FC2ブログ

通貨戦争はエスカレートする: 「オイル元」が、米軍が支援する「オイル・ダラー」に挑戦するとき

The Currency War Will Escalate as China’s ‘Petro-Yuan’ Challenges the U.S. Military-Backed ‘Petro-Dollar’

ティモシー・アレクサンダー・グズマン

グローーバル・リサーチ 2018.6.24
(翻訳:新見明 編集:大手山茂)
<記事原文>
https://www.globalresearch.ca/a-currency-war-will-escalate-as-chinas-petro-yuan-is-set-to-challenge-the-u-s-military-backed-petro-dollar/5616456

現在進行している通貨戦争に関連して。最初2017年11月に発表。


米ドルとそれに関連した地政学的状況に関して、私の頭をいつもよぎる一つの引用は、トレンド調査研究所の創設者ジェラルド・セレンテの言葉だ。「他の全てが失敗したとき、彼らは戦争へと導く」

米ドルが世界の主要準備通貨の地位を失い続けるとき、世界戦争の現実は避けられないようだ。特に中国、ロシア、イランが、米ドルを回避して、「オイル元」のような他の通貨に肩入れする戦略的動きをしているときはなおさらだ。中国は自分の通貨「元」で石油価格を決定するとした。そのような新たな金に裏付けられた先物契約は、世界経済の力学を変えることになるだろう。中国は今年後半にオイル元を開始する準備をしている。それは結果的に世界準備通貨としての米ドルを脅かすことになるだろう。

第二次世界大戦の終結時、国際経済システムは大混乱していた。だから新しい経済システムを構築するために一つの計画が考案されていた。1944年7月までに730人の代表団がニュー・ハンプシャー州ブレトンウッズの国連金融財政会議に集まって、歴史的ブレトンウッズ協定にサインした。それは国際復興開発銀行(IBTD)と国際通貨基金(IMF)を創設することになる規則体系を作り出す計画であった。IMFの主目標は支払いの一時的不安定を阻止することであった。ブレトンウッズ協定の枠組みは、国家間の貨幣価値を管理することであった。各国は金に換算できる固定価格内に自国通貨の交換比率を保つ金融政策を持たなければならなかった。しかし1971年までにアメリカは米ドルと金の兌換性を終了させた(当時、金の固定率は1オンス35ドルだった)。そしてアメリカが米ドルを法定不換紙幣にすることになり、ブレトンウッズ体制を終わらせたのだ。法廷不換紙幣とは、中央銀行(特に米連邦準備銀行)にお金をどんどん印刷することを認めることなのだ。

そこで中国の動きが重要になるだろう。まず第一に、中国は、ワシントンが勝手にどの国にも経済的制裁を課す能力を徐々に現象させるだろう。そして同時にアメリカの消費者は、輸入品がさらに高価になるので、ゆっくりとの購買力を減少させるだろう。

中国(米国債の最大の保有者)は、石油の最大輸入国である。一方ロシアは世界で最大の輸出国であり、オイル元を使っオイルダラーを回避することに同意した。オイル元は世界中の米ドルのヘゲモニーを脅かしている。ワシントンの大敵である数カ国、イランやベネズエラやインドネシア(現在ワシントンの攻撃目標になっていない)さえも、最近石油取引で米ドルから元への切り替えに加わることに興味を示しているのだ。

大手メディアは、中国がドルを回避し、国際社会でペトロ元を導入する最近の展開を報道している。CNBCの記事、「中国はドルを退位させる大望を抱いている。それは今年の大きな動きとなるかもしれない」の中で次のように書いている。

  
中国は、ドルの世界支配に対抗する大きな動きをするつもりである。それは今年早々になるかもしれない。新しい戦略は、エネルギー市場の支援に積極的に参加することだ。北京はこの数ヶ月のうちに石油価格決定の新たな方法を導入する可能性がある。しかし現在世界市場を支配している米ドルに基づく契約とは異なって、これは中国自身の通貨を使用することになる。もし中国が希望するように、広範な採用があれば、それは世界で最大の通貨としての米ドルの地位に対抗する第一歩となるだろう。

中国は世界最大の石油輸入国だ。だから北京は自国通貨が世界経済の最も重要な商品の価格を決定するのは当然のことだとみている。しかしそれ以上に、ドルから離れることは、中国やロシアのような国にとって戦略的優先事項なのだ。両国とも米ドル依存度を減らし、米国の通貨リスクを減らし、アメリカの経済制裁の影響に歯止めをかけようとしているのだ。


ワシントンはドナルド・トランプ大統領が先頭に立って、もう一つの戦争である北朝鮮と衝突過程にある。アメリカ負債帝国は、生命維持装置としての米ドルの力で、戦争という脅しを使い続けていている。ある場合には世界で、ワシントンの攻撃目標であるイランやシリアやベネズエラと実際に戦争をしている。イランとロシアは、ワシントンから課される経済制裁を避けるために米ドルからすでにゆっくりと移行している。ベネズエラも米ドルに対抗する動きをすでに準備している。ロイターは、マドゥーロ政権が石油輸出の新たな国際決済システムを実施する決定について報道しなかった。しかし「ベネズエラのマドゥーロは中国元を支持し、米ドルを避けるだろう」という見出しの報道は、マドゥーロがベネズエラ、カラカス連邦立法宮殿での憲法制定議会で述べたことを次のように引用した。

「ベネズエラは新たな国際決済システムを実施し、ドルから我々を解放してくれる通貨バスケットを創設するだろう」とマドゥーロは新たな立法府に対して数時間に及ぶ演説で語ったが、新たな制度の詳細は語らなかった。「もし彼らが我々にドルを求めるなら、我々はロシアのルーブルや元やインドのルピーやユーロを使うだろう」とマドゥーロは述べた。


「中国、サウジアラビアへ元での石油取引を“強要”、その米ドルへの影響」とだいされたCNBCのもう一つの最近の記事で、高度流通経済のチーフ・エコノミスト、理事長カール・ワインバーグへのインタビューがあった。それは世界最大の石油輸入国である中国が、サウジアラビアに「オイル元」を強要した場合、アメリカドル体制が近い将来どのように世界の支配力を失うかがテーマだった。

        
中国が「世界最大の石油輸入国」としてアメリカの地位を奪ったので、北京は石油需要において世界で最も影響力を持った国になっている、とチーフ・エコノミスト、理事長のカール・ワインバーグは述べた。

ワインバーグは続けて、サウジアラビアは「このことを無視できない。今後1・2年もたたないうちに、中国の石油需要はアメリカのそれを圧倒するからだ。元の石油価格決定力は、サウジがそれを受け入れるや否や実現するだろう。こういった動きと平行して他の石油市場も歩調をあわせることになるだろう」と述べた。


米ドルは世界の準備通貨としての地位を徐々に失いつつある。そうすると中国との戦争の可能性があるのか。アメリカは、中国への容赦ない警告として、北朝鮮を攻撃するのか。それとも米ドルを救おうとして、中国を紛争に巻き込むのか。サダム・フセインはイラクの石油輸出で米ドルの代わりにユーロでの取引を望んだ。リビアのムアンマール・カダフィはアフリカ大陸で米ドルを退けて、ディナール金貨を使うことを望んだ。イラクとリビア両国によってなされた決定は、米・NATO軍による国家破壊へと導く結果となった。アメリカは中国に対しても同じことができるのか。私はそれを疑わしく思う。なぜなら中国はアメリカのどんな攻撃に対しても防衛できる侮りがたい軍隊を持っているからだ。確かに中国はイラクやリビアではない。それでは長期的に見て、中国に対する戦争はあるのだろうか。アメリカはゆっくりと着実に崩壊しているので、ワシントンは生き残りのためなら何でもするだろう。米ドルが、軍産複合体と、それが世界で仕掛けている破壊的でとてつもなく金のかかる軍事的冒険を支えているからだ。

「オイル元」の開始が、いわゆる脱ドル化の過程を促進するだろう。しかしオイル元がいつか米ドルをひっくり返すことをわかっていない人々が大手メディアにはいる。例えば、ブルームバーグ・ニュースのディビッド・フィックリングは「オイル元の時代はやってこない」と書いていた。 
        
例えば、中国の大連商品取引場で最も取引されている商品、鉄鉱石をご覧なさい。本土の商品市場が最近、過熱気味であるが、ロンドンやニューヨークの主要取引契約よりも気配値にまだ数倍の開きがある。そのため取引はコスト高になり、価格の乱高下も激しく、適正価格発見力も弱くなる。中国は現有の大消費国なのだから、こういった不安定な変動には異論を唱えてしかるべきだ。

考慮すべき生産国もいる。ほとんどの中東の石油輸出業者はドルペグの通貨をもっている。元による価格決定に転換することは、はっきりしないもうけのために予算に外国為替リスクをもたらすことになる。特に中国への原油輸出は産油国全体では20%にも満たないからである。

