ザハルチェンコに別れを告げるため並んでいる。

少なくとも12万人が、ドネツク人民共和国(自称)の指導者アレクサンドル・ザハルチェンコの葬儀に参列した。金曜日、東ウクライナのドネツク市で、彼は爆発によって殺された。

ザハルチェンコの遺体は、国立アカデミーオペラ、バレー劇場のロビーに置かれていた。そこは、DPR(自称ドネツク人民共和国)の指導者が殺害されたカフェ・セパールからほど近いところにある。


12万人以上が、殺害された指導者にお別れをするためにやって来た、と市委員会のスポークスマンが記者に語った。


ドンバスの指導者の葬儀に、人々は花束を携えてやってきた。「(私達は)涙に暮れるしかありません!私達はなんて言ったらいいのかわかりません」と、ドネツク地区のヤシノバターヤの町からやってきた三人の女性がRIAノーボスチに語った。

「こんなこと(殺害)が、いったいどうして起こったのか!多くの母親が子供と歩いていて、普通の人々が歩いている市のど真ん中で起こったのです!」と、もう一人の悲しみに暮れた女性が叫んだ。ザハルチェンコは結婚していて、4人の息子が残された。


モスクワは43歳のザハルチェンコの殺害に非難声明を出した。「殺害はウクライナのあらゆる和平行程を阻害するものである。東ウクライナにおいて、ミンスク合意実現を葬り去ることを狙ったあからさまな挑発行為だ」とロシア外相セルゲイ・ラブロフは土曜日に語った。


ザハルチェンコは2014年11月以来DPR(ドネツク人民共和国)を率いてきた。2014年11月はウクライナ大統領ビクトル・ヤヌコービッチがクーデターによって追放され、危機が勃発したときだ。ドネツク州は隣のルガンスク州とともに、キエフ政府と衝突を繰り返していた。彼らは2014年のクーデターによる新政府受け入れを拒否し、自分たちで共和国を打ち立てた。ザハルチェンコは、以前から度重なる暗殺の試みから生き延びてきていた。


ウクライナの隠された真実

キエフ・ユーロマイダンのスナイパーがデモ隊を殺害する。
イタリアのドキュメンタリー番組が衝撃的証拠を
ウクライナ革命の安っぽい「尊厳」

by Oriental Review
グローバル・リサーチ2017.11.24
オリエンタル・リビュー2017.11.23

 

そのテレビドキュメンタリーは、イタリアのカナーレ5(チャンネル5)という大手メディアから放送された。チャンネル5はグループ・メディアセットSA所有の民放会社で、1987年元イタリア首相シルビオ・ベルルスコーニによって設立された。
 
チャンネル5はイタリアで最も視聴率の高いテレビである。
 
なぜ大手メディア・ニュースの報道対象にならず、この民放が2014年2月キエフ・ユーロマイダン・クーデターに関して「語られざる真実」を報道したのか。
 
その情報は大手メディアから出たが、有害な偽情報として大手メディアからレッテルを貼られていたからだ。
 
独立メディア(グローバル・リサーチを含む)がイタリアの外でその放送をしているのに、欧米企業メディアは2014年キエフ・ユーロマイダンのクーデターに潜む政治的理由や犯人やその影響について沈黙を守っている。
 
ミシェル・チョスドフスキー2017.11.24
 
***
 
ジョージア国籍のスナイパーたちとのインタビューは、イタリア人ジャーナリストのギアン・ミカレシンによって作られ、ミラノのチャンネル5(マトリクス・プログラム)の画期的なドキュメンタリーとして放映された。それは驚くべきことに、「尊厳の革命」として一般に知られる2014年のキエフ・クーデターの本当の犯人や組織者について証拠を提出しているのだ。
 
そのドキュメンタリーにはジョージア軍士官のアレクサンダー・レバジシビリ、コウバ・ネルガジェ、ザローギ・クバラツケリアが登場し、彼らはマムカ・マムラシビリによるキエフでの「特別任務」を遂行するために雇われた。マムカ・マムラシビリは 前防衛大臣バッチョ・アカライアの側近である。彼らは、2014年1月15日、偽の証明書を携えキエフに到着し、マイダン広場に移送されたと言っている。各々1000米ドルを受け取り、「仕事が終わったら」あと5000米ドルが支払われる約束をして、彼らはマイダン広場が見渡せるウクライナ・ホテルと音楽学校の建物の内部で射撃位置の準備した。
 