予定された契約が役に立たないということではない。中国は自分の目的にもっと適した基準を持つことで利益を得るだろう。特に、現地の製油所によって精製される硫黄化合物を含んだ原油を対象とする契約はそうだ。西側主要諸国が結ぶ契約をさせている硫黄分の少ない形質の原油とは事情が異なる。

ただそれが世界を変えるとは期待できない。経済的重心が東へ移動しているのだが、西テキサスや北海との石油コネクションはこれから何年も強いだろう。


「通貨戦争:次の世界危機を作るもの」の著者ジェイムズ・リカーズはこのフィックリングの分析にきっと賛成しないだろう。

        
自国で紙幣を印刷することは中国では高いインフレ、エジプトでは物価高騰、ブラジルでは株式バブルを意味する。ドル紙幣をどんどん印刷することはアメリカ国債の価値が下がり、外国債権者を売却する場合に手取りが少なくなるということだ。このアメリカ国債価値下落はいろいろな経済発展活動分野で執拗者が増えることを意味する。アメリカへの輸出品の値段が高騰し、その結果アメリカ国内で商品があまり売れなくなるからだ。当然インフレということになるが、それは銅、トウモロコシ、石油そして小麦のような一次産業を発展させるときに必要な資材の価格を高騰させる。アメリカが資金援助や関税や資本調整を通じて引き起こすインフレに対して、外国は戦い始めた。通貨戦争は急速に拡大している。


米ドルが失敗しているのは、ワシントンの経済的、外交政策のため、そしてウォールストリート銀行カルテルや多国籍企業や軍産複合体との共謀のためだ。カイザーレポートのマックス・カイザーはRTのインタビューで、なぜ世界が米ドルから離れようとしているかを説明している。

        
世界中の国々は「アメリカの軍事的冒険に“帝国の負債”の一部となって」資金援助することに、うんざりしている。それは世界中で知られている米ドルという負債だ。それ故に、脱ドル化の動きに加わりがちなのだ、とカイザーは述べた。しかしアメリカ金融部門とその軍産複合体は、戦うことなしにドルのヘゲモニーを諦めることはない。ドルがアメリカの基本であり、主要産物であるからだ。そしてアメリカはそのために他のお気に入りの道具を使う。つまり戦争だ、とカイザーは考える。

たぶんアメリカは日中間の戦争を仕掛けるだろう。そして彼らは北朝鮮との戦争を始めるかもしれない。アメリカは、世界準備通貨としての米ドルを守るために何でもするだろう」とカイザーは述べた。「彼らはアフガニスタンでやったように、国々を侵略するだろう。彼らはどんなことがあっても止めない。なぜならこれがアメリカ帝国の土台だからだ。それは土地に基づいたものでも、物質的商品に基づいたものでもない。それは借金経済(賃貸料)に基づいたものだ。それはドルを上陸させ、収入を奪うことに基づいている。そして支払わない国があると、彼らはその資産を解体し、それらを乗っ取る。我々はそれをラテンアメリカや南アメリカで見てきた。このようにしてアメリカは帝国を築いた。」


あなた方が同意しようがしまいが、通貨戦争は始まった。我々は来たるべき数ヶ月、しっかり注意を払うだろう。そして何年か先に米ドルの優越性を維持するためワシントンがどこまでやるか見ることになる。そうなると中国がオイル元へ踏み込む準備をする様子を見ながら、アメリカは北朝鮮との戦争に乗り出すということになるのだろうか。

この記事は元々Silent Crow Newsで発表された。

(さらに読む)「特集記事:通貨戦争、中国ペトロ元の介入」
https://www.globalresearch.ca/selected-articles-the-inception-of-petroyuan/5624061?utm_campaign=magnet&utm_source=article_page&utm_medium=related_articles
                                  

<新見コメント>--------------------------------
ティモシー・アレクサンダー・グズマン「通貨戦争はエスカレートする。“オイル元”が、米軍が支援する“オイル・ダラー”に挑戦するとき」

この翻訳には経済・金融用語がで出てくるのでとても苦労しました。私自身まだ理解できていない点や、不正確な翻訳があると思うので、気づかれた点を指摘してください。

しかし、この記事が石油取引で、ドルに対して中国元が挑戦している動きはとても重要なので翻訳してみました。

アメリカは自分に従わない国に、経済制裁を加え、ドル支配を維持しようとしている。それに対して経済制裁や軍事的圧力を加えられた国々は、生き残りをかけて脱ドル化をはかろうとしている。中国、ロシア、イラン、ベネズエラなどである。

サウジアラビアなど中東産油国はドルで石油取引して、入ってきたお金はアメリカの高額兵器を購入したり、アメリカ財務証券を購入する取り決めがある。その代わりアメリカはサウジアラビアなどの政権維持を保証するのだ。このペトロ・ダラーの仕組みを、経済制裁や軍事圧力を受けた国々が中国元での石油取引をすることによって対抗しているのだ。

この記事の重要なところは、アメリカはドルの一極支配体制を維持するために、戦争をも辞さない段階に来ている点を指摘している点です。サダム・フセインのユーロ石油取引、カダフィのアフリカディナール金貨構想、これらの国は全てアメリカの戦争によって破綻国家とされました。いま中国が元で石油取引をしようとしているが、この場合はイラクやリビアのようには行かないだろう。しかしアメリカは日本など属国を巻き込んで、東アジアや中国周辺で紛争を起こす可能性が高いことは、我々も警戒しておかなければならない。
スポンサーサイト

朝鮮半島、再統一の時がやって来た

ジョン・ワイト
RT Op-Ed(ロシア・トゥデイ論説)
2018年4月27日

ジョン・ワイトは、『インデペンデント』『モーニング・スター』『ハフィントン・ポスト』『カウンター・パンチ』『ロンドン・プログレッシブ・ジャーナル』『フォーリン・ポリシー・ジャーナル』などの世界中の新聞やウエッブサイトで記事を書いている。RTとBBCラジオのレギュラー解説者でもある。現在、アラブの春における西側諸国の役割を調べた本に取り組んでいる。彼のことはTwitter @JohnWight1でフォローできる。



南北朝鮮指導者の歴史的会談で確認されたことは、朝鮮半島の平和的再統一を視野に入れる時がやって来たことだ。

実際のところ、金正恩と文在寅の二人の朝鮮指導者の会談は、世界史的に重要な出来事だ。朝鮮半島では数十年の敵対が続いた後、この苦悩にさいなまれた国においては、平和が長続きせず、戦争となる可能性がずっと高かった。

また朝鮮半島で現在進行している緊張緩和の急展開は、世界をびっくりさせた、というのが正直なところだろう。私たちは疑いなく、わずか数カ月のうちに、はるばる長い旅をやってのけた。そんな時、米国大統領ドナルド・トランプといえば、2018年の始めにツイッターで北朝鮮を脅迫していたのだ。

では、何がこの急激な変化をもたらしたのだろうか。以前にはなかったどんな要因があるのだろうか。朝鮮半島危機にブレーキをかけることになった要因は何であったのか。朝鮮半島情勢は、大惨事に向かって突進している列車やトラックに似ていたのだ。

(さらに読む)
「戦争のない新しい時代:二つの朝鮮が完全な非核化に同意する」
https://www.rt.com/news/425279-koreas-peace-denuclearization-talks/


ここでは、2017年5月の韓国大統領に文在寅が選出された意義を見落とすことができない。これは、彼の前任者である朴槿恵が政治的スキャンダルで失脚し、弾劾された後のことだった。元学生活動家で人権弁護士である文在寅は、「時来たりならば、その人来たらん」という格言を体現したように現れた。

重要なことは、文在寅の外交政策の中心課題は、南北朝鮮の平和的再統一を信念としていることだ。平和的再統一が文在寅の目標なのだ。もしそれが実現するならば、世界核兵器終末戦争の危険に曝された苦悩と対立の時代に、終焉を告げることにになるだろう。

一方、金正恩は、グロテスクな戯画の眼鏡を通して、屈服することを拒否する指導者と、西側では見られてきた。それにもかかわらず、彼は平和と和解への真摯な取り組みを示した。その平和と和解への真摯な取り組みは、その地域での苦しみの遺産を深く理解することと繋がっている。そして、その平和と和解への真摯な取り組みを阻害してきたのは、米国主導の西側帝国主義諸国による数十年にわたる窒息させるような圧力だった。

重要なことは、経済的な封鎖や制裁、そして差し迫った戦争と核による滅亡の脅威によって締め付けられながら、社会が繁栄し発展することは、不可能であるということを、西側のイデオローグたちが知らなかったり、無視を決め込んでいることである。それは、首ねっこを押さえつけながら、正しく呼吸していないことを咎めるようなものだ。

北朝鮮の一般的な描写は、自ら意図的に世界から孤立している国というものである。その国では2500万の人々が、考えることのないロボットにされ、生まれた時からカルト信者のように「親愛なる指導者」に服従し、「親愛なる指導者」をあがめるよう、言語に絶する残酷な制度の下で強制されてきたというものだ。それは、ジョージ・オーウェルの有名な小説『1984』の中で描かれている国や社会に似た世界であり、独裁的、全体主義的暗黒の世界で、広大な獄舎であるというものだ。

しかし、これが北朝鮮事情のすべてなのだろうか。さらに、それは事情の一部ですらあると言えるのだろうか。もしそれが事情のすべて、またはその一部でさえないのならば、北朝鮮の事情は一体どうなっているのか。

記者であり小説家でもあるアンドレ・ヴェルチェクは、国際平和派遣団の1人として、北朝鮮を訪問したことのある人物だ。ホワイトハウスによる北朝鮮への核による威嚇の絶頂期に、ヴェルチェクは、ドナルド・トランプへの公開書簡の中で書いている。

「北朝鮮の人々は、愚かなロボットのように見え、愚かなロボットのように振る舞っていることになっている。北朝鮮の人々は、すべての基本的感情や個性がなく、物事をしっかり見ず、痛みと思いやりと愛を感じることができないことになっている。」

「あなたは真実と現実を見たくないのだ。そして、あなたは他の人たちにも、盲目であることを望んでいるのだ。」

「たとえあなたが北朝鮮全体を粉々に爆破しても、実際には多くを見ることはできず、ほとんど何もわからないだろう。戦艦と潜水艦から発射される自分たちのミサイル、空母から離陸する自分たちの航空機、そして強力な爆発を映し出すコンピューター・グラフィックスの画像を見るだけだろう。そこには痛みもなければ、リアリティもなく、激しい苦痛もないだろう。あなたやあなた方の一般市民には何も分からないだろう」。

今まで、北朝鮮が西側諸国との約束に背を向けてきた国であり社会であったとしても、いったい誰が北朝鮮の人たちを責められるのか。数十年に及ぶ日本の植民地主義と帝国主義によって残された大きな傷、それに続く米国とその同盟国との朝鮮戦争(1950-1953年)で巨大な破壊を被り、それらの大きな傷跡を考えると、誰が北朝鮮の人たちを責められようか。

そして現在、経済制裁や、北朝鮮に向けられた何千ものミサイル、さらに韓国の多くの駐留米軍、沿岸をパトロールする核武装した米海軍戦闘集団のことが考慮されていない。

そのような事態は、アメリカ帝国主義の目的と性質に資するものであるのかもしれないが、それは朝鮮の人々にとっての平和と再統一への願いに反するものであり、彼らの利益と将来にとっては有害なものである。

進歩の敵というのは、民主主義や人権についてもったいぶった話をしながら、その一方で次々と国々を荒廃させている人たちだ。そういう事実に世界が、度も何度も目覚めて気づく時にはじめて、混乱と紛争よりも平和と安定が行き渡るだろう。

金正恩と文在寅の歴史的首脳会談は、私たちに希望を持たせてくれた。その希望とは、朝鮮半島だけでなく世界全体が、戦争の惨禍をかなぐり捨て、その代わりに平和を大切にする準備がようやくできたということだ。

そのような平和こそ、我々が長年待ち望んだことだ。
(翻訳:岩間龍男、新見明)
[記事原文]https://www.rt.com/op-ed/425320-north-south-korea-reunification/


<新見コメント>--------------------------------------
ピョンチャン冬季オリンピックを機に、電撃的な南北融和が図られました。私もその意義を知らせるために英文記事を読んでいたのですが、ちょうどそのとき岩間さんがジョン・ライトの記事を翻訳してくださいました。そして私も翻訳に参加して仕上げることができました。

国内では安倍政権の「対話のための対話では意味がない」などという、無神経な発言が報道されています。そうでなくても進歩的といわれてきた「筆洗(中日春秋)2018.2.13朝刊」でさえ、「化けたぬき」にたとえて北の宥和政策を否定的に報道しているのです。

チョスドフスキーが書いているように「33年間、最大で950近くの核兵器に脅され、しかも経済制裁で苦しめられてきた」*北朝鮮の苦境があるのに、一方的に北朝鮮を悪者にするばかりで、アメリカを非難する声は聞こえてきません。それでは東アジアや日本の平和は訪れるはずがありません。私たちはメディアによるこのゆがんだ理解を糺していくためにも、このような記事を読む必要があると思います。
http://tmmethod.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

世界最大の興行権: オリンピックで誰が儲けるのか

Business News

RT 2018年2月9日

トービー・メルビル/ロイター

第23回冬期オリンピックが韓国の平昌で開かれている。これをローマ人(彼ら自身古代オリンピックの大ファンだった)が「誰のためになるか」または「誰が儲けるのか」と糺した視点から見てみよう。
もっと明確に言えば、誰のお金でオリンピックが回っているのかということだ。
現在世界でIOCほどおいしいお金儲けマシーンはない。ドル箱となる名称権やシンボル権を売って。しかしまず一般に考えられている思い違いを検討しよう。

一般通念:
IOCは、やや国連と似ている。つまりIOCは、それぞれの参加国、つまり各国オリンピック委員会によって支払われる料金によって成り立っている。

真実:
IOCは本質的にスイスにある非営利の私的機関である。IOCは自分のことを次のように誇らしげに言う。
   ...全く私的財源による組織として、IOCの商業的協賛事業は、オリンピッ
   ク開催やオリンピックのあらゆる組織運営上で貴重なものである。

一般通念:
IOCとオリンピック主催者は、オリンピックの準備費用や開催費用を分担する。


(開会式の花火、平昌オリンピックスタジアム フィル・ノーブル/ロイター)

真実:
オリンピックは世界最大の興行権である。応募都市は、大会に必要なものがすでに準備できていることをIOCに認めさせなければならない。つまり、すべての関連費用をもつことだ。必要とされるのは、ただIOCの自由裁量なのだ。それと引き替えに、成功した入札者はオリンピック競技を招致する権利が得られる。経費のうまい汁は、いつも各国組織委員会が負担されることになる。競技施設、選手や役員の宿泊、輸送手段、競技期間の食事など、などが含まれるが、それだけではない。
IOCが生む唯一最大の費用は、競技のテレビ放映権でもたれる。

一般通念:
きっと利益は、オリンピック主催者とIOCによって分割される。

真実:
違います。IOCが試合に関連した販売権をほとんどもっていて管理している。現場のオリンピック施設やチケット販売からの収入は分割される。しかしそれらは主要な収入源からすれば小さいのです。販売権からの主な利益は、いつもIOCに直接行きます。

一般通念:
主要な収入源でいえば、競技は主に超国家企業によって引き受けられる。その超国家企業の宣伝を競技場のポスターやテレビで絶えず見ることになるのですね。

真実:
yesでありnoでもある。IOCと連携し、商品にオリンピック競技場の特許権を表示する権利を持つために、オリンピック協賛権(TOP)プログラムを買わなければなりません。現在ほとんどアメリカを本拠とする13の大企業が、「IOCに競技場のために支払っています」。それらはその特権のために年間数億ドルを支払います。

(キム・ホンジ/ロイター)

しかしTOP(オリンピック協賛権)プログラムは、重要なのですが、IOCにとって資金源としては2番目なのです。TOPからのお金はすべてIOCの金庫に直接入りますが、大会主催者はそれには無関係であると述べましたが。
...だからもしチケット販売が収入源の小さなものであるなら、また強力なコカコーラ、P&G、Visaからのお金でさえ、IOCの主要財政源と比較すれば小さなものであるとすれば・・・どうでしょう。誰がIOCの狩猟財政スポンサーなのでしょう。
答えは簡単です。NBCユニバーサルです。そのアメリカのメディア複合企業がIOCにオリンピック競技の全収入のなんと40%あまりを出しているのです。それは単純な数学です。ニューヨークに本部を置く企業が、IOCにアメリカ市場のテレビ放映権として2014年から2020年まで4回のオリンピックに43.8億ドル支払ったのです。もちろん2018年の平昌オリンピックを含めて。もしくは1回平均11億ドル(契約は夏季、冬季オリンピックの区別はありません)を支払ったのです。アメリカ人がローザンヌに進んで送っているお金の額にびっくりしている人々にとって、もう一つさらに印象的な数字があります。2014年早々、NBCとIOCは、2032年までの次の6回のオリンピックに77.5億ドル、もしくはそれぞれの大会に13億ドル支払う契約を延長したのです。NBCがそんな巨大な投資の見返りをどうやって受けるのだろうか(テレビ市場支払われた最高額)。しかし事実は、アメリカ人はオリンピック運動の巨大な「株主」なのです。それは「支配株」と呼ばれるかもしれない。

(オリンピック組織委員会)