キエフのマイダン広場と周辺の建物地図
 
彼らが後に明らかにした事実は、衝撃的であった。ほかのスナイパー(何人かはリトアニア人であった)と共に、彼らはアメリカ軍の諜報部員ブライアン・クリストファー・ボーイナー(彼のフェイスブックページはこちら)の指揮下に置かれた。協力チームにはマムラシビリや悪名高いセルゲイ・パシンスキーも含まれていて、彼らは2014年2月18日車のトランクに射撃ライフルを潜ませていたので抗議側に拘束された。その後、彼らは最初のウクライナ臨時政府を率いた。武器は2月18日に登場し、ジョージア人やリトアニア・グループなどに配られた。「それぞれの袋に3・4個の武器があった。マカロフ拳銃やAKM銃やライフルと大量の弾薬があった」とネルガジェは証言している。
 
その翌日、マムラシビリとパシンスキーは、広場を銃撃し、混乱を引き起こすことだとスナイパーたちに説明した。「マムラシビリが到着したとき、私も彼に尋ねた。事態は混乱してきている。それでも我々は銃撃し始めなければならないのか、と。大統領選挙をやらせてはならない、と彼は答えた。「しかし誰を撃ったらいいのか?」と私は聞いた。彼は答えた。誰であろうと、どこであろうとかまわない。おまえたちは混乱を引き起こすために、どこでもいいから撃ちまくればいいのだ。
 
「木でもバリケードでも撃ってかまわなかった。もしくは火炎びんをもった人でもかまわなかった。要はパニックを引き起こすことだった。」
 
「私は叫び声を聞いた」とレバジシビリは振り返る。「下には多くの死者やけが人がいた。私の最初のそして唯一の思いは、捕まる前に急いで逃げることだった。そうしないと彼らは私を引き裂いてしまう。」
 
4年後、レバジシビリと二人の同僚は、約束された5000米ドルの支払いをまだ受け取っていないので、彼らを使い捨てにしたやつらの真相をしゃべることに決めたと訴えた。
 
英語字幕付きの全ドキュメンタリーは下記のところで見られる。(訳注:クリックしてみたがうまく接続できなかった)
  https://youtu.be/wR1NFI6TBH0
 
  https://youtu.be/V0rR2Fh1zWI
 
[2日後、マケドニアのニュース会社Infomaxはコーバ・ネルガジェとザロギ・クバラツケリアとの52分の夜のトーク番組を編成した。その中で彼らは背後関係やキエフの任務についてさらに詳しく情報提供をした。]
 
これら3人は後悔した士官として現れ、ただ「命令に従った」だけで、「人々を殺さねばならない」とは知らなかったと述べた。
控えめに言えば、プロの政治的暗殺集団のうぶな試みとも言える。一方、これらの告白と暴露の事実や時間は、決定的にキエフ現体制の激しい抗争と同時性をもっている。
 
ジョージア人の話では、最初から作戦が元ジョージア大統領ミハイル・サーカシビリによって起こされたと言っている。マムラシビリの上官バッチョ・アカライアは2012年10月大統領選挙で敗れたジョージアの指導者(サーカシビリ)ときわめて親密な間柄で信頼されていた人物であった(ヒューマン・ライツ・ウォッチは同じ月に「ジョージアのアブグレイブ」と言われるグルダニ刑務所の特別報告をしている)。ジョージア人の3人がキエフで汚い仕事に雇われたとき、アクハライアは権力の乱用のかどで刑事裁判にかけられていた。つまり司法省の刑務所を指導し、違法拘留や被収容者の拷問のかどで(2014年10月彼はチビリシ市法廷によって有罪とされ7年半の拘留が宣告された)。1年前の2013年11月に、ミハイル・サーカシビリはジョージアで複数の刑事罰に直面していて、アメリカに向かって出国し、公式的にはタフツ大学に落ち着いた。彼と彼の手下は、祖国で痛ましい敗北をきっしていたので、主人に強いられなかったらその任務失敗を埋め合わせるために、隣の国で危険で冒険的な計画に着手することは決してなかっただろう。 
 
いずれにしろ、ウクライナ危機の当初、ジョージアのソロス支援のネットワークがキエフで特別任務を遂行するために活発化していた。(悪名高いメングレル犯罪集団の申し子バッチョ・アカライアは、2000年代初期の奨学資金以来ずっとジョージア自由協会のソロス資金をもらっていた。)
 
4年後その協会は劇的に変化した。ポロシェンコとサーカシビリの民主同盟は粉々に分解した。サーカシビリは何ら安定した政治関係を築くことができない精神病患者であることが再びわかった(2017年9月ウクライナはジョージア政府の要請に応えてサーカシビリの引き渡しを考慮している)。一方11月1日、バッチョ・アカライアとサーカシビリはジョージア防衛省の元憲兵隊長の側近の一人メギス・カルダバはジョージアで同じ刑事告訴をされていて、ウクライナ国境で偽造パスポートのかどで拘留された。ウクライナ保安当局は彼が40日以内にトビリシに引き渡されることをすでに発表した。サーカシビリの身辺警護チームの他の数人のジョージア人はウクライナで逮捕され、10月下旬早々に祖国へ追放された。
 