しかしそれだけではありません。IOCはヨーロッパの放送局と個別に交渉することにうんざりし、ヨーロッパ全体をひとまとめにして放映権を売り出すことに決めました。ヨーロッパ人は交渉してみましたが失敗して、IOCの好みを満たすことになりました。放映権はもう一つのアメリカ基盤の巨大メディア、ディスカバリー・コミュニケーションズに行ってしまいました。その取引はIOCにとってNBCのように甘い汁ではありませんが、決して不満足な数字でもありませんでした。メリーランド基盤の企業が2018年から2024年の4回のオリンピックに13億ポンド(現在のレートで約16億米ドル、もしくは1種目ごとに4000万ドル)支払いました。
ディスカバリーは当時、ヨーロッパの放送局各社に少しずつ放映権を再販売し始めました。それはヨーロッパ放送局各社をさんざん苦労させました。しかし再び、それは別の話なのです。世界の他社は、NBCやディスカバリーと比べて、ずっと少ないお金を支払っている。それは公的には公表されていませんが。いろいろな概算が示されている。アメリカやヨーロッパ以外のIOCの二つの最大のもうけ口は、日本と中国のテレビ放映権で、オリンピック放映権所有者に2億5千万ドルと各「オリンピックの4年」ごとに1億2千5百万ドル支払っている。概してIOC収入の最近の内訳は次のようになる。
・73%の放映権
・18%のオリンピック協賛(TOP)プログ ラム販売権
・5%の他の収入
・4%の他の権利

次の大会のIOC全体収入は(低く見積もっても)20億ドルと見積もられた。それはIOC幹部が近くのスイス銀行の金庫に入れることになるのだろうか。もちろん違う。大部分のお金は貧困な国々のスポーツ発展やユース・オリンピックのような儲からない競技開催のために援助される。しかしIOCはその文書の中で控えめに述べている。「収入の10%そこそこは機構維持のために使われる」。しかしそれは決して少額ではない。
さらに重要なのは、最近、高額入札者に売られるこれら主要な収入源増大を、IOCが明らかに隠していることだ。入札者が誰であり、入札者がどこから来ているかを。結局それは企業活動と類似し始めている。その中で主要投資家は、運営「もしくはその他」へのさらなる要求を増大させている。「国際オリンピック活動」とはそんなものなのだ。

<記事原文>
https://www.rt.com/business/418322-olympic-games-money-profits/

<新見コメント>--------------------------------
オリンピックがスポンサーの意向で歪められている報道をどきどき見る。

例えばフィギュアスケートが午前中に開催され、転倒する選手がたくさん出たとか、ジャンプで日にちをまたいで競技が行われたとか。
    東アジアの昼間は、フィギュア人気の高い米国の夜にあたり、
    深夜は欧州の夕方になる。最近の五輪はIOCが掲げる「アス
    リートファースト(選手第一)」ではなく、巨額のテレビ放映権
    料を支出する欧米の視聴者を意識した「顧客第一」と言うの
    が実態だ。     (毎日新聞 クローズアップ2018)
https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180227/ddm/035/050/024000c

これらすべてがアメリカのゴールデンタイムにリアルに放映できるためにあるとは驚きだ。スポンサーの意向だけが優先され、競技するものはそのためにどんな悪条件でも競技しなければならないということだ。

2020年の東京オリンピックも真夏の一番競技環境の悪いときに実施されるという。そして競技時間もスポンサーの意向が反映され、選手にとって無理な日程が組まれるのだろうか。グローバル企業は、株入主のため利益を最大限にすることを飽くなく追求し、それによって犠牲になる庶民のことは視野に入らないようだ。出資比率40%余りのNBCは筆頭株主にあたり、その意向は絶対的であることをこの文章は示している。

もう一つオリンピックの果たす役割がある。日本では北朝鮮核・ミサイル問題が、国内問題(森友・加計など)を国民の視線からそらしたように、オリンピックが国民の目をナショナリズムに向ける役割を果たしていることだ。安倍晋三がかくもオリンピックに熱を上げるのは、国民の目線を国内矛盾からそらすのに大きな役割を果たすからだ。

かつてナチスドイツが第一次世界大戦の敗戦の苦しみの中で徐々に勢力を伸ばし、1936年ベルリンオリンピックでは、国内矛盾から目をそらせ、国民の意識高揚を謀ろうとしたことは有名です。アテネからの聖火リレーが始まったのもこのベルリンオリンピックからだということです。

観戦型スポーツの果たす役割を、私たちは注視しておかなければならない。チョムスキー『チョムスキーの「教育論」』(「観戦型スポーツ」の役割)から見てみよう。
     <スポーツが社会の脱政治的な人々に果たす役割>
     だったら何が残っているのでしょうか。そうです、唯一残って
    いるのがスポーツなのです。そこで、あなたは多くの知識・思考・
    自信をスポーツにつぎ込むのです。そしてそれが、社会におい
    て概して多数の人々が果たす基本的機能のひとつでもあると考
    えます。つまり、本当に重要なことに関係しないように、人々を
    遠ざけるのがスポーツの役割なのです。(p.378)

      「観るスポーツ」が持つ別の役立つ機能がまだ他にもあります。
    一つは、それらは「ショービニズム(好戦的盲目的愛国主義)」を
    築き上げる素晴らしい方法になることです。このような完全に非
    理性的な忠誠心を、まだ小さな頃から育て上げ、それを見事に
    他の分野に移行させるのです。(p.378)

        しかし肝心なのは次の点です。何か意味のない共同体に対す
    る非理性的忠誠心というこの感覚は、権力への従属訓練、すな
    わち「ショービニズム」のための訓練なのです。 (p.379)

      権威主義的態度に対して、実際、これ以上に根本から貢献す
    るものを想像するのは困難です。多くの知能を総動員し、かつ
    人々の関心を他の重要事から遠ざけるという事実を考えると、
    なおさらです。      (p.379)                    

チョムスキーはスポーツの他にも「メロドラマも他の領域で同じ役割を果たしています」と書いています。これらが戦時の危機的状況で使われるばかりか,日常的にも人々の関心を引きつけ、「本当に重要なことに関係しないように」しているのです。ここにもメディアによる民衆の意識操作の典型があることを忘れてはならない。

だから私たちは、超国家企業による横暴な振る舞いに気づくと共に、政権やメディアによる意識操作にも注意しておかねばならない。

北朝鮮と核戦争の危機:朝鮮半島の非軍事化

和平合意を目指して
 
            ミシェル・チョスドフスキー
            グローバル・リサーチ2018.2.22
 
この文章は、マイケル・チョスドフスキー教授が韓国国民会議で発表したものを書き起こしです。2018年2月21日、韓国ソウル(写真左)





1.序論
 
「炎と怒り」はドナルド・トランプによって考え出されたものではない。それはアメリカ軍事ドクトリンに深く埋め込まれた概念だ。それは第二次世界大戦終結以来、アメリカの軍事介入を特徴づけてきた。
 
ホワイトハウスでトランプと彼の先任者トルーマンを区別するものはトランプの政治的話し方だ。
 
しかし私たちは危険な岐路に立っている。外交政策の計算間違いは想像もつかないことを引き起こす。「誤り」はしばしば世界史を崩壊させるものであることを覚えておいてほしい。
 
トランプ政権によって編み出された、核兵器が「平和の道具」だということは作り話にすぎないことは言うまでもなく、アメリカ外交政策の狂気は、想像もつかないことへと導く。中枢の政策決定者は自分のプロパガンダを信じ込んでいる。
 
北朝鮮に対する核兵器の先制攻撃は、第三次世界大戦を引き起こす可能性がある。
 
1月の終わり頃だったか、トランプ大統領は南北相互の対話を認めただけでなく、平壌との直接対話をする決意を述べた。2・3週間後にこの和平構築の言辞は、新たな北朝鮮への軍事的脅威をしゃべりまくることに置き換えられた。

        
戦略的な観点から見れば、アメリカは南北対話を実現させないことに必死だ。アメリカ・メディアによる報道によれば、最近の展開ではトランプ政権内の強力な軍・情報部部門は、冬期オリンピック期間またはその直後に北朝鮮への先制攻撃を迫っていると言われている。
 
その作戦は、ワシントンによって「鼻血」攻撃と名付けられ、北朝鮮のミサイル施設に対して通常兵器か小規模の戦術核兵器攻撃から構成されている。
 
     核兵器が直ちに使われなかったとしても、韓国だけの死者は、
      初日だけで数万人とみられている。そして直ちに中国やロシア
      のような核武装した国を巻き込む戦いとなる。
 
      しかしそんな無謀で野蛮な行動は、ホワイトハウスや安保・
      情報機関の高官によって、しっかり討議され、 準備されてい
      ることだ。計画の過激な性格は軍・外交政策トップグループ内
      でよく知られていて、恐怖や反対を引き起こしている。(ピーター
      ・シンプソン「トランプは北朝鮮に”鼻血”攻撃を考慮する」
       wsws.org, February 6, 2018)
 
「鼻血」とは軍事概念で、戦術核兵器やミニ核兵器は「市民には害がない」、つまり最小限の付随的被害だという考えに基づいている。
 
一方、冬季オリンピックでは朝鮮国内の対話や交渉過程があり、アメリカは交渉をボイコットしている。問題なのは、アメリカ主導の平和に対する戦争だ。
 
2.「さらに使用可能な平和構築」の核爆弾、ミニ核兵器
 
トランプの2018年核兵器構想は、北朝鮮に対する核兵器使用の決意が明確である。最初の先制核兵器攻撃ドクトリンは、2001年ブッシュ政権下で編み出されたが(2002年上院で採択されたNPR2001)、2008NPRは1.2兆ドルの核兵器計画と結びついている。そして「さらに使用可能な」小さな核兵器に焦点を当て、核保有国や非保有国に対する最初の攻撃での使用を目的としている。                    
B61-12戦術核爆弾
「さらに使用可能な」核兵器とはいわゆるミニ核兵器(B61-11, B61-12)に属し、通常の3分の1の爆発力だが、広島原爆の12倍にもなる。これらの「さらに使用可能な」核兵器、つまり核弾頭が付いたバンカー・バスター爆弾は、周囲の市民には害を及ぼさないと言われている。ペンタゴンとは違って、「専門家の意見」によれば爆発は地下で起きるからという。
オリンピックに引き続いて、大規模な米韓合同演習が構想されていることは述べておかなければならない。
 
真に危険なのは、特に米軍情報機関内で押し進められるいわゆる「鼻血」作戦という圧力を考えると、これらの合同演習が実際の戦争に発展しうることである。
 
2018NPRに含まれる朝鮮半島の非核化への試みは、アメリカの煙幕に過ぎない。アメリカは過去67年間、核兵器で朝鮮半島を脅し続けてきたのだ。NPRで構想された朝鮮半島の非核化は、朝鮮人民民主共和国だけに向けられたもので、アメリカの核増強は無関係なのだ。
 
述べておかなければならないことは、北朝鮮が国連総会決議L.41に賛成した唯一の核兵器所有国であったことである。その決議は、「核兵器を禁止し、その全面的除去に向けての合法的な拘束力」として、会議を招集することになっている。
 
さらに使用可能な「平和を創造」するバンカー・バスターというミニ核兵器は、「鼻血」作戦の下で、北朝鮮やイランに向けて考えられている。
 
アメリカの軍・情報機関からの脅威が北朝鮮に向けられているにもかかわらず、現在の状況下では、ペンタゴンは非核保有国に対してもミニ核兵器を選択する可能性がある。
 
歴史的にアメリカは、主要軍事作戦において、同盟国を身代わりにしてきた。軍事的にもアメリカは北朝鮮に対して単独で行動することはないだろう。この点で問題にもなっていることは、米韓合同司令部(CFC)である。それは全韓国軍は文在寅大統領の管轄下ではなく、ペンタゴンの指揮下に置かれているからだ。
 
韓国の戦争拒否は明確でなければならない。米韓合同司令部(CFC)の廃止は決定的に重要だ。韓国軍の参加がなければアメリカが単独で行動する可能性は著しく減少する。
 
3.外交チャンネルの崩壊
 
50年前、1962年10月のキューバ・ミサイル危機を思い起こそう。
 
1962年10月と今日の違いは、両方の指導者、つまりケネディとフルシチョフが核戦争の危険性を正確に意識していたことだ。
 
反対にトランプ大統領は、核戦争の危険に関して誤った情報が与えられている。彼は大量の市民虐殺を避けようともしない。「我々は北朝鮮を全面的に破壊するしか選択肢はないだろう」と言って、金正恩を「自殺任務」をする「ロケットマン」だと責め立てている。
 
1962年10月ミサイル危機と今日の現状を区別するもの:     
    ・今日のドナルド・トランプ大統領は核戦争の結果についてぼん
     やりした考えしかもっていない。
    ・核兵器ドクトリンは冷戦時代には全く違っていた。ワシントンも
     モスクワも相互確証 破壊の現実を理解していた。今日、戦
     術核兵器は3分の1の破壊力であるが、広島原 爆の6倍の威力
     がある。ペンタゴンによればそれは地下で爆発するから、市民
     には無害と分類されている。
    ・外交ルートは崩壊している。
    ・1.2兆ドルの核兵器計画は最初オバマ政権で始まり、現在進行
     中である。トランプはこの極悪非道な計画に追加資金を割り当
     てた。
    ・今日の熱核兵器は広島原爆より100倍以上強力で破壊力があ
     る。アメリカもロシアも 双方が数千の核兵器を配備している。
 
肯定的な面ではオリンピックを機に、南北朝鮮が建設的な対話に入ったことである。さらに、文在寅大統領はまた中国の習近平主席やロシアのウラジミール・プーチン大統領と有意義な討論に入ったことである。韓国へのTHAADミサイル配備は、北朝鮮よりむしろ主に中国に対して使用する意図がある。
 
4.朝鮮民主主義人民共和国は、アメリカにとって安全保障上の脅威なのか
 
ほとんどのアメリカ人が知らないこと、そして世界平和に対して朝鮮民主主義人民共和国の「脅威」と言われるものを判断するとき、特に何が重要なのかは、北朝鮮が1950年代にアメリカ主導の爆撃の結果、住民の30%を失ったということだ。米軍筋によると、集中爆撃の3分の1の期間で北朝鮮人口の20%が殺されたと言われている。
 
    北朝鮮の78都市と数千の村々を破壊し、おびただしい数の
    市民を殺した後、カーティス・ルメイ将軍は述べた。「3年かそこ
    らの期間で、我々は人口の20%を殺した」と。
 
北朝鮮のどの家族も朝鮮戦争の過程で大事は人を亡くした。
 
アメリカは北朝鮮人口の30%を殺したことを一度も謝罪しなかった。アメリカ外交政策の主目的は、アメリカ主導の戦争の犠牲者を悪魔化することにあった。
 
戦後補償はなかった。
 
朝鮮人に対するアメリカ戦争犯罪の問題は、国際社会で一度も論じられなかった。
 
朝鮮戦争の残虐行為の手口は、ベトナム人民に対するアメリカの戦争を用意することとなった。
 
半世紀以上にわたって、ワシントンは北朝鮮の政治的孤立化に寄与してきた。さらに平壌に対するアメリカの経済制裁は、北朝鮮経済の不安定化を狙っていた。
 
プロパガンダが中心的役割を担ってきた。米軍侵略の語られざる犠牲者北朝鮮は、失敗した好戦国家とか「ならず者国家」とか「テロ支援国家」とか「世界平和への脅威」と言われている。アメリカと西ヨーロッパでは、これらの定型化した非難はメディア合意となり、あえて疑問視する者はいない。
 
嘘が真実となる。北朝鮮は脅威として喧伝される。アメリカは侵略者ではなく犠牲者だと。
 
5.歴史的文脈:核戦争では、だれが侵略者なのか
 
米軍資料で確認されたのは、中華人民共和国も朝鮮民主主義人民共和国も、67年間核戦争で脅かされてきた。
 
1950年、中華人民共和国によって派遣された中国義勇軍は、アメリカの侵略に対して北朝鮮をしっかり支えた。
 
中国の朝鮮民主主義共和国との連帯行動は、1949年10月1日の中華人民共和国が成立してわずか2・3カ月後に行われた。
 
ハリー・トルーマン大統領は、中国と北朝鮮に対して核兵器使用を考えていた。特に北朝鮮軍と共に戦うために派遣された中国人民義勇軍(VPA)をあきらめさせる手段として。[Chinese Volunteer People’s Army, 中國人民志願軍; Zh?ngguó Rénmín Zhìyuàn J?n]
 
重要なのは、北朝鮮に向けられた米軍の行動は、中華人民共和国やソ連に対する広い意味での冷戦軍事計画の一部であった。その目的は究極的に社会主義を葬り去り、破壊することだった。
 
1945年9月15日の秘密文書による「ペンタゴンは主要都市に同時に核攻撃をして、ソ連を吹き飛ばすことをもくろんでいた」ことは述べておかねばならない。
 
ソ連の全主要都市は、66の「戦略」目標に含まれていた。下の表は、各都市の1マイル四方[約1.6km2]の地域と、その住民を絶滅させ、殺すために必要とされる原子爆弾の数を示している。
 
モスクワ、レニングラード、タシケント、キエフ、ハリコフ、オデッサを含む各都市を破壊するために6個の原爆が使われることになっていた。
 
「ソ連を地図から消し去る」ために、全部で204個の爆弾が必要とされると、ペンタゴンは見積もっていた。核攻撃の目標は66の主要都市からなっていた。
 
この悪魔的軍事計画の概要は、1945年9月に発表された。広島、長崎原爆(1945年8月6日、9日)のほんの一ヶ月後であり、冷戦開始(1947年)の2年前である。
 
6.北朝鮮に適用された「広島ドクトリン」

朝鮮に関する米核兵器ドクトリンは、1945年8月の広島長崎原爆に続いて打ち立てられた。原爆は主に市民に向けられていた。

「広島ドクトリン」の下での核攻撃の戦略目的は、百万人もの死者を出す「大量の死傷者を生み出す」ことであった。その目的は軍事征服の手段として国家全体を恐怖に陥れることであった。ハリー・トルーマン大統領の言葉では:
 