これらのことがあって、ジョージア人スナイパー3人は、予防的にユーロマイダンの「真実を暴露した自発的内部告発者」としてイタリアテレビに登場することとなった。彼らが生け贄として逮捕され、罰せられる前に。
 
彼らはキエフ現体制の象徴的人物名を慎重に数多く挙げた。アンドリ・パルビー(ウクライナのベルコブナ・ラーダの現議長)、セグレイ・パシンスキー(親政府人民戦線を代表する国会議員)、ウラジミール・パラシウク(もう一人のカリスマ的国会議員)らは、2014年2月20日マイダン広場虐殺の組織者かつ協力者たちであったと。
 
彼らの主張は他の証拠によって確証されている。それらの事実の最も包括的な収集を、オタワ大学イバン・カチャノフスキー教授がこれまで行ってきた(彼は先週のイタリアのドキュメンタリーでもコメントした)。
 
悔い改めたスナイパーを我々がどう思おうが、彼らの公式の告白で人々を意図的に殺した責任を免れることはない。彼らは宣戦布告した戦争の戦場の兵士ではなかった。彼らは司令官から命令されたのではなかった。彼らはお金で汚い仕事をするように雇われたのだ。そして彼らがすることは汚い仕事であることに気づいていた。逆のことを証明しようとするおしゃべりは、滑稽である。だからこの3人、アレクサンダー・レバジシビリ、コウバ・ネルガジェ、ザロギ・クバラツケリアは彼らを雇い、命令した人々(マムカ・マムラシビリ(現在彼はドンバスのジョージア軍団の司令官)、ブライアン・ボーイナー(彼は2015年~2016年ドンバスのウクライナ側で戦っていた)と同様、そしてジージア、リトアニア、ウクライナから来たスナイパーたちは、ウクライナで又はユーロマイダン中に殺された市民の国々で裁判にかけられなければならない。次に裁判にかけられるのはウクライナの政治家や虐殺の主な受益者、つまり名前が挙がった者たち(アンドリ・パルビー、セグレイ・パシンスキー、ウラジミール・パラシウク)と未だ公表されていない者たちである。


2014年マイダン広場でなくなった100人
 
事実上、未だ報告されていないこの話は、ポロシェンコ体制の正当性を完全に崩すものだ。「尊厳の革命」の犠牲者の墓の上に、長く苦しむ国民に現支配者がそら涙を流そうとも、これからずっと、いつも彼ら自身の支持者をも大量殺害したポロシェンコ体制の犯罪的役割が叫ばれ、明るみ出されるだろう。外国のスナイパー各々にたった1000米ドルを支払って、彼らは何百万人のウクライナ市民の夢と信頼を傷つけて権力についたのだ。それは国家的大惨事の首謀者が言うクライナの「尊厳」の本当の代償であった。
 
記事原文
https://www.globalresearch.ca/the-hidden-truth-about-ukraine-italian-documentary-bombshell-evidence-kiev-euromaidan-snipers-kill-demonstrators/5619684
 
<新見コメント>
2014年のウクライナ政変は欧米勢力に支援されたクーデターであることがはっきりしている。しかし、大手メディアではいまだに民主革命であるかのように描かれている。そしてクリミアの住民投票によるロシア編入はロシアからの侵略のように書かれている。進歩的と言われる東京新聞でさえモスクワ特派員が、クリミア編入や東部住民の抵抗はロシアの介入と思って欧米の外電を鵜呑みにして書いている。怒りがこみ上げてくる。
 
2014年からだいぶたってしまったが、歴史の真実を探る上でもこの記事は重要である。マイダン広場で射撃手は警備側もデモ側も区別なく無差別に殺害していた事実はわかっているが、それがアメリカ情報部員の指令の下に、雇われたスナイパーが行ったという証言は貴重である。
 
このウクライナの政変に関しては、以前私が訳した「マレーシア航空撃墜事件」なども載せていく予定です。

参考文献
IWJブログ】反政府デモ隊狙撃のスナイパーの背後にいるのは新政府!?EU外相とエストニア外相の電話会談の内容がリーク~ロシア国営メディアが報道 2014.3.12
  iwj.co.jp/wj/open/archives/129141
 
 kenchicjunreiのブログ
  ウクライナ革命。狙撃手が、政府側と、反政府側の、両方に向け狙撃した。
  March 09 [Sun], 2014, 4:14
  http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/112