    「最初の原爆は広島の軍事基地に落とされたことに世界は
    注目するだろう。それは我々が最初の攻撃で(できるだけ)
    市民の死者を避けようとしたからです。」(1945年8月9日、
    ハリー・トルーマン大統領の国民へのラジオ演説)
 
    [注:最初の原爆は1945年8月6日広島に落とされた。二番目
    は8月9日、トルーマンのラジオ演説と同じ日、長崎に落とさ
    れた]

アメリカ政治の長い狂気の歴史では、アメリカの人間性への犯罪に人道的な顔を与えるように仕向けられてきた。1945年8月9日の同じラジオ演説でトルーマン(写真右)は締めくくった。核兵器使用に関して、神は我々の側にある。そして、

 
    「神はそれ[核兵器]を使うように我々を導く。神の道と、神の目的
    に沿って。」
 
トルーマンによれば、神は我々と共にあり、爆弾を使うかどうか、いつ使うかを神が決めるという。
 
    それ[核兵器]が敵でなく、我々にもたらされたことを神に感謝す
    る。そしてそれ[核兵器]を神の道と神の目的に沿って我々が使え
    るように導き給え。」(強調あり)
 
広島から始まるトルーマン・ドクトリンによって、アメリカの核兵器を韓国のために用意することとなった。朝鮮戦争終結からわずか2・3年後、アメリカは韓国に核弾頭配備を開始した。議政府(ウィジヨンブ)と安養邑(アニャンニ)への配備は1956年には構想されていた。
 
アメリカの韓国への核弾頭配備決定は、1953年の休戦協定13条に明らかに違反していたことは述べておかなければならない。休戦協定は、戦争当事国が韓国に新たな兵器を持ち込むことを禁止していた。
 
実際の核兵器配備は朝鮮戦争終結後4年半後の1958年1月に始まった。公式にはアメリカの韓国への核兵器配備は、33年間続いた。その配備は北朝鮮と共に、中国、ソ連にも向けられていた。

 
   
7.韓国の核兵器計画
 
アメリカの韓国核弾頭配備と同時に、かつそれと連携して韓国は1970年代初頭に自身の核兵器開発計画を開始した。
 
公式の話では、アメリカはソウルに核兵器計画を断念させ、「核分裂物質を生み出す前に、1975年4月核不拡散条約に調印するように」圧力をかけたということだ。(ダニエル・ピンクストン「韓国の核実験」CNS Research Story, 2004年9月9日、http://cns.miis.edu.)
 
韓国の核兵器開発は、アメリカの監督下で1970年代初頭に始まり、北朝鮮を脅すためにアメリカの核兵器配備の一部として進められた。
 
欧米は一致して北朝鮮の核開発を非難したが、韓国の核兵器開発計画は一度も問題にされなかった。そして韓国は非申告核兵器保有国と指定されることもなかった。
 
さらに、この計画は公式には1978年に終わったが、アメリカは核兵器使用の韓国軍訓練と共に、科学的専門知識導入を促進した。覚えておいてほしいことは、米韓合同司令部(CFC)の下で、韓国のすべての部隊は、米軍司令官に指導された合同司令部(CFC)の指揮権下にある。これは韓国軍によって設立されたすべての軍事施設は事実上、合同施設であることを意味している。
 
8.北朝鮮に対するアメリカ大陸と戦略潜水艦からの核攻撃計画
 
公式声明によれば、アメリカは1991年に韓国から核兵器を撤去したということだ。
 
この韓国からの撤去は、どうみても北朝鮮に向けられたアメリカの核戦争の脅威を修正するものではなかった。それはアメリカの核兵器配備に関する軍事戦略の変更と関連している。北朝鮮の主要部は、韓国軍事施設からではなく、米国本土と米国戦略ミサイル原子力潜水艦(SSBN)から核弾頭で狙われていたということだ。 
 
9.現在の二重基準
 
北朝鮮が核脅威だと言われるが、非核保有国(ベルギー、オランダ、ドイツ、イタリア、トルコ)は国家管理の下、アメリカ製のB61-11戦術核兵器を持っている。
 
これら5カ国は非申告の核兵器保有国である。
 
トランプの「炎と怒り」はオランダやベルギーに向けられていない。それらの国は国家管理下で40個の核兵器を保有している。欧米安全保障への脅威と広められた北朝鮮の核兵器は10個であることと比較してみよ。


朝鮮民主主義人民共和国は、米軍侵略の暗黙の犠牲者であるのだが、一貫して好戦的国家、アメリカ本土への脅威、世界平和への脅威として描かれてきた。これらの定式化した非難はメディア合意の一部となってきた。
 
核戦争への脅威は北朝鮮からではなく、アメリカとその同盟国からである。
 
北朝鮮に対するこれらの潜在的侵略の継続的脅威や行動は、中国やロシアに向けられ、アメリカの東アジア軍事計画の一部として理解されるべきでもある。多くの点で地政学的観点から、アメリカは北朝鮮を緩衝装置と考えている。究極的目標は韓国軍の支援の下、ロシアや中国を脅かすことである(合同司令部の下で)。言うまでもないが、南北朝鮮の再統一は北東アジアにおけるアメリカの覇権を弱体化させるだろう。
 
さらに、ワシントンの意図は、中国とASEAN諸国を分断させるため、東南アジアと極東の軍事衝突を長引かせることだ。ほとんどそれらの国々は西欧植民地主義やアメリカの軍事侵略の犠牲者である。人道に対する大規模な犯罪がベトナム、カンボジア、朝鮮、フィリピン、インドネシアに対して行われた。皮肉にもこれらの国々は、いまやアメリカの軍事同盟国である。
 
世界的安全保障の脅威となるのが北朝鮮ではなく、アメリカだということに、アメリカや西欧諸国の人々が気づくようになったことは重要だ。
 
10.南北双方の和平合意に向けて
 
1953年休戦協定
 
1953年休戦協定の裏に隠されていることは、戦争当事国の一つアメリカが、たえず北朝鮮に対して戦争をすると脅してきたことである。
 
アメリカは、休戦協定違反を数え切れなほど行ってきた。朝鮮はいまだ戦時体制のままである。何気なく欧米メディアや国際社会で無視されてきたのは、アメリカが半世紀以上にわたって、北朝鮮を狙った核兵器を積極的に配備してきたことである。ごく最近、アメリカは広い意味で中国やロシアに向けたいわゆるTHAADミサイルを配備した。
 
アメリカは未だ北朝鮮と戦争状態にある。1953年7月に調印された休戦協定は、法的には戦争当事国(アメリカ、北朝鮮、中国義勇軍)の間の「一時的停戦」を意味しているので、廃棄されねばならない。
 
アメリカは休戦協定に違反しただけでなく、一貫して平壌との和平交渉に入るのを拒否してきた。それは韓国の軍事プレゼンスを維持し、韓国と北朝鮮の正常化や協力関係を握りつぶすためであった。この段階で、解決は北と南がアメリカの和平交渉拒否に対抗して、二国間和平条約交渉をすることである。
 
再統一を促す南北和平条約を達成する道では、米韓合同司令部(CFC)とOPCON(作戦指揮権)の廃棄が必要とされる。
 
2014年朴槿恵大統領政府は、OPCON(作戦指揮権)協定を「2020年代半ばまで」延長することに合意した。このことの意味は、「衝突の際には」韓国軍は韓国大統領や韓国司令官でなく、ペンタゴンに指名された米国司令官の命令下に置かれるということだ。現在、アメリカはその指揮下に60万人の韓国軍を有している。(つまり在韓米軍司令部(USFK)は、米韓合同司令部(CFC)でもあるのだ。)
 
韓国の国家主権は米韓合同司令部(CFC)機構と同様、OPCON合意の撤廃なしには当然達成され得ないことは言うまでもない。そしてこれは文在寅大統領政権が構想すべきことであるCFC機構の撤廃は和平と再統一に不可欠である。
 
思い起こせば、1978年二国間朝鮮共和国、つまり米軍合同司令部(CFC)が朴正煕将軍(軍事独裁者であり、弾劾された朴槿恵大統領の父)の下で作られた。実質的にこれは1950年に取り決められたいわゆる国連司令部と合同軍機構に関する名称変更であった。李承晩政権の間に、すべての韓国軍はマッカーサー司令官の指令下に置かれていた。
 
「朝鮮戦争以来ずっと、アメリカの四つ星が、戦時に韓国軍と米軍の双方を「作戦司令」(OPCON)するということに同盟国は合意した・・・。」1978年より前にこれは国連司令部を通じて達成された。そのとき以来、それはCFC[米韓合同司令部機構]となった。(Brooking Institute)
 
さらに再交渉されたOPCON(2014年)の下で米軍司令部は、1953年の休戦協定が和平協定に置き換えられない限り、十分有効とされている。
 
もし休戦協定の調印国の一つが和平協定調印を拒否するならば、考えるべきことは南北二国間の包括的和平協定を作ることである。それは事実上、1953年休戦協定を無効にすることになる。
 
求められるべきことは、アメリカと北朝鮮の「戦争状態」(休戦合意の下で)が、協力と交流を伴った包括的南北二国間和平協定の調印によって、ある意味で棚上げされ、撤廃されることである。
 
このソウルと平壌の広範囲にわたる合意は、朝鮮半島の平和を推し進めるだろう。1953年の休戦協定調印国間の和平合意が失敗したとしても。
 
この二国間協約の法的合意はきわめて重要である。この二国間の和解は、結局ワシントンの拒否を回避することになるだろう。それは朝鮮半島の平和の基礎を外国の介入なしで打ち立てるだろう。つまりワシントンが条件をつけて指令することなしで。それは同時に韓国からの米軍の撤退とOPCON合意の撤廃を求めることになる。
 
さらに述べておくべきことは、OPCON合意の下での韓国の軍事化は、新たな軍事基地の開発を含み、主に中国やロシアを脅かす軍事的発射台として朝鮮半島を使うことも意図されていることである。OPCONの下での「戦争の場合」に、全韓国軍は中国やロシアに対して米軍指令の下で動員されることになる。
 
さらにワシントンは最終的に北朝鮮を孤立化させるために、南北朝鮮間だけでなく、北朝鮮と中国間の政治的分断を作り出そうとしている。
痛烈な皮肉として、韓国の米軍施設(済州島を含む)は、軍事包囲網の一部として中国を脅かすために使われている。言うまでもないことだが、広範な東アジア地域と同様、朝鮮半島の永久平和は南北二国間協定で決められたように、OPCONと同様休戦協定も撤廃し、米軍の韓国撤退を追求する必要がある。
 
重要なのは南北二国間の和平会談が文在寅大統領の主導で、外国の参加や介入なしに行われることである。これらの会談は北朝鮮に向けられた経済制裁の撤廃と同様に全米軍の撤退に取り組まなければならない。                        
 

米軍駐留の排除と28,500人の占領軍の撤退は、南北二国間平和条約の必要不可欠な要求事項であるべきだ。
 
11.再統一と今後のロードマップ:あるのはただ一つの統一朝鮮国家だ
 
あるのはただ一つの統一朝鮮国家である。ワシントンは再統一に反対するが、それは統一した朝鮮国家は東アジアにおける米国の覇権を弱めるからである。
 
それは日本も弱体化させる。この点で米国と日本の二国間関係を検討することも重要だ。日本は元植民地権力で、再統一計画に反対するように仕向けられているからだ。
 
再統一は力強い朝鮮国家と地域の力(進んだ科学技術力をもった)を生み出すだろう。それは国家主権を行使し、ワシントンの介入なしで近隣諸国と貿易関係を打ち立てるだろう。
 
この点で述べておかねばならないことは、アメリカの外交政策と軍事計画は、すでに韓国に米占領軍維持を予定した「再統一」のシナリオを打ち立てていることである。同様にワシントンによって構想されていることは「外国投資家」が北朝鮮経済に侵入し、略奪することを可能にする枠組みである。
 
ワシントンの目的は、再統一過程を邪魔することである。Plan Bはアメリカが朝鮮再統一の条件を課すことである。2000年に発表された再統一後のシナリオで、米軍の数(現在28,500人)は増加され、米軍の駐留は北朝鮮にまで拡大されることをほのめかしていた。
 
再統一された朝鮮では、米駐留軍の軍事計画は、北朝鮮のいわゆる安定化作戦を実施することになっている。
 
朝鮮統一は、半島における米駐留軍の削減や、朝鮮における米軍の基本姿勢の転換を求め、そしてその転換は本当にアメリカの任務の変化をもたらすかもしれない。しかしそれは技術的現実の変化であり、アメリカの任務の終わりではない。さらに再統一後の現実的シナリオでは、米軍は北朝鮮の安定化作戦に何らかの役割をもつ可能性がある。朝鮮における再統一後の米駐留軍の正確な規模や編成を予測することは時期尚早だが、朝鮮における米駐留軍がより大きな、長期間にわたる戦略的目的に奉仕することを認識しておくことは早すぎることではない。現在半島における米駐留軍のいかなる減少も賢明ではない。もしあるとすれば、ミサイル攻撃に対する防衛能力の点で、また特に北朝鮮の大量破壊兵器能力の影響を制限するために、米駐留軍の増強を必要としている。やがて、又は再統一に伴って、これらの部隊の構成は変化するし、人的資源レベルは変動するだろう。しかしアジアのこの地域でのアメリカの存在は継続するべきだ。36(PNAC,新世紀のためのアメリカの国防、戦略、軍隊、資源、p.18 強調あり)

 
ワシントンの意図は全く明白である。それは和平プロセスを妨害することにある。
 
さらに理解されるべきは、北朝鮮に対するアメリカ主導の戦争は全朝鮮国民を飲み込むということである。
 
ワシントンは韓国を防衛すると主張するが、アメリカが支援する戦争は北朝鮮にも韓国にも向けられている。
 
それは1945年9月以来、事実上米軍占領下にある韓国をも脅かしている。
 
我々は極悪非道な軍事計画を論じている。アメリカは合同軍事司令部(CFC)の下で、北朝鮮に向けて韓国軍を動員することを求めている。
 
もし戦争が行われたら、アメリカ司令部の下で韓国軍は、朝鮮人民の再統一計画に反対するために使われるであろう。だから米韓合同司令部(CFC)の廃棄は重要なのだ。
 
朝鮮半島の地理を考えれば、北朝鮮に対して核兵器を使用すれば、必然的に韓国も飲み込まれるだろう。この事実は米軍作戦立案者にも知られているし、理解もされている。
 
強調されねばならないことは、アメリカが朝鮮国民に戦争をすると威嚇する限り、アメリカと韓国は同盟国ではあり得ないということだ。
 
「真の同盟」とは外国の侵入や侵略に対して南北朝鮮が対話を通して一つになり、再統一することである。
 
アメリカは全朝鮮国民に対して戦争状態にある。それは平和に対する戦争である。そしてこれが求めるものは次のことだ。
 
韓国と北朝鮮の二者協議の進展は2018年1月9日に始まった。1953年の休戦協定を無効にして、二国間の「和平条約」の条件を設定する仮合意の調印が狙いである。
 
代わりにこの合意は米軍駐留の排除や28,500人の米軍の撤退過程をも設定する。
 
さらに二国間平和交渉に従って、米軍指令下にある韓国軍の米韓OPCON合意は撤廃されるだろう。それ故、全韓国軍は韓国司令部の下に置かれるだろう。
 
二国間協議は、現在進行中であるが、韓国と北朝鮮間のさらなる経済、技術、文化、教育の協力を進展させることも行われるべきだ。
 
OPCONの下、背後でアメリカが操ることなしに、戦争の脅威は対話に置き換えられるだろう。それ故、最初の優先事項はOPCONとCFCを破棄することになる。
 
言うまでもないが、南北朝鮮の統一は、北東アジアにおけるアメリカ覇権を弱めるだろう。
 
それはまた、北東アジアにおける貿易や開発の点で重要な意味を持つだろう。
 
8千万人の統一した朝鮮国民は南北の科学、技術能力を統合し、必ずや強力で自律した主権地域経済力と貿易国家形成へと導くだろう。
 
分断された朝鮮はアメリカの地政学的、経済的利益に奉仕するだけだ。
 
オリンピックの二国間対話は平和の舞台を設定した。
 
いま韓国で展開されていることは、両朝鮮国家の対話が公然と受け入れられたことだ。
 
さらに世論は、ますます気づくようになるだろう。V.ブルックス司令官の合同司令部(CFC)の下、米韓合同軍によって行われるどのような行動も、全朝鮮国民に対する攻撃となるだろう。
 
 
韓国軍は、朝鮮人や朝鮮国家に敵対するために動員されない。意識的キャンペーンも韓国軍隊内で開始されるべきだ。「戦うことを拒否せよ」、そしてドナルド・トランプに任命された「米軍司令官の命令に従うな」。韓国軍司令官の指揮権が求められるべきだ。
 
二国間交渉と同様、オリンピックはついに合同司令部(CFC)を排除する機会を与えてくれた。
 
必要とされていることは、合同司令部から一方的に韓国軍を撤退させるという政府の決定を支持する大衆行動である。つまりCFCの一方的廃棄である。(それは2025年まで延長されている。後に弾劾されることになった朴槿恵大統領によってワシントンの命令で調印された。)
 
目的は平和を達成させるため文在寅大統領を韓国軍の司令官に復権させることだ。
 
このことは、もしアメリカがまだ北朝鮮攻撃を望んだら,韓国軍に頼ることができないということだ。歴史的にアメリカは、汚い仕事をするのにいつも同盟国に頼ってきた。
 
アメリカは南北対話を妨害するために、合同軍司令部(CFC)には手をつけずに、最大限のことをすると私は思う。
 
しかし、これがどう展開するか予測することは難しい。我々は著しく「予測できない」アメリカの政治家と軍事計画立案者を論じているからだ。
 
ミシェル・チョスドフスキー演説原稿。2018年2月21日、韓国ソウル
          (翻訳:新見明) 

(記事原文) https://www.globalresearch.ca/north-korea-and-the-dangers-of-nuclear-war-the-demilitarization-of-the-korean-peninsula-towards-a-peace-agreement/5628390 >

<新見コメント>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マイケル・チョスドフスキー「北朝鮮と核戦争の危機:朝鮮半島の非軍事化 和平合意を目指して」を「寺島メソッド翻訳NEWS」にアップしました。

前回のチョスドフスキーの「朝鮮の人々に対する米国の戦争:米国戦争犯罪の歴史的記録」では、朝鮮半島の第二次世界大戦後の歴史的経過をたどりながら、北朝鮮が核を含めた軍事的圧力と経済制裁で苦しんでいるだけでなく、韓国もアメリカの軍事占領と経済的収奪(アジア危機等)に苦しんでいるという独自の論理展開を読むことができました。

今回の文章は、平昌オリンピックを機に南北宥和政策が電撃的に進み、今後南北朝鮮の和平会談が実現する状況で書かれました。朝鮮半島が融和への道を歩み始めたとき、どう考えなければいけないかを、チョスドフスキーが考察してくれています。

まず、南北和平合意を結ぶことによって、米韓合同司令部(CFC)を無効化すること。アメリカなしでも南北二国間で和平合意を達成すれば、アメリカが軍事侵攻を進めても、韓国軍は協力しないという強力な武器になる。それは米軍司令官に握られた韓国軍の指揮権を無効にしていく過程である。それが韓国の主権の回復にもつながるということだ。

南北和平協定が結ばれれば、停戦協定は自ずと解消される。そしてアメリカの覇権は弱体化する。また経済、文化、科学技術の交流によってより強い朝鮮半島の統一国家を目指すことができと述べています。

しかしアメリカは南北和平合意を許すだろうか。アメリカは独自の統一計画(Plan B)をもっていて、北朝鮮に軍事的、経済的浸透をはかろうとしている。そのとき文在寅政権は米韓合同司令部(CFC)を無効化して、侵略に荷担しないという選択がとれるかどうかが鍵になる。

最近、「対話」を主張していたティラーソン国務長官が更迭され、ネオコンでキリスト教原理主義者(カルト)のマイク・ポンピオCIA長官が後任の国務長官になった。マイケル・フリン国家安全保障補佐官とティラーソン国務長官の更迭は、アメリカの「闇の国家」(dark states)がトランプ政権を乗っ取ったということだ。それによってアメリカが北朝鮮との対話ムードをぶち壊しかねない動きが心配される。

一方、日本はアメリカの尻馬に乗って「圧力と制裁」ばかりを繰り返してきたが、アメリカが米朝対話を考慮するようになると、日朝会談を模索すると言い出した。宗主国の様子をうかがって、自分の主張をころころ変える様は、まったく原則どころか、品性もなにもない宗主国傀儡政権であることを証明した。

そんなとき、このチョスドフスキーの記事は、今後の朝鮮情勢を考える上で貴重な見解である。

ゾンビの国? 「処刑された」北朝鮮人が生き返る

ロシア・トゥデイ ニュース (RT NEWS) 2018年1月21日


(北朝鮮の指導者である金正恩(キム・ジョンウン)が、新しく改装された平壌の教員養成大学への訪問中に人々が拍手している時、それに応えているところ)

西側メディアによると、北朝鮮の指導者金正恩は、気に入らなくなった人々を処刑することで有名だ。しかし、何人かの人々は死者から生き返る巧みな技を見つけたようだ。

その報道は、いつも金正恩の最近の処刑方法のうわべだけをなぞる。平凡な銃殺隊から、芝居じみたものや漫画ぽいものまである。例えば、敵対者を飢えた犬の群れの食べ物にしたり、火炎放射器で丸焼きにするという。

有名ポップ歌手と「以前の恋人」

報道によれば、北朝鮮の有名ポップ歌手 玄 松月(ヒョン・ソンウォル)は、1年前に、歌手、音楽家、ダンサーの粛清で、銃殺隊によって処刑されたとされていたにもかかわらず、2014年のテレビに出演して、生きていることが判明している。

その芸人は他の11名の人たちと共に殺害されたと報道されていた。その中には、モランボン(牡丹峰)楽団のメンバー、ウナス(銀河水)管弦楽団の代表、そしてワンジェサン軽音楽団の何人かのダンサーも含まれていた。

報道によれば、その12名の犠牲者は、とりわけ、セックスをしているところを録画し、そのビデオを販売したことで告訴されていた。玄 松月(ヒョン・ソンウォル)は、金正恩が恋愛関係にあった人物だと報道されていたが、冬季大会に先立ち韓国のオリンピック開催地を視察するために、最近、土曜日に再びおおやけに現れた。


北朝鮮のポピュラー歌手、オリンピック芸術会場を視察するため韓国に到着する。2018.1.21

参考 玄 松月(ヒョン・ソンウォル)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E6%9D%BE%E6%9C%88

軍の参謀長

2016年に戻り、北朝鮮人民軍総参謀長である李 永吉(リ・ヨンギル)は、「分派活動、職権乱用、汚職」のために処刑されたと報道されている。しかし孤立した国[北朝鮮]から出てきた多くの情報のように、これは偽りだと分かった。

韓国情報将校は、彼の人民軍総参謀長解任を、彼が処刑されたものと考えていたようだ。ところが問題は、2李 永吉(リ・ヨンギル)が死者から明らかに蘇えって、2,3か月後の5月に高官たちの列に加わり、その年労働党大会に出席をしたことだった。

参考 李 永吉(リ・ヨンギル) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%B0%B8%E5%90%89

「犬の群れによって処刑された」叔父

もし西側メディアを信じることができるならば、明らかに金は彼の年上の親類に本当に恨みを持っている。そんなわけで、進んで自分自身の叔父を処刑した。2014年の別の粛清では、叔父に120匹の飢えた犬をけしかけて処刑したという。

張 成沢(チャン・ソンテク)は本当に処刑されたようだが、「犬によって引き裂かれた」話は完全にでっち上げで、中国の皮肉っぽいマイクロ・ブロッギングのウエッブサイトで最初に出てきたものだった。

参考 張 成沢(チャン・ソンテク)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E6%88%90%E6%B2%A2

「依頼に応じて毒殺された」叔母

上で述べたように、金正恩は「彼の叔父を犬の餌にした」ということに加えて、残忍なまなざしを彼の叔母キム・ギョンヒ(金 敬姫)に向けた。

金正恩の父親の妹であり張 成沢(チャン・ソンテク)の妻である金 敬姫(キム ギョンヒ)は、指導者の命令で毒を盛られて処刑されたと報道された。

しかし、再びこれらの報道は偽りであることが判明しました。韓国のニュース通信社聯合ニュース(ヨンハプニュース)が昨年報道したことは、彼女はうつ病からガンまでの病気を治療中だが、しっかり生きているということだった。

参考 金 敬姫(キム ギョンヒ) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%95%AC%E5%A7%AB

記事原文 https://www.rt.com/news/416572-north-korea-executed-kim-return/
                                         (翻訳:岩間龍男)

(岩間コメント)-------------------------------------

金正恩政権の下で側近たちが次々と粛清・処刑がされているという情報(*)が流れ、恐ろしい何をするか分からない指導者としてイメージが定着しています。
その中でも、叔父の張 成沢(チャン・ソンテク)の処刑は有名でした。
金正恩の元恋人の美人歌手の玄 松月(ヒョン・ソンウォル)については、ポルノビデオに出演したことで処刑されたと聞いていました。元恋人がポルノビデオに出演するのもスキャンダラスですが、ポルノに出演したぐらいで銃殺刑になるというのもショッキングな情報でした。
北朝鮮や金正恩の報道については、悪意をもって意図的に虚偽の報道や情報が流されているようなので、それぞれの情報がどれが本当でどれが嘘かということについて、私たちは注意しなければならないと思いました。
* 粛清・処刑の情報例 http://www.epochtimes.jp/2017/09/28484.html